場面緘黙症Journalが障害を作っていないか

2017年05月06日(土曜日)

アイキャッチ画像。

目が見えない人と緘黙


耳が聞こえないリースにとって、場面緘黙症のシュテフィが話さないことは問題ではない

(To Rhys, it doesn't matter that Steffi doesn't talk)


これは A Quiet Kind of Thunder という、海外小説の説明文の一節です。耳が聞こえない少年と緘黙の少女の恋物語だそうです。

ですが、目が見えない人にとっては、緘黙がある人というのはどうだろうと思います。

緘黙当事者の中にはジェスチャーや首振り、筆談ならできる人がいますが、これは目が見えない人には伝わりません。また、緘黙に関心がある人にはイラストがお上手な人がたくさんいて、インターネット上で漫画形式で緘黙の説明をする試みも複数ありますが、これも目が見えない人には伝わりません。文章ならば、音声読み上げソフトで読み上げられるのですが。

もちろん、これを克服する方法がないことはありません。ジェスチャーや首振り、筆談を目が見えない人にする際には、仲介者を立てればよいのです。筆談については「サリバン先生」のように、手のひらに指をなぞって書く方法もあります。また、ネット上のイラストが見てもらえないのであれば、代替テキストを用意して、音声読み上げソフトで読んでもらえばよいです。

ですが、いちいち仲介者を立てるのは少し不便ですし、人様の手はそう簡単に触るものでもありません。また、代替テキストではわざわざイラストにした意味がありません。


場面緘黙症Journal も、目や肢体が不自由な人に配慮を


障害者差別解消法、私自身が障害を作っていないか


2016年4月1日に、障害者差別解消法が施行されました。これにより、緘黙がある人も「合理的配慮」を受けられるようになりました(ただし、合理的配慮の提供は、民間事業者は努力義務、国・地方公共団体等は法的義務です)。合理的配慮の背景にある考え方は、いわば社会の側が障害を作るという「社会モデル」の考え方です。

ですが、これは同時に、私たち自身も障害を作っていないか省みたり、障害ある人に配慮を行なったりしなければならないということではないかと私は考えています。


場面緘黙症Journalから障害を減らす


我が身を振り返ってみれば、ホームページ「場面緘黙症Journal」のことがあります。インターネットは目や肢体が不自由な人など、様々な人が利用しています。例えば、音声読み上げソフトを使う人や、文字を拡大して読む人、マウスが使えない人がいます。そうした人にもできるだけアクセスできるようなホームページ作りを心掛けなければなりません。実際のところ、障害者差別解消法制定に伴い、障害ある人や高齢の人がアクセスできるようなホームページ作りを改めて学ぶ動きがあったそうです。

場面緘黙症Journal はここのところが遅れていて、私のホームページが障害を作っている格好でした。今のところ、配慮の具体的要請はありませんが、「事前的改善措置」として、障害を減らす環境整備を行なうべきでしょう。「緘黙に関心ある人は緘黙への配慮ばかり要求して、他の障害ある人への配慮の意識が欠けている」と思われるのも嫌です。

そういうわけで、場面緘黙症Journal を音声読み上げソフトで読み上げてみたり、障害ある人がどのようにホームページを見ているかを研究したりしていました。場面緘黙症Journal は個人運営なので、技術面や経済面、手間隙などでできる範囲に限りがありますが、可能な限りなんとかしているところです。

特に、目が見えない人については、前半でお話した通り、少し考えるところがあります。そうした人にもできるだけ不自由なくアクセスできるホームページ作りを心掛けたいです。これは、目が見えない人に緘黙を知ってもらうことにもつながります。



緘黙の研究が、今年度も科研費に採択

2017年04月29日(土曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙の研究に、3度目の科研費採択


今年度から始まる、ある場面緘黙症の研究に、科研費(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)が交付されることが明らかになりました。

↓ 国立情報学研究所のサービス KAKEN へのリンクです。
◇ 場面緘黙児・者のセルフ・エフィカシーが治療への参加意欲に及ぼす影響 (新しいウィンドウで開く

なお、タイトルにある「セリフ・エフィカシー」ですが、これは「自己効力感」とも呼ばれるものです。

緘黙を主題とした研究に科研費が交付されたのは2年連続3度目のことです。緘黙の研究史は古いですが、科研費が交付されたのはいずれも2010年度以降です。

↓ 2016年度より継続中の研究。KAKEN へのリンクです。
◇ 選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討 (新しいウィンドウで開く

↓ 2010-2012年度に行なわれた研究。KAKEN へのリンクです。
◇ 選択性緘黙の内的世界の探究と治療教育的アプローチの開発 (新しいウィンドウで開くhttps://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16H03808/


科研費とは


科研費の事業は、文部科学省と、その外郭団体である独立行政法人日本学術振興会が行なっています。助成対象の研究は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたります。その規模は、平成28年度予算額で2,273億円、助成額は2,343億円です。応募件数は平成27年度で約10万7千件で、このうち約3万件が採択されています。

科研費の交付を受けるには、申請を行なった上で、審査に通らなければなりません。審査は、第1段の書面審査と第2段の合議審査からなります。今回の緘黙の研究も、審査に通ったということになります。

科研費には研究種目という区分があり、「特別推進研究」「基盤研究」「若手研究」「新学術領域研究」「挑戦的萌芽研究」等からなります。今回採択された緘黙の研究は「若手研究(B)」です。「若手研究」は39歳以下の若手研究者の自立支援を行うもので、研究期間と研究費総額によってS、A、Bのいずれかの区分に分類されます(ただし、Sの区分への新規募集は現在行なわれていません)。



「緘黙」を知っている成人は15%(米国世論調査)

2017年04月27日(木曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙がどの程度認知されているか


場面緘黙症がどの程度認知されているかを調べる世論調査がアメリカで行なわれ、その結果が26日公表されました。私が知る限りこうした調査は過去に例が無く、もしかすると、世界初かもしれません。

↓ その世論調査。ハリス世論調査ホームページへのリンクです。
◇ Less Than 1 In 5 Adults Have Ever Heard Of Selective Mutism (新しいウィンドウで開く


調査の概要


この世論調査は、ギャラップ社と並んで有名なアメリカの世論調査会社ハリスと、アメリカを代表する緘黙支援団体 Selective Mutism Association(Selective Mutism Group から改称)が共同で行なったものです。

調査期間は2017年1月24日から26日、英語でのオンライン調査というかたちをとっています。調査対象は18歳以上のアメリカの成人で、ハリス世論調査への参加に同意した者の中からランダムで選ばれています。回答者数は2,204名。データには、成人人口の構成を反映するよう重み付けがなされています。

この結果、様々なことが明らかになっています。その主なものを挙げると、次の通りです。

○ 場面緘黙症(選択性緘黙;英語では selective mutism)を知っていると回答した成人は15%
○ 緘黙児者を個人的に知っていると回答した成人は17%
○ その緘黙児者を個人的に知る成人のうち、場面緘黙症を知っていると回答した人は32%

なお、ここで言う緘黙児者とは、「他の社会環境(例えば家庭で家族と一緒の場面)で楽に話せるにもかかわらず、一つ以上の社会環境(例えば学校、公共の場、大人と一緒の場面)で話すことができない子どもや若者」のことです。(a child or adolescent who is unable to speak in one or more social settings (e.g., at school,in public places, with adults) despite being able to speak comfortably in other settings (e.g., at home with family)DSM-5などの診断基準とは、厳密には異なります。

上のハリス社のホームページは今回の調査結果について、「緘黙の認知度は、特定の社会環境で話せない子どもや10代の若者を個人的に知る人の間でさえ低い」(Awareness of selective mutism is low even among those who personally know a child or teen unable to speak in certain social settings)などといった書き方で、緘黙の認知度は低いと評価しています。


思うところ


私は専門家ではないので難しいことは分からないのですが、今回の調査について思うところを書こうと思います。