大分で緘黙児が餓死、母親に懲役5年実刑判決(89~90年)

2017年07月19日(水曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙児が餓死


中学一年生の場面緘黙児が自宅で餓死。母子家庭で、母親は愛人宅で半月の間外泊していた--

大分の事件です。1989年(平成元年)12月下旬、子どもの餓死に母親が気付きました。翌年、大分地裁で母親に懲役5年の実刑判決が出たそうです。

この情報は、「Google ブックス」で緘黙について調べていたところ見つけました。井美和子氏が著した 『風のおとしもの』(2009年、花書院)という本の冒頭に、「時事」としてこの事件について書かれてあります。『熊日新聞』(熊本日日新聞)に依拠した情報です。

↓ Google ブックスへのリンク。本の内容のプレビューです。
◇ 井美和子『風のおとしもの』 (新しいウィンドウで開く

私はこの情報の裏を取ろうと『熊本日日新聞』の1990年の記事を調べようとしたのですが、できませんでした。記事が見つからなかったのではなくて、調べることそのものができませんでした。ですが、大分県議会の会議録では、1990年に、これと符合する内容の発言が2件見つかりました。事実と見てほぼ間違いないでしょう。

ことしになって二つの痛ましい人間の最期を各新聞は報じました。その一つは、十三歳の少年がガスも電気もとめられた部屋で昨年末に餓死、この子にはパートで働く母がいた。

(大分県議会平成2年第1会定例会3月14日第6号より、美口光男議員の発言)

目まぐるしい情報化の流れの中で、マスコミを通して、昨年県内で起こった中学生の餓死事件を初め、教育現場での悲惨な出来事が次々と報道されています。

(大分県議会平成2年第4会定例会12月11日第2号より、釘宮磐議員の発言)


詳細が分からないので憶測になるが……


この事件の詳細を調べることは、私にはできませんでした。

緘黙で助けを求められず、餓死した可能性は


ですので、憶測になってしまうのですが、この少年の餓死にはやはり緘黙が関係していたのだろうかと考えてしまいます。普通、中学一年生ともなれば、自宅に長期間自分一人しかいなくても、餓死する前に何とかするはずです。ですが、緘黙や社交不安といったものがあると、家の外の人に助けを求めることもできずに餓死にまで至ってしまうこともあるのかもしれません。

あるいは、この少年には他にも何か障害があったのかもしれません。緘黙児は、何らかの障害を併せ持っている場合があります。知的障害を併せ持っていることだってあります。


「被告(母親)は障害児の息子をもちながら周囲の協力も得られず……」


裁判での弁護側の主張によると、少年の養育について、別れた夫や中学校の担任教諭が非協力的だったそうです。「被告は障害児の息子をもちながら周囲の協力も得られず、苦労を一身に背負って孤独にさいなまれていた」とも主張されています。緘黙児の支援について周囲が非協力的だというのであれば、現代でもありそうな話ですが、だからといって愛人に走り、緘黙児を餓死に追い込む親は普通いません。

ですが、もし周囲がもう少し協力的だったなら、あるいは当時親の会があったなら、どうだったろうと思います。緘黙児の保護者が置かれる厳しい状況について考えさせられます。それにしても、生徒が長期欠席していたというのに、学校は何をしていたのでしょう。

このような事件、二度と起きて欲しくないです。

※ 7月20日、若干の記事の編集をしました。



緘黙だったという方が著した、プレゼンテーションの本

2017年07月18日(火曜日)

アイキャッチ画像。
※ 上の画像は、記事とは無関係です。念のため。

「場面緘黙」「対人恐怖症」「自閉症」だったという方が、プレゼンテーションの本を著していたという情報をつかみました(自閉症については、「自閉症気味」「自閉症的性格」とも)。緘黙経験についても少し書かれてあるそうです。

しかも、著者は当時、あの広告代理店「博報堂」で営業の責任的立場にあったとのことです。興味をひかれ、読んでみました。

本の基本情報


○ 著者:田村尚
○ 出版年月日:1987年
○ 書名:プレゼンテーションの技術-言葉だけでは人を動かせない-
○ 出版社:TBSブリタニカ

30年前の本ですが、Kindle 版が出ており、現在でも電子書籍というかたちで販売が行われています。

著者は昭和12年(1937年)生まれ。比較的最近のプロフィールと思われるものが、「東京スピーカーズクラブ」ウェブサイトに掲載されています。これによると、著者は博報堂の取締役にまでなられたそうです(現在は退職されているものとみられます)。

↓ 「東京スピーカーズクラブ」ウェブサイト内、田村尚氏のプロフィールページ。
◇ 講師プロフィール (新しいウィンドウで開く


本の概要


本の内容は「プレゼン心(ごころ)」という、プレゼンテーションの根底にある心について論じたものです。著者が博報堂で勤務した経験や、様々な人に会った経験などを通じて語られています。

第4章では、著者の少年期から博報堂に入社して間もない頃までのことが書かれてあります。この中で、「場面緘黙」「対人恐怖症」「自閉症」といった言葉が何度か出てきます。

ただ、話すことができない人に、プレゼンテーションの仕方を指南する内容ではありません。副題の「言葉だけでは人を動かせない」にしても、言葉は問題ではないという意味ではなく、言葉以外にも重要な点があるというもっと高度な意味です。

著者は以前にも『広告人』という本を著して、多くの反響を得ていたそうです。





『場面緘黙支援の最前線』について

2017年07月12日(水曜日)

アイキャッチ画像。
翻訳書『場面緘黙支援の最前線』(新しいウィンドウで開く)が、先日出版されました。場面緘黙症をめぐる海外動向の一端が世に出たことは、これまで緘黙の海外文献や海外ニュースを追ってきた身として、歓迎したいです。

ページ数は280ページを超えており、これまで我が国でメジャー流通に乗った緘黙の和書としては、私が知る限り最多のページ数です。これまでの緘黙の和書の多くが200ページ未満だったことを思い返すと、その分量の多さは、頭一つ抜けています。また、単にページ数が多いだけでなく、専門的で密度も濃いです。

※ メジャー流通しなかった本では、359ページからなる山本実(1989)『「学校かん黙」事典-その実像と脱出への相剋-』岩手大学教育学部山本実研究室という本があります。なんでも、タウンページ並みの厚さだとか。

今回の翻訳書については、書きたいことが色々あります。私は専門家ではなく、まとまりのない文章の羅列のような形になりますが、お付き合いいただければ幸いです。

本の基本情報


まずは、本の基本情報を確認しましょう。

○ 編者:ベニータ・レイ・スミス、アリス・スルーキン
○ 序文:ジーン・グロス
○ 訳:かんもくネット
○ 出版年月日:2017年7月1日
○ 書名:『場面緘黙支援の最前線-家族と支援者の連携をめざして-』
○ 出版社:学苑社

分担執筆の本で、巻末に挙げられた執筆者の数は22名に上ります(序文のジーン・グロス氏除く)。また、翻訳者も12名います。

原書の題名は Tackling selective mutism: A guide for professionals and parents新しいウィンドウで開く)でした。『場面緘黙症への取り組み:専門家と親のための手引』といったところでしょうか。邦訳書の題名は、元のものとは全く違っています。「最前線」という言葉を邦訳書の題名に持ってくるとは、大きく出たものです。


「最新の海外の本」というより「最近の英国の本」


オンライン書店の情報だけを見ると、本書は「最新の海外の本」という印象を受けそうです。ですが、実際手にとって見るとある程度分かるのですが、むしろ「最近のイギリスの本」という見方の方が適当だろうと思います。

原書は3年近く前の本


まず、原書は数年前に出た本です。具体的に言うと、2014年9月21日に Kindle 版が発売されています。同年10月21日にはペーパーバック版が発売されたそうです(私はKindle 版を読んだので、ペーパーバック版は知りません)。つまり、3年近く前の本です。これからのお話にも少し出てきますが、この間、状況は少し変わっています。


あくまで英国の本、米国での支援については守備範囲外


それから、本書の執筆陣は、イギリスの緘黙支援では著名な方が揃った豪華なものです。ですが、それだけイギリス色が濃いものとなっています。

例えば、アメリカもイギリスに劣らず緘黙支援が盛んですが、もしアメリカでこのような本が出版されるとしたら、かなり違った内容になるはずです。確かにアメリカでも、イギリスと同様、緘黙は不安症と見られていますし、治療については行動療法を軸に考えられるなど、基本線は同じです。本書で引用されている文献の中には、アメリカの文献で引用されているものもあります。ですが、やはり違いがあります。

もしアメリカで本書と同様の本が出版されるとしたら、章の構成からして違うはずです。本書は、イギリスにおける緘黙の関心事や、執筆者(多くはイギリスの専門家)の研究分野を反映した章立てです。また、本書のキーワードである「SMIRA」「言語聴覚士」『場面緘黙リソースマニュアル』「スライドイン」「COGS」などは、イギリスの緘黙支援用語のようなもので、アメリカで同様の本が出版されるとしたら、全くあるいはほとんど出てくることはないでしょう。

アメリカなら、集中プログラムやS-CAT、統合的行動アプローチなどが重要ですが、これらは本書の守備範囲外で、全く書かれてありません。

もっとも、第12章「他言語圏における場面緘黙支援の現状」では、ベルギーやドイツなどの状況が軽くではありますが触れられており、若干の国際色はあります。