「一般化」--緘黙は自分だけじゃない

2017年06月19日(月曜日)

アイキャッチ画像。

「わたしだけじゃないんだ」


そうなんだ (ほっ) わたしだけじゃないんだ

どうして声が出ないの?-マンガでわかる場面緘黙-』の一場面です。場面緘黙症の架空の小学生「なっちゃん」が、「子どものころ話せなかった人はたくさんいるんだよ」等々と教えられ、ほっとします(はやしみこ, 2013, pp.16-17)。

私はこれを読み、正直なところ「なっちゃん、もっと驚かないの?」と感じました。子どもの頃に話せなかった人が自分だけではなかったという事実は、私が大人の頃に初めて知ったとき、天地がひっくり返るくらいの衝撃だったからです。

ですが、よくよく考えてみると、なっちゃんの反応はもっとものように思えてきました。なっちゃんはまだ小学生です。絵本『なっちゃんの声』では1年生という設定で、『どうして声が出ないの?』でもそれと同じか、あまり変わらない年齢設定とみられます。

つまり、なっちゃんは緘黙がそこまで長期化していません。その分、緘黙に対する特別な感情のようなものは、そこまで強くはなってないのかもしれません。一方私の場合、学校などで話せない期間が10年ほど続いたため、そのことに対する思い入れが強くなりすぎてしまったのでしょう。ですが、他にも理由があるのかもしれません。


一般化


緘黙は自分だけではないという気付きについては、以前お話したイスラエルの本の中に、興味深い指摘があります。十代の緘黙児者への心理教育に関する記述の一部です(Perednik, 2017, p.173)。

一般化:十代の緘黙児者は一般に、自分が他の人と違っていて、能力に欠けると感じている。--結局のところ、彼ら彼女らは、社会的コミュニケーションを図るための基本的ツールを特定の状況で身につけてこなかったのだ。自分たちは一人ではなく、多くの人が緘黙に苦しみ、そして効果的な治療法があることを理解することは、彼ら彼女ら(とその親)にとって大きな安心になる。

Normalization: Teenagers with SM usually feel different and inadequate - after all, they have not mastered the basic tool of social communication in certain settings. It comes as a huge relief to them (and to their parents) to understand that they are not alone, that many people suffer from SM, and that it has effective treatments.

この本の著者は、緘黙が自分だけでない(我が子だけでない)と知ることを「一般化」(normalization)と呼んでいます。「一般化」(normalization)は専門用語だろうかと思って調べたところ、以前もお話した「解決志向アプローチ」にこの用語があることを知りました。ここからとったのでしょうか。

私がなるほどと思ったのは、「十代の緘黙児者は、自分が他の人と違っていて……と感じている」という部分です。十代ともなると、自分と他人の違いに敏感になってしまうものだろうと思います。そうした年齢層の人にとっては、話せないのは自分だけでないことを知ることは大きいかもしれません。

なっちゃんがあの場面で驚かなかったのは、もしかしたらなっちゃんは年齢的に、他人との違いをあまり強く意識したことがなかったことも理由の一つかもしれません。もしなっちゃんの緘黙が思春期まで続き、そのときに初めて話せないのは自分だけでなかったと知ったら、なっちゃんの反応は変わったかもしれないと思います。

色々と書きましたが、話せないのは自分だけでないことを本人に知らせるべきかは、緘黙という言葉を知らせるべきかも含めて、よく考えなければならない問題だろうと思います。





緘黙児者の夢

2017年05月21日(日曜日)

アイキャッチ画像。

夢を持つ人、持たざる人


話せない自分の現実を見て、夢ややりたいことについて、考えることを、夢とすることを諦めてしまうかもしれません。ぼんやりと、なんとなく、考えているだけでも当時の私にとっては良かったのかなと今振り返ると思います。なんとなくでもやりたい気持ちが心のどこかにあると、話すということへの原動力になると思うからです。

大橋伸和さんという、北海道にお住まいの場面緘黙症経験者のお話です(場面緘黙シンポジウム, n.d., p. 21)。このお話は、2014年に東京で行なわれた「場面緘黙シンポジウム」の中で寄せられた、就職に関する質問に対する回答の一部です。大橋さんは緘黙をテーマとした講演をよくされており、ご存じの方もいらっしゃるだろうと思います。

私はこのお話を読んで驚きました。大橋さんは緘黙がある間にも夢を持っておられたのだろうか。そうだとしたら、すごいなと。

私は夢を持つことはできませんでした。「自分は価値の無い人間だ。こんな自分が将来ああなりたい、こうなりたいと考えるのは不遜な思い上がりだ」などと考えていたのでした。なんという卑屈な少年だったのでしょう。緘黙の診断は受けていませんが、学校で話せなかった私は、惨めな経験を重ねてきたためか、自尊心が極めて低かったのでした。

また、話せない状態があまりに長く続いたものですから、自分はこのまま一生まともに人と口を利けないまま生きていくことになるだろうと思い込み、そのことを前提とした将来設計を考えたのですが、そうした将来設計が私には描けなかったのでした。

このあたり、大橋さんとひょっとしたら正反対だったのかもしれません。上のお話からは、大橋さんはぼんやりとだったかもしれませんが夢を持っておられて、それが話すことへの原動力になったとも読み取れます。また、緘黙は死ぬまで続くものではなく、いずれは話せるようになる可能性があるとも思っておられたのでしょう(間違っていたらごめんなさい)。


解決志向アプローチ


進路選択の話とは少し違うのですが、以前お話した2016年末出版のイギリスの緘黙治療マニュアル The Selective Mutism Resource Manual(第2版)を読み返していたところ、大橋さんのお話を連想させる箇所がありました。

緘黙児者への治療的介入に先立って、緘黙児者がどういうふうになりたいと考えているのかを質問して動機付けを図る方法や、どういうゴールを持っているのかを質問し、さらにそれを達成可能なゴールに具体化して優先順位付けを図る方法が紹介されているのです(Johnson and Wingtgens, 2016)。

例えば、「ミラクル・クエスチョン」(The miracle question)という質問方法です。もし寝ている間に魔法の妖精が現れて、あなた(緘黙児者)にとって一番いい一日を学校で過ごせるようになったとしたら、そのイメージを絵にして描いてみましょうと促すのです。

この本によると、これは「解決志向療法」(solution-focused therapy)または「解決志向技法」(solution-focused technique)を一部取り入れたものだそうです。私は専門家ではないので分からないのですが、よく「解決志向アプローチ」などと呼ばれるものと似たものでしょうか。

↓ 日本臨床心理士会ホームページによる解説です。
◇ 解決志向アプローチ (新しいウィンドウで開く

上のホームページでは、解決志向アプローチについて次のように書かれてあります。

「何がいけないのだろう?」と考える代わりに「自分が望む未来を手に入れるために、何が必要なのだろう? 何が出来るのだろう? どうやったらできるのだろう?」と考え、一緒に解決を創り上げていきます。

思うに、私は話ができない自分の現状ばかりを考えていました。一方、冒頭の大橋さんのお話からは、大橋さんは夢という将来像を描いていて、それが話すことの原動力になっていたとも解釈できます(間違っていたら、すみません)。大橋さんは解決志向アプローチを意識していたわけではなかったのでしょうが、少し連想させるものがあると感じました。







多くの人と一斉に発話する

2017年04月24日(月曜日)

アイキャッチ画像。

『放課後カルテ』緘黙編のクライマックス


医療漫画『放課後カルテ』第8巻と第9巻では、場面緘黙症が巧みに描かれています。緘黙がある小学1年生の真愛(まい)ちゃんに、牧野という小児科医の養護教諭が支援を行うストーリーです。

ストーリーは、校内で行なわれる音楽会が迫った時期です。1年生は合唱(コーラス)で『あおいそらにえをかこう』を歌うことになっています。この音楽会で、学校で話せない真愛ちゃんがどうなるかが、話のクライマックスです。

↓ 「講談社コミックプラス」へのリンクです。
※ そのクライマックスが描かれる第9巻。試し読みできます (新しいウィンドウで開く

私は音楽に疎いのですが、真愛ちゃんが歌ったのは厳密には斉唱(ユニゾン)だった可能性もあると思います。複数の人が、同時に同じ旋律を歌うのです。一方、合唱(コーラス)も、やはり複数の人が同時に歌うものですが、歌う旋律は異なります。小学1年生には斉唱(ユニゾン)の方が易しいからということで、そちらが選ばれることは十分に考えられます。


皆で一斉に発話する方が易しい?英国の緘黙治療マニュアルより


ところで、先日お話したイギリスの緘黙治療マニュアル(第2版)には、unison という言葉が何度も登場します(Johnson and Wingtgens, 2016)。といっても、英語の unison は、必ずしも斉唱のことを意味するわけではありません。「一斉に言う」とか、「一致した行動をとる」といった場合にも、in unison という表現を用いることがあるようです。

例えば、以下は470ページの記述です。

緘黙児が周りの人と一斉に動いたり、歌ったり、または話したりといったことを伴う、たくさんの活動を含めましょう。

Include plenty of activities which involve children moving, singing or talking in unison.

なぜこのように一斉にすることがすすめられるのでしょうか。この本の前後の文脈などから判断するに、どうやら多くの人と活動をする場合、発話などは一斉にする方が緘黙児者にとってはしやすいということのようです。易しい課題から始まり、スモールステップで不安に暴露するのが、この本が示す治療法です。

確かに多くの人と一斉にすると目立ちません。また、そうした場面で緘黙児者が声を出しても、周りの声にかき消されてしまい、誰かに聞こえることもそうないでしょう。

もちろん、そちらの方が易しそうというだけで、それもできない緘黙児者もたくさんいるだろうと思います。また、声が出せたとしても、小声が出たとか、口ぱくができたとかといった場合がほとんどのような気がします。

『放課後カルテ』で音楽会の斉唱が描かれたのは、もしかしたらこのあたりのことも計算に入っていたのかもしれません。もしそうだとしたら、作者の日生マユさんや担当編集者の慧眼には驚かされます。もっとも、漫画で描かれたのは斉唱ではなくて、本当に合唱だったのかもしれませんが……(上の試し読みには「合唱」と書かれてあります)。


書籍リンク(Amazon.co.jp)


放課後カルテ(8) (BE LOVE KC)
日生 マユ
講談社 (2015-02-13)


The Selective Mutism Resource Manual: 2nd Edition
Maggie Johnson Alison Wintgens
Routledge


文献


◇ Johnson, M., and Wingtgens, A. (2016). The selective mutism resource manual (2nd ed.). London: Speechmark Publishing.