場面緘黙症Journalブログ

場面緘黙(かんもく)症。選択性緘黙。学校など特定の場面で声が出ません。

私の親が、緘黙を知っていた!

2016年09月24日(土)


私の人生観がひっくり返りそうになるぐらいの出来事がありました。

1年ほど前のことでしょうか。ある日、私の母親がテレビドラマを見ている場面に居合わせました。そのドラマには黙った少年が登場したのですが、そのシーンを見た母が、こう口走ったのです。

「カンモクや!」

衝撃的でした。私の母が場面緘黙症を知っていたのかと、驚きました。黙った少年の登場シーンという状況からして、聞き間違いとも思えません。なお、母がドラマを見ながら何かを口走るのは、やや珍しいことです。

私はそのドラマが気になって、少し続きを見たのですが、別にその少年は緘黙児ではなさそうでした。ドラマのタイトルは覚えていません。

それにしても、一体なぜ母が緘黙を知っていたのかが気になりました。緘黙はそんなに多くの人に知られてはいないでしょう。母に直接聞くこともしづらいです。そこで、考えられる理由をいくつか挙げてみます。

※ 我が家は母子家庭です。

可能性1:私が学校で話せなかったことから、緘黙を知った


当時の担任教師から、緘黙について伝えられた?


やはり母は、私が子どもの頃に学校で話せなかったことから、緘黙を知ったのかもしれません。当時から既に、母は私を緘黙児と見ていたのかもしれません。

だとすれば、これは大変な驚きです。母は私の緘黙(?)を知らなかったものと、私はこの歳までずっと思っていたからです。私の過去を連載した「緘黙ストーリー」でも、そういう書き方をしています。実際、「緘黙」という言葉を、それまで母の口から聞いた覚えはありません。

この線だと、母は担任教師から緘黙を知らされたのかなと思います。私は当時緘黙を知らず、このことを母には十分に話していませんでした。当然、診断も受けていません。一方、ある時期の担任は学校で何も話さない私を問題視し、かなり特別扱いをしてくださいました。その頃は、母は学校との連絡をまだある程度とっていたので、その中で緘黙を知ったのかもしれません。

言われてみればありました。当時の担任に「富条は家では話すんだよな」と言われ、私は「どうして家での僕を知っているの」と驚いたことが。


担任も母も、私に「緘黙」という言葉を伝えないことにしていた?


ただ、この担任も、少なくとも私の前で「緘黙」という言葉を口にしたことはありません。何らかの理由で、担任と母は「緘黙」という言葉を私の前で出さないという取り決めをしていたものと思われます。「緘黙」を知っていながら、私には意図してそのことを話さなかったことになります。それが、もう時効という意識もあってか、ドラマを見た母がつい「緘黙や!」と口走ってしまったのかもしれません。

もしそういう取り決めがあったとしたら、それは私の人生にとって非常に重いです。そのために、私は長年「緘黙」を知ることなく生きることになったからです。自分がなぜ話せないのかや、どうすれば話せるようになるのかが分からず、自分のような人間は世界でただ一人だけではないかとさえ考えていました。もっとも、この取り決めが間違いだったのか、そうでなかったのかは難しいところです。

なお、私が緘黙を知ったのは20代に入ってからです。きっかけは母から教えてもらったことではなく、自分でインターネットであれこれ調べたことでした。私の緘黙(?)は長期化したうえ、長年緘黙を知らなかったため「長年の謎が解けた」となりました。


「緘黙」という言葉を知っていたとしても、母が十分に理解していたとは思えない


ただ、母の言動を振り返って考えてみると、仮に母が「緘黙」という言葉を知っていたとしても、私が学校でどういう状態にあったかを十分に把握していたとは思えません。そこまで深刻とは認識していなかったはずです。特別何かをしてもらったこともありません。

案外、私のことを「緘黙児に似ている」ぐらいに見ていただけの可能性もあります。


可能性2:私が話せなかったこととは無関係に、メディアや本などで緘黙を知った


稀にではありますが、緘黙はメディアや本などで取り上げられることがあります。私が学校で話せなかったこととは無関係に、そうしたものを通じて母は緘黙を知ったのかもしれません。だとしたら、母が緘黙を知っていたのは、緘黙の認知度が上がっていることの一つの現われともとれます。

ただ、私の母は『仰天ニュース』や『ハートネットTV』は見ていないようです。本や雑誌の類もそう読みません。見ていたとしても、さして興味は示さず、下手すると忘れてしまうでしょう。富条家が購読する新聞で、緘黙が扱われたこともありません。この線は考えにくいです。

なお、母は教師や心理職など、緘黙に関わる職業に就いたことはありません。職業柄緘黙を知ることもないでしょう。


可能性3:私が場面緘黙症Journal をやっていることがばれた


だったら最悪です……。(>_<)

遠藤久美子さん、緘黙児の親という役について質問を受ける

2016年09月17日(土)


場面緘黙症も扱う映画『校庭に東風吹いて』が今日公開されました。上映があった映画館の一つ「ポレポレ東中野」では、出演した遠藤久美子さん、岩崎未来さん、本間淳志さん、そして金田敬監督の舞台挨拶がありました。

遠藤さんは緘黙児の母親役で、舞台挨拶では「緘黙症の子どもを持つ親という役について」質問を受ける場面がありました。この質問に対し、遠藤さんは次のように答えています。

↓ YouTube へのリンク。緘黙の話題がある1分17秒から始まります。oricon が投稿した動画です。
◇ 遠藤久美子、結婚&妊娠発表後初公の場 祝福に照れ笑い 映画『校庭に東風吹いて』初日舞台あいさつ (新しいウィンドウで開く

その一部を抜粋すると、

今回撮影に入る前に、緘黙症のことを全く知らなかったので、監督の説明とか、あと、ネットとかで調べてですね……

遠藤さん、ネットで緘黙のことを調べられていたそうです!どのサイトをご覧になったのか、やはりかんもくネットか、NHKホームページや Twitter、ブログ等に投稿されている保護者や当事者・経験者らの声もご覧になったのか、もしかすると場面緘黙症Journal もご覧になったのか、等々想像が膨らみます。それにしても、ネットで緘黙について読んだり書いたりして十余年、こんな日が来ようとは……。

遠藤久美子さんのような有名な方が「緘黙症」とおっしゃるのを聞くと、信じられない思いです。有名な方が緘黙について話すのを聞いたのは、私にとってこれが初めてかもしれません。もしかすると、テレビ番組では過去にあったのかもしれませんが、私はテレビをほとんど見ないので。

* * * * * * * * * *

今回の舞台挨拶は、数多くのメディアで取り上げられました。私だけでもこれだけ確認しています(順不同)。これらの記事では、緘黙についても少しだけ書かれてあります。

↓ 緘黙児の母という役柄についてや、「お母さんの成長物語」として描くために台本を変更したことなど、興味深い記事です。
◇ fjmovie.com (新しいウィンドウで開く

[9月18日追記]

上の記事をよく読むと、緘黙児役の岩崎未来さん、「場面緘黙症のことをもっとみなさんに知ってほしいので、もっといろんな人に観てもらいたいです」とおっしゃっています。私はこの映画をまだ見ていないので映画をお薦めするのは控えたいと思うのですが、緘黙を知ってもらいたいと言っていただけたのは、本当にありがたいです。


↓ これ以下の記事は、どちらかというと、遠藤さんのプライベートの話に重点が置かれているような……。これはこれで面白いですけれども。

[9月19日追記]

◇ 中日スポーツ (新しいウィンドウで開く


[9月18日追記]

◇ 日テレNEWS24 (新しいウィンドウで開く


◇ ORICON STYLE (新しいウィンドウで開く

◇ まんたんウェブ (新しいウィンドウで開く

◇ 毎日キレイ (新しいウィンドウで開く

◇ サンケイスポーツ (新しいウィンドウで開く

◇ 日刊スポーツ (新しいウィンドウで開く

◇ シネマトゥデイ (新しいウィンドウで開く

↓ 以下2つの記事では、緘黙について書かれてありません。

◇ デイリースポーツ (新しいウィンドウで開く

◇ スポーツ報知 (新しいウィンドウで開く

* * * * * * * * * *

なお、『校庭に東風吹いて』の上映は、広島市でも決まりました。公式ホームページによると9月25日(日)だそうで、もうすぐです。

私の確認不足だったら申し訳ないのですが、急に決まったようにも思います。映画に関わった映画24区代表・三谷一夫さんによると、「全国あちこちで急に決まったりします」とのこと。映画に関心のある方は、公式ホームページをこまめにチェックした方がよいかもしれません。

◇ スケジュール|映画「校庭に東風吹いて」公式ホームページ (新しいウィンドウで開く

『校庭に東風吹いて』沢口靖子さん2つのインタビューと緘黙

2016年09月15日(木)


周囲に理解されにくく、ご本人や身内に苦しんでいる方が多いと知り、俳優として作品に出演することで多くの人に知ってもらいたい、と思うようになりました。

9月15日(木)に zakzak で公開された、映画『校庭に東風吹いて』主演の沢口靖子さんへのインタビューの一部です。

何が「周囲に理解されにくく……」なのか、この記事でははっきり読み取れないのですが、前後の文脈から、場面緘黙症のこととも解釈できます(解釈が間違っていたら、ごめんなさい)。

↓ その zakzak のインタビュー記事へのリンク。
※ 【沢口靖子】芸能界入りは運命 私にとって「人生そのもの」 (新しいウィンドウで開く

そういえば、『校庭に東風吹いて』の公式ホームページに添えられている沢口さんのメッセージも、緘黙についてのものでした。

↓ 『校庭に東風吹いて』公式ホームページへのリンク。下の方に沢口さんのメッセージがあります。
※ 作品紹介|映画「校庭に東風吹いて」公式ホームページ (新しいウィンドウで開く

* * * * * * * * * *

別のインタビュー記事では、沢口さんは演じるにあたって、「教師の心得」や「場面緘黙症」の関連書などを参考に読んだとあります。

↓ シネマジャーナルへのリンク。
※ 『校庭に東風吹いて』沢口靖子さんインタビュー (新しいウィンドウで開く

役者には役作りというものがあるそうですから、教師役の沢口さんが緘黙の関連書を読むことは不思議なことではありません。ですが、沢口さんご本人への直接のインタビュー記事でそうした事実を確認すると「あの沢口さんが!」と驚きます。

沢口さんのような方がこうしたことをおっしゃると、緘黙(?)を経験した者として、また緘黙のブログを10年以上続けてきた者として、大きな励ましをいただいたような思いです。

その『校庭に東風吹いて』は、9月17日(土)より、ポレポレ東中野(東京都)などで公開されます。どういう映画が出来上がったのかは試写会に行っていないので知らないのですが、これをきっかけに緘黙の認知と理解が広まるとありがたいです。



ブログトップへ

アクセスカウンター

HTML hit counter - Quick-counter.net

2015年12月3日設置。

最近の記事

リンク

■ ココロのひろば
「場面緘黙」とネットで検索してもほとんど何もヒットしなかった頃に開設されたサイトです。長く更新停止しています。

■ 「話すことがむずかしいあなたへ」
自分を変えたい、話せるようになりたい--こうした緘黙の当事者向けに、そのための具体的な方法を示したマンガです。はやしみこさん作。

■ 場面緘黙症 - メンタルヘルスブログ村
多数の緘黙のブログが登録されています。

■ 緘黙の話
昔緘黙児だった主婦の方が、高校で克服するまでの想い出を綴られています。

■ 場面緘黙について考える-備忘録-
英国在住の元緘黙児の母親によるブログです。緘黙だった息子さんのこと、英国の支援、日々の暮らしの中での想いなどが綴られています。

■ 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
不安に関する心理学、脳科学的知見から緘黙症を考えています。

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

ブログについて

Author:富条洋(ハンドルネーム)

注意!私は専門家ではありません。
また、「富条洋」はあくまでハンドルネームであり、本名は全く違う名前です。


ここは、個人ブログです。2005年11月に姉妹ブログで緘黙コンテンツを書き始め、2006年1月に緘黙コンテンツを独立し、このブログを開設しました。


書籍へのリンクは、Amazon.co.jpアソシエイト を用いています。


ブログもサイトもリンクフリーです。事前事後の許可は必要ありません。