場面緘黙症Journalブログ

場面緘黙(かんもく)症。選択性緘黙。学校など特定の場面で声が出ません。

海外:緘黙のためのクラウドファンディング(後編)

2015年05月02日(土)

アイキャッチ画像。
前回の記事「海外:緘黙のためのクラウドファンディング(前編)」の続きです。

インターネットで不特定多数の人々から小口資金を集める「クラウドファンディング」により資金調達を行なう動きが、緘黙関係でも海外で2014年から広まっています。そうした実例を前回に続いて見ていきたいと思います。

資金が集まらなかった例


緘黙の民間治療を受けるための基金?の開設資金


経済的な理由で、緘黙の専門的な民間治療を受けられない当事者のための基金?を開設しようとした方がいます。米国では緘黙に詳しい専門家がいて、緘黙のための民間治療を受けられますが、保険が適用されずに負担が高額になる場合があるのです。

目標額は、60,000米ドル(約710万円)に及びます。目標達成はなりませんでしたが、2人の支援者から計520米ドル(約6万円)が集まりました。プロジェクトの内容と目標額の多さから、その壮大な構想が窺えます。

↓ クラウドファンディング専門サイト Success Synergy Funding へのリンクです。
※ Severe Selective Mutism Anxiety Project
新しいウィンドウで開く

緘黙の子の治療費


前回の記事の冒頭でご紹介した、緘黙児の集中治療プログラム Confident Kids Camp を受けるための資金を募った方がいます。目標額の2,500米ドル(約30万円)には届きませんでしたが、5人の支援者から合計190米ドル(約2万円)が集まっています。

↓ クラウドファンディング専門サイト GiveForward へのリンクです。
※ Zoe's Confident Kids therapy camp fund
新しいウィンドウで開く

緘黙理解のための電子書籍を出版するための資金


イタリアの緘黙経験者が、英語でキャンペーンを行ないました。現れた支援者は1人、集まった資金は20ユーロ(約2,700円)でした。

↓ クラウドファンディング専門サイト Indiegogo へのリンクです。
※ Understanding Selective Mutism
新しいウィンドウで開く

緘黙の子と緘黙支援団体のための資金


米国の例。3歳の時に緘黙の診断を受け、16歳になった現在も声が出ない娘と、米国の緘黙支援団体 Selective Mutism Foundation を支援するための資金です。全く支援者が現れませんでした。

↓ クラウドファンディング専門サイト GiveForward へのリンクです。
※ Help Dominique Find her voice Selective Mutism
新しいウィンドウで開く





海外:緘黙のためのクラウドファンディング(前編)

2015年04月29日(水)

アイキャッチ画像。

緘黙の治療費40万円近く集める


40万円近くも集まったそうです。

米国の Jack Jenkins さんという方が、「クラウドファンディング」により、場面緘黙症の子どもが民間治療を受けるための治療費を募りました。その民間治療とは、Confident Kids Camp という、米国で広まりつつある集中治療プログラムです。米国では緘黙に詳しい専門家などがいて、緘黙のための専門的な民間治療を受けられますが、保険が適用されずに負担が高額になる場合があるのです。

3,000米ドル(約36万円)を集めるのを目標として2014年6月24日にキャンペーンをスタートしたところ、10ヶ月間で3,225米ドル(約39万円)が集まり、その目標が達成されました。58人もの人が支援を行った(資金提供した)そうです。

↓ クラウドファンディング専門サイト GoFundMe へのリンクです。
※ Selective Mutism Treatment For Jack
新しいウィンドウで開く

クラウドファンディングとは


クラウドファンディング(crowdfunding)とは、特定の目的のために、特にインターネットで不特定多数の人々から小口資金を集める資金調達の方法です。crowd(群集)と funding(資金調達)を合わせた語です。日本でも広まっています。

↓ 日本のクラウドファンディング専門サイトの一つ。クラウドファンディングがどういうものか、実際にこうしたウェブサイトを見れば分かりやすいと思います。
※ READYFOR
新しいウィンドウで開く

緘黙関係でも、海外では、クラウドファンディングによる資金調達を見ることが2014年から増えてきました。日本では緘黙関係でこうした動きはまだ見たことがないのですが、海外の緘黙関係者の間では小さなトレンドのようです。

そこで今回の記事では、私が見つけた、特に英語圏での緘黙関係のクラウドファンディングを取り上げてみます(他の言語は分からないので)。

成功した例


緘黙の本出版のための資金30万円超集める


米国の治療専門家で、緘黙児の母でもある Donna Mac さんという方が、緘黙の本出版のため資金を募りました。目標額は2,500米ドル(約30万円)でした。

募集期間は2015年2月22日から翌3月24日までの30日間でした。その結果、2,651米ドル(約32万円)が集まり、キャンペーンを終了しました。32人が支援を行っています。本は今年の初夏に発売される予定だそうです。

↓ クラウドファンディング専門サイト Kickstarter へのリンクです。
※ Suffering in Silence: The Key to Unlocking Selective Mutism
新しいウィンドウで開く

↓ その本に関するウェブサイト。
※ Suffering in Silence: Breaking Through Selective Mutism
新しいウィンドウで開く

緘黙の啓発ドキュメンタリー制作費約20万円集める


オーストラリアの Baris Ulusoy さんという学生を中心としたグループが、緘黙の啓発ドキュメンタリー制作のための資金を募りました。目標額は2,000豪ドル(約19万円)でした。ドキュメンタリーの題名は Little Sister。制作グループの中に緘黙の妹を持つ方がいるそうです。

募集期限は2015年5月9日までですが、既に目標額を上回る 2,130豪ドル(約20万円)が集まりました。20人が支援を行っています。

↓ オーストラリアのクラウドファンディング専門サイト Pozible へのリンクです。
※ Suffering in Silence: The Key to Unlocking Selective Mutism
新しいウィンドウで開く

↓ メルボルンのニュースサイト Leader の記事へのリンク。
※ Roxburgh Park filmmaker hopes documentary brings awareness to sister’s selective mutism
新しいウィンドウで開く

絵本出版のための資金50万円近く集める


緘黙を主題としたものではないのですが、作者自身の緘黙経験をもとにした絵本を出版するための資金を、ニュージーランドの Kathryn Harper さんという方が募りました。

目標額は5,000ニュージーランドドル(約46万円)で、募集期間は2014年9月15日から翌10月10日までの25日間でした。その結果、5,125ニュージーランドドル(約47万円)が集まり、キャンペーンを終了しました。84人が支援を行っています。本は作者のウェブサイトから購入できるようになっていますが、日本からも購入できるかどうかは分かりません。

↓ クラウドファンディング専門サイト Kickstarter へのリンクです。
※ 'The Cat Got My Tongue!' Katie-Jane picture book
新しいウィンドウで開く

↓ その絵本に関するウェブサイト。
※ http://kathrynharper.net
新しいウィンドウで開く

目標額に届かなかったが、資金がかなり集まった例


緘黙の娘さんのための資金50万円近く集める


米国の Joel Elliott さんという方が、緘黙の娘さんのために資金を募りました。目標額は15,000米ドル(約180万円)に設定されています。募集期間は2ヶ月間で、2014年6月23日に募集は終了したのですが、4,145米ドル(約49万円)が集まりました。46人が支援を行っています。

↓ クラウドファンディング専門サイト Indiegogo へのリンクです。
※ I Am Hannah's Voice
新しいウィンドウで開く

この資金を募った方は、昨年5月「娘の緘黙のため、自転車で530キロ走破」でご紹介した方です。娘さんの緘黙の認知のために、328マイル(約530キロ)を24時間で自転車で走破するキャンペーンを行いました。328という数字は、娘さんが適切な支援を得られなかった日数を表しているそうです。なお、328マイルは東京ー岡山間の直線距離に匹敵します。

また、40万回以上再生されたこの動画に登場した男性でもあります。

↓ YouTube へのリンクです。緘黙の娘さんのために頑張る男性の動画です。有名な緘黙支援者 Elisa Shipon-Blum(エリザ・シポンブラム)博士も後半に登場します。
※ Deserving Dad's Life-Changing Father's Day Surprise
新しいウィンドウで開く

記事が長くなりそうなので、前・後編に分けます。(続く)

[続きの記事]

◇ 海外:緘黙のためのクラウドファンディング(後編)
新しいウィンドウで開く

費用対効果の高い方法がいい

2014年07月16日(水)

アイキャッチ画像。素材サイト「モデルピース」より藤浦真菜さん。

緘黙治療のため、クラウドファンディングで30万円募集


インターネットで不特定多数の人々から小口資金を集めるクラウドファンディングは、新たな資金調達の方法として注目を集めています。

このクラウドファンディングで、場面緘黙症の子どもの治療費を集める試みを6月から行っている親御さんが米国にいらっしゃいます。目標は3,000ドル(約30万円)で、7月16日夜現在で3,220ドル(約32万円)が既に集まっています。これはなかなか興味深いです。

↓ クラウドファンディング専門サイト GoFundMe へのリンクです。
○ Selective Mutism Treatment For Jack
新しいウィンドウで開く

緘黙の治療に数十万円!?


ですが、緘黙の治療に数十万円とはびっくりです。米国と日本とでは事情が違うのかもしれませんが、それにしても緘黙の克服には本当にそんなにお金が要るのでしょうか。失礼ながら、親の気持ちにつけこんだ「ぼったくり」にでも遭っているのではないでしょうか。だいたい、この数十万円という数字はどこから出てきたのでしょうか。

上記サイトによると、この緘黙児の親御さんは、地元バージニア州の大学の専門家に息子さんを診てもらっていたのですがよくならず、他に地元で支援をしてくれるところも見つからなかったのだそうです。そうしたところ、ミシガン州の Confident Kids Camp という緘黙支援プログラムを知ったのですが、これが親御さんが加入している保険の適用外で、1週間のプログラム(計30時間)を受けるだけでも2,400ドル(約24万円)かかるというのです。

この Confident Kids Camp というのは、以前「緘黙児への短期集中型行動療法」でお話した Brave Buddies というプログラムとほぼ同じものです。Child Mind Institute という子どもの精神疾患では有力な民間機関の Steven Kurtz 博士が開発した行動療法プログラムで、決して怪しげなぼったくりではありません。ですが、1対1でカウンセラーがつくといった丁寧な支援を1週間にわたって行い、しかも保険が効かないとなると、やはりそれなりにお金がかかるのかもしれません。

○ Confident Kids Camp
新しいウィンドウで開く

海外には緘黙の研究や支援が進んでいる国があって、高度な緘黙支援を行う民間機関があったりするのですが、そうした民間機関の支援を受けようとするとそれなりにお金がかかることもあるらしいです。

ちょうど今週の19日(土)にも、SMart Center(場面緘黙症不安研究治療センター)という米国では有名な緘黙の民間機関が、緘黙児とその家族のためのキャンプなどのイベントを開きます。S-CAT という独自の行動療法を受けられたり、ワークショップで勉強できたりと充実したプログラムですが、その参加料金はというと、6時間参加のレギュラーコースでは、11歳以上の参加者は85ドル(約8,500円)、3-10歳の場合65ドル(約6,500円)などとなっています。どうやら家族もこの料金のようです。ですので、例えば母親と10歳の緘黙児が1人の参加の場合、料金は85ドル+65ドル=170ドル(約1万7,000円)です。これを高いと見るか安いと見るか?

○ SM Family Fun Day
新しいウィンドウで開く

費用対効果が高い方法は


場面緘黙症に関する国内の情報によく目を通していますが、緘黙の治療や支援にいくらかかるとか、保険が効く効かないといった、お金の話をあまり目にしたことはありません。学校や教育センター、児童相談所、ことばの教室といったところで支援を受ける範囲であれば、特別な費用はかからないのかもしれません。民間の医療機関にかかると何らかの費用がかかるはずですが、医療機関にまで診てもらう人は少ないのかもしれません。

ただ、やはり医療機関にかかる人もいるわけで、その場合、どうなのでしょうか。また、公的機関で何らかのセラピーを受けて、お金がかからなかったという場合でも、実は納税者がその費用を負担しているのです。

虫がよいことをいえば、できるだけお金がかからず、しかも効果のある治療、支援が行われるとよいです。つまり費用対効果が高い方法です。緘黙支援に携わる人もこのあたり既に意識しているかもしれませんが(学術文献ではあまり見た覚えががないような……)、できるだけ追求されてほしいです。

なお、先の30時間2,400ドル(約24万円)のプログラムですが、公式サイトは、これは伝統的なセラピーの半額であり、費用対効果が高いとアピールしています。

※ 今日のアイキャッチ画像も藤浦真菜さんです。このブログでは4度目。



ブログトップへ

アクセスカウンター

HTML hit counter - Quick-counter.net

2015年12月3日再設置。

近々の予定

◇ ラジオ番組「若倉純 かんもくの歌声」第3回

日時:2月26日(日)23:00~23:15
ゲスト:manana さん
⇒ FM世田谷ホームページなどで聴けます

『校庭東風』上映情報

長野県、千葉県での上映決定。広島県ではイオンシネマでの上映決定。詳細は公式ページへ。 ※ 『校庭に東風吹いて』は、場面緘黙症の架空の少女が登場する映画です。

最近の記事

リンク

■ ココロのひろば
「場面緘黙」とネットで検索してもほとんど何もヒットしなかった頃に開設されたサイトです。長く更新停止しています。

■ 「話すことがむずかしいあなたへ」
自分を変えたい、話せるようになりたい--こうした緘黙の当事者向けに、そのための具体的な方法を示したマンガです。はやしみこさん作。

■ 場面緘黙症 - メンタルヘルスブログ村
多数の緘黙のブログが登録されています。

■ 緘黙の話
昔緘黙児だった主婦の方が、高校で克服するまでの想い出を綴られています。

■ 場面緘黙について考える-備忘録-
英国在住の元緘黙児の母親によるブログです。緘黙だった息子さんのこと、英国の支援、日々の暮らしの中での想いなどが綴られています。

■ 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
不安に関する心理学、脳科学的知見から緘黙症を考えています。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

ブログについて

Author:富条洋(ハンドルネーム)

注意!私は専門家ではありません。
また、「富条洋」はあくまでハンドルネームであり、本名は全く違う名前です。


ここは、個人ブログです。2005年11月に姉妹ブログで緘黙コンテンツを書き始め、2006年1月に緘黙コンテンツを独立し、このブログを開設しました。


書籍へのリンクは、Amazon.co.jpアソシエイト を用いています。


ブログもサイトもリンクフリーです。事前事後の許可は必要ありません。