場面緘黙症Journalブログ

場面緘黙(かんもく)症。選択性緘黙。学校など特定の場面で声が出ません。

私は感動を与える存在だったのか?

2016年08月24日(水)


※ 画像は記事とは関係ありません。

感動・頑張る障害者像


今年の夏も24時間テレビ「愛は地球を救う」(日本テレビ系)があります。ところが、ここでNHKが、24時間テレビの裏番組にこんな特集をぶつけてきました。

「検証!『障害者×感動』の方程式」

「なぜ世の中には、感動・頑張る障害者像があふれるのか?」その謎を徹底検証!

笑いは地球を救う

など、明らかに24時間テレビを意識した内容です。

これをテーマに掲げた番組は、NHK Eテレの障害者情報バラエティー『バリバラ』です。24時間テレビが感動のフィナーレに差し掛かる時間帯に生放送されます。

↓ 公式ホームページへのリンクです。
◇ NHK バリバラ | 放送予定 (新しいウィンドウで開く

障害ある方の頑張る姿が強調され、感動話にされることが多いことには、私も多少違和感を持っていました。障害ある方は、なにも健常者を感動させるために生きているわけではないでしょう。ですので『バリバラ』の企画は興味深い問題提起だと思います。

そういえば、似た経験をした


そういえば、私も学校で緘黙していた頃(診断は受けていません)、似た経験をしました。同級生らから「富条君はあんなにひどい引っ込み思案なのに頑張っていて、心動かされる」というような視線でしばしば見られたのです。実際は、大したことはしてなかったのですが……。

こうした経験を土台に、自作ゲーム「緘黙RPG」では、勇気を出して頑張る緘黙の主人公の姿に、緘黙に無理解だった同級生が心を動かされて理解者に変わるというイベントを、制作段階でエンディングに盛り込みました。ですが、没にしています。

その理由は、障害ある方を頑張る存在として強調し、感動の対象とする、よくあるストーリーを連想させるものだったからです。それに、特別頑張っている(ように見える)緘黙児がいるから、緘黙のことを理解するという展開もよくないと考えました。ならば、特別頑張っていない(ように見える)緘黙の人は、理解されなくてもいいのかという話になってしまいます。

ただ、緘黙だった人で、私と同じように感動を与える存在として見られたという人の話はあまり聞いたことがありません。もしかしたら、私の経験は珍しいものだったのでしょうか?

関連記事


↓ 「TABI LABO」へのリンク。
◇ 「障害者=感動のストーリー」ではありません。 車いすの女性コメディアンのスピーチが刺さる (新しいウィンドウで開く

↓ 「ログミー」へのリンク。
◇ 障害者は「感動ポルノ」として健常者に消費される–難病を患うコメディアンが語った、”本当の障害”とは (新しいウィンドウで開く

↓ 「PAKUTASO」へのリンク。今回のアイキャッチ画像はここが出所です。フリー素材で観光発信という興味深い企画です。なお、障害とは全く関係ありません。
◇ 佐賀県伊万里市の観光発信・フリー素材 (新しいウィンドウで開く

分かりやすい説明がシェアされる時代

2016年08月19日(金)


分かりやすい緘黙の説明


「この説明が分かりやすい」

場面緘黙症とは何かを説明したものは、インターネット上でたくさんあります。それも文章だけでなく、動画やコミック形式のものまで、様々です。

その中でも特にシェアされるのは、分かりやすいもののようです。シェアされる際、ほぼ決まって「この説明は分かりやすいですよ」と紹介されます。

「この説明は詳しいですよ」としてシェアされる例は、あまり見た覚えがありません。詳しい説明よりも、分かりやすい説明がおすすめされる時代のようです。場面緘黙症Journal は当初(10年前)、緘黙に「詳しい」ブログということで評価をいただいたので、最近の傾向には泣きたくなります。

分かりやすい説明が重宝される背景には、緘黙のことを多くの人に知ってもらいたいという当事者らの思いがあるのではないかと思います。緘黙を全く知らない人のために求められる説明は、なにより分かりやすい説明でしょう。

ですが、私などは(1)情報の出所がはっきりしているか、(2)信頼できる人物が書いたかを特に重視しています。つまり、その情報は確かなものかということです。この頃、緘黙についての「正しい理解」を広めようという動きが広まっていますが、それならば、分かりやすさばかりでなく、このあたりのところも、もう少し顧みられてもよいのではないかと思います。


「緘黙症って何?」を大幅に書き改めました


さて、私はこのほど、「緘黙基礎知識」の「緘黙症って何?」を大幅に書き改めました。

↓ パソコン、スマートフォン向けページです。
◇ 緘黙症って何? (新しいウィンドウで開く

これを書く際に心がけたのは、情報の出所をはっきりさせることでした。私は専門家ではないので、情報を少しでも確かなものと思っていただくには、情報の出所ぐらいは書いておかないといけないと思ったのでした。

それに、私は緘黙の専門的な文献を読んでいます。海外の論文も読んでいます。専門家ならともかく、ここまでした上で緘黙について説明する人は、案外少ないのではないかと思います。この自分の長所?を生かすためにも、専門的な文献を引用し、情報の出所をはっきり書くとよいだろうと思いました。

そうして「緘黙症って何?」を書き改めたら、あまり分かりやすくない説明ができあがってしまいました。国内外の専門的な文献を多数引用すると、それにつられて、説明も難しくなったのです。最近の傾向に反しています。分かりやすく書くのは難しいです……。

「山口百恵」「キカイダー」70年代の緘黙当事者

2016年08月14日(日)


昭和53年、山口百恵の写真が載った雑誌を持参した緘黙の少女


診察室へは山口百恵の写真がのっている雑誌を持参し、母親と治療者が話をしている間楽しそうに雑誌を見、話しかけられると時には首を縦、横に振るという態度が続いた。

『精神神経学雑誌』という学会誌に掲載された昔の論文「青年期の選択緘黙についての臨床的および精神病理学的研究」の一節です(大井ら、1982、119ページ)。初診時1978年(昭和53年)、当時16歳の緘黙の女児を診察した記録の一部です。

「山口百恵」という昔懐かしい(というか、昔過ぎて私は知らない)人名が登場します。上の記述は、前後の内容から判断して1978年(昭和53年)の2~8月頃の話で、『プレイバックPart2』がヒットしたあたりではないかと思います。

論文の症例報告では、このように緘黙児・者のかなり細かい行動まで記述されている場合があります。


昭和50年、「キカイダー」と喋った緘黙の少年


また、『音声言語医学』という学会誌に掲載された「緘黙児症例」という昔の論文では、こういうものもありました(板倉ら、1976、45ページ)。

しかし、50年4月(2年目)のある日、兄と公園で遊んでいるとき、兄に向かって、突然「キカイダー」とテレビのまんが番組のヒロインの名称をはっきり数回喋って伝えた。そこで兄はその発語の事実を本人に指摘したら、また黙ってしまい、gestureを交えて、この事実(喋べれたこと)を祖母には内緒にして知らせないようにと兄に頼んだ。

自由描画をさせると、テレビまんがのキカイダー(?)を相当細かく思い出して描き、色彩の種類も、黒、赤、黄、緑等と多彩に大人にも及ぶ細かい表現をして、横にライデーンと片仮名で記載している。

初診時1974年(昭和49)年、当時6歳の緘黙児(男児)を治療した記録の一部です。

「キカイダー」というのは、特撮テレビ番組『人造人間キカイダー』などに登場する人造人間のことと思われます。論文には「ヒロイン」とありますが、これは誤りで、女性の人造人間ではありません。女性型の人造人間は「ビジンダー」と言います。

また、「ライデーン」というのは、テレビアニメ番組『勇者ライディーン』に登場するロボットのことと思われます。


リアリティがあって生々しい記述、緘黙は昔からあったと改めて実感


昔の論文を読んでいても、私などは鈍感なので、ここに書かれてあることは何十年も前の話なのだということがピンときません。そんな時に、「山口百恵」や「キカイダー」「ライディーン」といった、時代と分かちがたく結びついた言葉に出会うと、はっとさせられます(若い私でも、名前ぐらいは聞いたことがあります)。

そして、ここで取り上げた論文の記述は、とてもリアリティがあります。スターの写真が載るような雑誌を楽しそうに見るというのは、いかにも10代半ばの少女という感じがします。また、喋ったことは内緒にして欲しいという緘黙児の心情は、よく分かります。

このような記述を読むと、緘黙の人は昔から本当にいたということを改めて実感します。そして、70年代には既に緘黙という概念があり、治療を受けた緘黙児・者がいて、それをもとにした緘黙の研究が学会誌に掲載されたということも、改めて事実だということを実感します。

緘黙は決して最近できた「新しい病気」ではありません。また、緘黙の研究は日本では何十年も前から続いています。


蛇足・駄菓子屋と緘黙児


今回のアイキャッチ画像は、昭和の雰囲気を感じさせる駄菓子屋の写真を選びました。

駄菓子屋は、昔の緘黙児にとってどういう場所だったのでしょう。私が子どもの頃には駄菓子屋はあまり見かけなくなっていたので、どんなところかは分からないのですが、子どもたちや店員との社交場という一面があったというイメージを持っています。




関連カテゴリ


◇ 緘黙症研究の歴史(和) (新しいウィンドウで開く



ブログトップへ

アクセスカウンター

HTML hit counter - Quick-counter.net

2015年12月3日設置。

『校庭東風』上映情報

近々の予定

◇ 京都教育大学公開講演会・研修会

日時:9月3日(土)11:00~ 13:30
場所:京都教育大学藤森学舎
演題:「場面緘黙のある子への理解と対応」
講師:高木潤野(長野大学)
定員:100名
参加費:無料
⇒ 京都教育大特別支援教育臨床実践センターHPに詳細あり

◇ 新潟・学会の大会で、緘黙シンポ3つ

日時:9月18日(日)19日(月)
場所:朱鷺メッセ
⇒ 詳しくは「緘黙関連ニュース」をご覧ください。

※ 参加は、皆様のご判断でお願いいたします。

最近の記事

リンク

■ ココロのひろば
「場面緘黙」とネットで検索してもほとんど何もヒットしなかった頃に開設されたサイトです。長く更新停止しています。

■ 「話すことがむずかしいあなたへ」
自分を変えたい、話せるようになりたい--こうした緘黙の当事者向けに、そのための具体的な方法を示したマンガです。はやしみこさん作。

■ 緘黙の話
昔緘黙児だった主婦の方が、高校で克服するまでの想い出を綴られています。

■ 場面緘黙について考える-備忘録-
英国在住の元緘黙児の母親によるブログです。緘黙だった息子さんのこと、英国の支援、日々の暮らしの中での想いなどが綴られています。

■ 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
不安に関する心理学、脳科学的知見から緘黙症を考えています。

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

ブログについて

Author:富条洋(ハンドルネーム)

注意!私は専門家ではありません。
また、「富条洋」はあくまでハンドルネームであり、本名は全く違う名前です。


ここは、個人ブログです。2005年11月に姉妹ブログで緘黙コンテンツを書き始め、2006年1月に緘黙コンテンツを独立し、このブログを開設しました。


書籍へのリンクは、Amazon.co.jpアソシエイト を用いています。


ブログもサイトもリンクフリーです。事前事後の許可は必要ありません。