2016年・緘黙関係ニュースを振り返る

2016年12月26日(月曜日)

アイキャッチ画像。
今年一年を場面緘黙症に関係するニュースで振り返りたいと思います。今年で7回目の企画です。

昨年までは「十大ニュース」と銘打っていましたが、今年からはタイトルをこのように変えることにしました。ニュースになった一つ一つの出来事には、たくさんの熱意ある方が関わっています。それを思うと、私などが「十大ニュース」として選り抜くのは心苦しい思いがするからです。ただ、記事内容は、これまでとあまり変わりありません。

1月 札幌で220名規模の講演会が開催


1月17日(日)に、札幌市で講演会「場面緘黙支援の最前線~ここから始めよう~」が開催されました。講師は角田圭子氏(かんもくネット代表、臨床心理士)。北海道かんもくセミナーの一般講演会で、かんもくネット、札幌市教育委員会、北海道教育委員会が後援者として名を連ねています。参加申込者は216名(満席)に及びました。

1月16日(土)に開催されたおしゃべり会と合わせて、同セミナーのイベントは『北海道新聞』で取り上げられました。

4月 障害者差別解消法が施行、「合理的配慮」が支援の新たなキーワードに


「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」、いわゆる「障害者差別解消法」が4月1日に施行されました。これにより、「合理的配慮」が緘黙支援の新たなキーワードとなりました。国公立学校を含む公的機関には、障害者に合理的配慮(条文では「合理的な配慮」)を行なうことが法的に義務化されました(第七条第二項)。民間事業者は努力義務です(第八条第二項)。

第七条 
2 行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、その実施に伴う負担が過重でないときは、障害者の権利利益を侵害することとならないよう、当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をしなければならない。

4月 今年度から始まる緘黙の研究に、科学研究費補助金1,183万円


園山繁樹筑波大学らによる「選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討」が、科学研究費補助金(科研費)の採択を受けました。緘黙を主題とした研究が科研費の採択を受けたのは6年ぶり2度目のことです。

今回は3ヵ年にわたる研究で、園山教授以外にも研究分担者として6名の研究者の名前があります。交付額は1,183万円で、前回採択された研究の交付額のおよそ4倍です。

4月 フジテレビ「月9」『ラヴソング』が話題に


フジテレビで4月11日に放送された月曜夜9時台のドラマ「ラヴソング」第1話で、場面緘黙症の絵本『なっちゃんの声』が出てくる場面がありました。絵本は物語の本筋には関わりはなく、絵本の内容に触れられることもありませんでしたが、第1話のクライマックスとも言える場面で、女優の水野美紀さん演じる言語聴覚士が、およそ5分間にわたって『なっちゃんの声』を手にしていました。

ドラマでは主要登場人物の一人に吃音の女性がいました。吃音は緘黙と似た点もあることから、緘黙に関心がある方の間でもこのドラマは話題になりました。ちなみに、視聴率はもうひとつでした。

6月 東京で定員270名規模の研修講座が開催


6月26日に、お茶の水女子大学において、日本緘黙研究会主催の研修講座が開催されました。270名に上る定員は満席に達したそうです。

その内容ですが、藤田継道氏(関西国際大学)の「ごあいさつ」、園山繁樹氏(筑波大学教授)の「基調講演」、笹田夕美子氏(浜松市発 達医療総合福祉センター)の「事例提供」、笹田氏の事例提供に対する奥田健次氏(行動コーチングアカデミー)の司会・解説などからなったそうです。





緘黙・2015年の十大ニュース

2015年12月25日(金曜日)

アイキャッチ画像。
年末恒例、私の独断と偏見で選ぶ緘黙関係の十大ニュースです。少し遅くなりましたが、今年一年をニュースで振り返りたいと思います。

1月 緘黙の署名に賛同者100人超、文科省に提出


教育現場など子どもたちと関わる仕事に従事する人たちに、緘黙への正しい知識の習得を促すことを趣旨とする署名を募る呼びかけが、2014年12月30日に始まりました。署名は Change.org で行なわれ、1月31日には署名の数が目標とする100人に到達しました。翌2月1日には、発起人により文部科学省へ提出されています。

2月 『私はかんもくガール』刊行


緘黙を克服した、らせんゆむさんによるコミックエッセイ『私はかんもくガール』が2月に刊行されました。

この本は、広告、書評などメディアで大きく扱われました。私が確認したものでは、以下の通りです。『毎日新聞』朝刊1面に広告が掲載(2月16日)、『月刊学校教育相談』に書評掲載(4月号)、ブログ「ロテ職人の臨床心理学的Blog」に書評掲載(3月9日)、BOOKSTAND に紹介記事(3月28日)、『毎日新聞』朝刊?に広告が掲載(5月17日)、『小学保健ニュース』に記事掲載(9月号)、『読売新聞』に書評が掲載(11月8日)。

3月 衆議院で、緘黙が2度も単独の議題に上がる


衆議院予算委員会第四分科会(3月10日)と衆議院厚生労働委員会(3月25日)で、緘黙が単独の議題に上がりました。国会で緘黙が単独の議題に上がったのは初めてのことです。質問を行なった議員は、いずれも角田秀穂(つのだひでお)衆議院議員です。それに対し、答弁を行なったのはそれぞれ小松親次郎初等中等教育局長(文部科学省)と藤井康弘障害保健福祉部長(厚生労働省)でした。

これに対する国側の答弁の一つに、来年度から国立障害者リハビリテーションセンターで緘黙を研修のテーマに取り入れるというものがありました。それまで同センターで緘黙をテーマとした研修が実施されたことはなかったそうです。その後、11月4日(火)、同センター緘黙の研修が行なわれました。国会で議論されたことが実現したのでしょうか。

4月 『先生とできる場面緘黙の子どもの支援』刊行


スクールカウンセラーや教師、学校の管理職、スクールソーシャルワーカーなどの学校関係者が、行動療法で緘黙児を支援するための具体的な方法を示した本『先生とできる場面緘黙の子どもの支援』が刊行されました。『親子でできる引っ込み思案な子どもの支援』の姉妹書のような位置づけです。近年緘黙の本の出版が相次いでいますが、学校関係者向けの緘黙の和書は出ていませんでした。

5月 NHK「ハートネットTV」が緘黙をテーマに


NHK Eテレ(NHK教育)の番組「ハートネットTV」が、緘黙を主要テーマに据えた番組を放送したそうです(5月28日)。また、同日、「ハートネットTV」に出演した荻上チキさんが、TBS ラジオ「荻上チキ・Session-22」の中で緘黙について触れたそうです。





緘黙・2014年の十大ニュース

2014年12月11日(木曜日)

アイキャッチ画像。
年末恒例、私の独断と偏見で選ぶ緘黙関係の十大ニュースです。ちょっと早いですが、今年一年をニュースで振り返りたいと思います。

2月 「かんもくの声」船出


緘黙当事者発信のゆるやかな出会い/交流・支援・啓発イベントや呼びかけを行う「かんもくの声」の活動が始まりました。

2月以降の活動歴は、「市民社会をつくるボランタリーフォーラム TOKYO 2014」分科会出演、ワークショップ開催、NHK首都圏ニュース取材に応じるかたちで出演、『しんぶん赤旗』掲載、「ひきこもり大学 緘黙学部」講師、月1回の公園活動など、活発です。

インターネット上での情報発信にも積極的で、Facebook の「いいね!」数は、緘黙を専門とした Facebook ページの中でも最多です。Twitter のフォロワー数も、国内最大の緘黙支援団体と同等以上の水準です。

5月 かんもくネット 5,000件を超えるリツイート


緘黙支援団体「かんもくネット」が Twitter に投稿した啓発画像が、5,000件を超えるリツイート数を記録しました。つまり、5,000人以上が、かんもくネットの啓発ツイートを読み、さらにツイッター上でこれを広めたことになります。リツイートしなかった人も含めると、何万か、多く見積もると何十万の人が、かんもくネットのツイートを読んだものと思われます。

※ かんもくネットのツイート (新しいウィンドウで開く

6月 『児童心理』に緘黙の記事が2本掲載


学校関係者などに読まれている『児童心理』という雑誌の7月号に、緘黙を主題とした記事が2本も掲載されました。そのうち1本は、かんもくの会の代表が共著者として名を連ねています。

6月 DSM-5 日本語版出る


精神疾患の診断基準として広く参照されている DSM (Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)の改訂版 DSM-5 の日本語版が出ました。

従来の DSM では、緘黙は「通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害」に分類されていましたが、DSM-5 では「不安障害」に分類されました。英語圏の専門家の間からは、これまでの研究成果が反映された、緘黙の正しい理解が進むと、歓迎する声を聞きます。日本語版の出版により、日本でも理解が促進されるとよいです。

7月 NHK首都圏ニュースで、緘黙のリポート


7月23日(水)、NHK総合「首都圏ネットワーク」「首都圏ニュース845」の中で、緘黙のリポートがなされました。前者は6分ほどの内容、後者はその短縮版だったそうです。