「場面緘黙(症)」という名称は誰が作り、どう広まったのか

2015年07月23日(木曜日)

アイキャッチ画像。
学校など特定の場面で長期にわたって話ができない状態を「緘黙(症)」と呼んだ最古の例は、今のところ私が確認した限り、ジルベール・ロバン著、吉倉範光訳(1940)『異常児』、白水社です(378ページより)。

わたしの同僚がある日、十歳の児童を恐らく緘黙症であらうからと廻してきた。成程、訊いても答へない。幾度か尋ねても、たまに単語を答へる位である。家庭では口をきくし、両親の話によると、可成りに陽気であるらしい。学校でも友達とは口をきく、それもたつた一人の友達とだけである。

古い学術文献を見ると、この「緘黙(症)」という呼び方は、1950年代後半以降に定着しています。

ただ、50年代の文献をよく見ると、この頃は単に「緘黙(症)」とか「小児緘黙症」という名称です。今日馴染みのある「場面緘黙(症)」という名称は見つかりません。

そこで、疑問に思いました。「場面緘黙(症)」という名称は、一体いつ誰によって使われ出し、定着するに至ったのでしょうか。今のところ、緘黙に関する文献でこれについて触れたものは見た覚えがありません。「選択性緘黙」ではなく「場面緘黙」という名称を使おうという主張がある中、この名称の成り立ちを知っておくことは悪いことではないように思います。今回は、その歴史を探ってみたいと思います。

「場面緘黙」確認できた最古は1963年


「場面緘黙」の使用例で、私が確認できた最も古いものは1963年のものでした。2件見つかりましたが、どちらが先かは分かりません。

◇ 佐藤修策、繁永芳己、流王治郎(1963)「児童における行動異常の研究-場面緘黙-」『日本心理学会大会発表論文集 第27回』、382。

◇ 佐藤修策(1963)「場面緘黙の形成と治療」『臨床心理』2(2)、97-104。

どちらも、岡山県中央児童相談所に来談した緘黙児8ケースを考察したものですが、発表媒体が違います。

このうち前者については、なぜ「場面緘黙」という当時としては一般的でなかった名称を採用したかについて説明されておらず、また、採用理由の手がかりらしきものすら見つかりませんでした。

後者の論文についても「場面緘黙」という名称にした理由は書かれてありません。ですが、その理由を窺わせるものは見つかりました。論題「場面緘黙の形成と治療」には英訳があるのですが、それが Formation and Treatment of Situational Mutism というものだったのです。「場面緘黙」に対応するのが "Situational Mutism" です。

また、論文の冒頭には次のような一文を見つけました(97ページ)。

児童期における緘黙のうちもっとも多いのは voluntary silence (2), situational mutism (3)または elective mutism (4) の言葉で呼ばれている心因性の緘黙である。

上の引用文にある (2) (3) (4) という数字は参考文献を示しています。situational mutism の参考文献を示す (3) は「黒丸正四郎 児童の異常心理 異常心理学講座 1958」です。

そこで、この黒丸正四郎の本を調べたところ、「或る特定の状況におかれた時のみ、言葉を発しようとしない situational mutism を示す子がある」(23ページ)云々という記述を確認しましたが、「場面緘黙」の語は見つかりませんでした。situational mutism という用語がこれ以前に日本の文献で使われた例は、私は確認していません。この黒丸正四郎の本の緘黙に関する箇所がいったい何を参考に書かれたものかは読み取れなかったのですが、本全体は、海外文献を参考に書かれています。

以上のことから私なりに推測すると、

(1) 海外で situational mutism という名称があって、それを黒丸正四郎が日本で紹介(1958年)
(2) 岡山県中央児童相談所の佐藤修策が、それを「場面緘黙」と訳した(1963年)

といったところではないかと思います。もっとも、実は私が確認していないだけで、もっと古くから「場面緘黙」という名称が使われた例があったのかもしれません。新史料を発見できたら、また認識を改めることにします。

なお、海外には他にも voluntary silence や elective mutism といった名称もあったのに、なぜ佐藤修策は situational mutism を採用したのかは論文にははっきり書かれておらず、分かりません。





場面緘黙症と広汎性発達障害の鑑別

2011年07月12日(火曜日)

このブログでは、時々緘黙症の論文を取り上げています。私は専門家ではないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。今回はこれです。

◇ 渡部泰弘,榊田理恵 (2009). 自閉症スペクトラムの観点から検討した選択性緘黙の4例. 児童青年精神医学とその近接領域, 50, 491-503.

■ 概要

場面緘黙症と診断される患児の一部には広汎性発達障害(以下、PDDと略す)または自閉症スペクトラムが存在することを明らかにしています。

■ 所感・所見

私は日本の緘黙に関する文献を読んでいますが、近年、発達障害とのかかわりに関するものを目にするようになってきました。今回の論文もその一つです。

◇ 緘黙と PDD の鑑別

DSM-IV-TR や ICD-10 というよく用いられる診断基準によると、場面緘黙症(診断基準では「選択性緘黙」)とみられる症状があっても、PDDの診断基準に当てはまる場合は、場面緘黙症ではなく PDD と診断されます。このため、場面緘黙症とPDDの鑑別が重要になってきます。

緘黙のような症状がみられた場合、もしかしたら PDD を併せ持っていないか、疑ってみた方がよさそうです。もし併せ持っていた場合、それは PDD の二次的症状による緘黙であり、不安がもとの場面緘黙症とは違うという話になります。こうなると、支援の方法も変わってきます。実際のところ両者の鑑別を行うのは専門家ですが、この論文によると、鑑別には困難を伴うことが多いようです。はっきりしない場合、両方の可能性を視野に入れることも必要になってくるかもしれません。

◇ PDD の概念が普及する前に緘黙と診断された子

それから、1979年に荒木富士夫氏や大井正己氏らが場面緘黙症の分類を試みた論文が発表されたのですが、この論文では、これら分類の検討を行っています。著者は、当時緘黙の一分類とされたグループは、今日で言うところの自閉症スペクトラムの一部ではないかと指摘しています。荒木氏や大井氏らの論文は、PDD の概念が普及する以前に発表されたものなのだそうです。

そうすると、過去の緘黙に関する論文や書籍を読む際には、注意が必要ではないかと私などには思えてきます。今日では PDD と診断されるような子が、緘黙児として論文や本で扱われた例があるのではないかと私は考えてしまいます。


なお、場面緘黙症と PDD の鑑別については、かんもくネット代表の角田圭子氏も『児童心理』2011年3月号などの中で、掘り下げた考察を行っています。


教師の研修報告に『場面緘黙児への支援』

2011年05月17日(火曜日)

愛媛県総合教育センターから出ている『長期研修講座研究集録』に、場面緘黙症に関する研修報告が載っています。2008年、実践協力校教師33名を対象に、場面緘黙症についての意識調査、啓発資料作成、校内研修などが行われたそうで、その報告です。

この報告は、大変興味深いです。2007年に出版された『場面緘黙児への支援』の技法が、緘黙の子の個別支援で大幅に取り入れられているからです。つまり、「人」「場所」「活動」の統合的な階段を考えながらスモールステップを踏んだり、支援チームを組んだりといったことが行われています(かんもくの会の方、この研修報告はご存知でしょうか?)。また、2008年に出た『場面緘黙Q&A』も、報告書の中で引用されています。日本でも、インターネットから場面緘黙症の支援団体が生まれましたが、その活動から生まれた書籍が、教師の研修の際に重要な参考資料とされていたことを示しています。

また、教師の意識調査も興味深いです。ときどき、学校の教師の中には場面緘黙症のことを知らない人がいるという声を耳にすることがありますが、具体的に何パーセントの教師が場面緘黙症のことを知っているとか、そうした定量的な実態の把握をしている人はそうはいないのではないかと思います。今回の調査は価値ある調査であるとともに、認知度調査の必要性についても考えさせられます(といっても、私に調査はできないのですが……)。

[文献]

◇ 高市秀昭(2008). 場面かん黙児に対する学校としての支援の在り方-教師への啓発と支援プログラムの実践を通して-. 長期研修講座研究集録, 73-76.