大分で緘黙児が餓死、母親に懲役5年実刑判決(89~90年)

2017年07月19日(水曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙児が餓死


中学一年生の場面緘黙児が自宅で餓死。母子家庭で、母親は愛人宅で半月の間外泊していた--

大分の事件です。1989年(平成元年)12月下旬、子どもの餓死に母親が気付きました。翌年、大分地裁で母親に懲役5年の実刑判決が出たそうです。

この情報は、「Google ブックス」で緘黙について調べていたところ見つけました。井美和子氏が著した 『風のおとしもの』(2009年、花書院)という本の冒頭に、「時事」としてこの事件について書かれてあります。『熊日新聞』(熊本日日新聞)に依拠した情報です。

↓ Google ブックスへのリンク。本の内容のプレビューです。
◇ 井美和子『風のおとしもの』 (新しいウィンドウで開く

私はこの情報の裏を取ろうと『熊本日日新聞』の1990年の記事を調べようとしたのですが、できませんでした。記事が見つからなかったのではなくて、調べることそのものができませんでした。ですが、大分県議会の会議録では、1990年に、これと符合する内容の発言が2件見つかりました。事実と見てほぼ間違いないでしょう。

ことしになって二つの痛ましい人間の最期を各新聞は報じました。その一つは、十三歳の少年がガスも電気もとめられた部屋で昨年末に餓死、この子にはパートで働く母がいた。

(大分県議会平成2年第1会定例会3月14日第6号より、美口光男議員の発言)

目まぐるしい情報化の流れの中で、マスコミを通して、昨年県内で起こった中学生の餓死事件を初め、教育現場での悲惨な出来事が次々と報道されています。

(大分県議会平成2年第4会定例会12月11日第2号より、釘宮磐議員の発言)


詳細が分からないので憶測になるが……


この事件の詳細を調べることは、私にはできませんでした。

緘黙で助けを求められず、餓死した可能性は


ですので、憶測になってしまうのですが、この少年の餓死にはやはり緘黙が関係していたのだろうかと考えてしまいます。普通、中学一年生ともなれば、自宅に長期間自分一人しかいなくても、餓死する前に何とかするはずです。ですが、緘黙や社交不安といったものがあると、家の外の人に助けを求めることもできずに餓死にまで至ってしまうこともあるのかもしれません。

あるいは、この少年には他にも何か障害があったのかもしれません。緘黙児は、何らかの障害を併せ持っている場合があります。知的障害を併せ持っていることだってあります。


「被告(母親)は障害児の息子をもちながら周囲の協力も得られず……」


裁判での弁護側の主張によると、少年の養育について、別れた夫や中学校の担任教諭が非協力的だったそうです。「被告は障害児の息子をもちながら周囲の協力も得られず、苦労を一身に背負って孤独にさいなまれていた」とも主張されています。緘黙児の支援について周囲が非協力的だというのであれば、現代でもありそうな話ですが、だからといって愛人に走り、緘黙児を餓死に追い込む親は普通いません。

ですが、もし周囲がもう少し協力的だったなら、あるいは当時親の会があったなら、どうだったろうと思います。緘黙児の保護者が置かれる厳しい状況について考えさせられます。それにしても、生徒が長期欠席していたというのに、学校は何をしていたのでしょう。

このような事件、二度と起きて欲しくないです。

※ 7月20日、若干の記事の編集をしました。



緘黙だったという方が著した、プレゼンテーションの本

2017年07月18日(火曜日)

アイキャッチ画像。
※ 上の画像は、記事とは無関係です。念のため。

「場面緘黙」「対人恐怖症」「自閉症」だったという方が、プレゼンテーションの本を著していたという情報をつかみました(自閉症については、「自閉症気味」「自閉症的性格」とも)。緘黙経験についても少し書かれてあるそうです。

しかも、著者は当時、あの広告代理店「博報堂」で営業の責任的立場にあったとのことです。興味をひかれ、読んでみました。

本の基本情報


○ 著者:田村尚
○ 出版年月日:1987年
○ 書名:プレゼンテーションの技術-言葉だけでは人を動かせない-
○ 出版社:TBSブリタニカ

30年前の本ですが、Kindle 版が出ており、現在でも電子書籍というかたちで販売が行われています。

著者は昭和12年(1937年)生まれ。比較的最近のプロフィールと思われるものが、「東京スピーカーズクラブ」ウェブサイトに掲載されています。これによると、著者は博報堂の取締役にまでなられたそうです(現在は退職されているものとみられます)。

↓ 「東京スピーカーズクラブ」ウェブサイト内、田村尚氏のプロフィールページ。
◇ 講師プロフィール (新しいウィンドウで開く


本の概要


本の内容は「プレゼン心(ごころ)」という、プレゼンテーションの根底にある心について論じたものです。著者が博報堂で勤務した経験や、様々な人に会った経験などを通じて語られています。

第4章では、著者の少年期から博報堂に入社して間もない頃までのことが書かれてあります。この中で、「場面緘黙」「対人恐怖症」「自閉症」といった言葉が何度か出てきます。

ただ、話すことができない人に、プレゼンテーションの仕方を指南する内容ではありません。副題の「言葉だけでは人を動かせない」にしても、言葉は問題ではないという意味ではなく、言葉以外にも重要な点があるというもっと高度な意味です。

著者は以前にも『広告人』という本を著して、多くの反響を得ていたそうです。





「かんもくアコースティックライブ」7月1日先行予約開始

2017年07月01日(土曜日)

アイキャッチ画像。
10月22日(日曜日)に行なわれる予定の「かんもくアコースティックライブ2017」ですが、先行予約の開始日となりました。そこで、ここで改めてお伝えします。

「かんもくアコースティックライブ2017」は6月24日に公式サイトが公開され、その詳しい内容が明らかになりました。

◇ かんもくアコースティックライブ公式サイト - かんもくアコースティックライブ2017
新しいウィンドウで開く

この公式サイトでは、先行予約も受け付けます。7月1日午前10時より、まずは当事者・経験者・保護者の方の先行予約受付がスタートします。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

昨年は7月31日にライブの情報が公式サイト開設とともに公開、同日に予約が開始され、8月20日に定員に達したそうです。定員は40名でした(対象:当事者・経験者・保護者)。ライブは4ヶ月先ですが、ライブに行かれる方は、お早めに予約するに越したことはないかもしれません。

今回は、緘黙に理解・関心のある一般の方も受け付けています。これは昨年の第1回開催の時から、企画者の manana さんが将来そうしたいとおっしゃっていたと思います。計画通り進んでいることが窺われますし、計画通り進んでいるということは、第1回のライブがきっと成功したのでしょう。

今年は、昨年以上に本格的な印象を受けます。定員は増え、会場も、昨年より収容人数が大きそうです。公式サイトは昨年以上に充実していますし、今年は Twitter や Facebook のアカウントまで開設されています。今年のライブの展開が楽しみです。