ケイティーさんの事件、加害者に深刻なメンタルヘルス上の問題

2017年07月06日(木曜日)

アイキャッチ画像。
イギリスで1月9日、場面緘黙症がある7歳の少女ケイティー・ラフ(Katie Rough)さんが殺害された事件のお話を、これまで何度かしてきました。

お伝えした通り、事件はイギリスで大きく報じられました。議会では、メイ首相とコービン労働党党首が、哀悼の意を表す場面がありました。ケイティーさんの遺族は、新刊『場面緘黙支援の最前線』でもお馴染みの緘黙支援団体 SMIRA の会員でした。

この事件で7月3日、新しい展開がありました。現地のメディアが次々に報じています。中には、ケイティーさんが緘黙だったことに触れているメディアもあります。そこで、この件についてお話したいと思います。

被告人が認めた罪と動機


7月3日は裁判の初日だったのですが、ここで被告人の16歳少女(事件当時15歳)が罪を認めたそうです。それまでは否認していました。認めた罪は、限定責任能力による manslaughter という殺意のない殺人です。

殺害の動機については、ケイティーさんがロボットかどうか試してみたかったからとのことでした。これは妄想(delusional thoughts)です。実はこの少女、事件以前から深刻なメンタルヘルス上の問題があったそうです。ケイティーさんに限らず、人間をロボットだと確信しているとのこと。他にも、メンタルヘルス上の問題や殺害との関連が疑われる少女の言動が、メディアで報じられています。

少女の正確な診断については、専門家の間では見解の一致を見なかったそうです。ある専門家の見解として、考えられる障害の名称が複数のメディアで挙がっていますが、ここでその名を挙げるのは控えます。

※ 深刻なメンタルヘルスの問題を抱える方が皆、このようなことをするわけでは、もちろんありません。極めて例外的だろうと思います。


まさか加害者に、深刻なメンタルヘルス上の問題があったとは……


私は、なぜ緘黙の当事者がこのような事件に巻き込まれなければならなかったのか、緘黙が命を落としたことと関係があるのかどうかが気になり、事件のニュースを追ってきました。ですが、まさか加害者に、深刻なメンタルヘルス上の問題があったとは……。報道されている内容が事実だとしたら、私にとってはショックです。

今回の報道で犯行の動機が明らかになったものの、なぜケイティーさんが狙われたのかまでは分かりません。ケイティーさんを狙う理由があったのか、それとも、ケイティーさんはたまたま被害に遭ったのか。このあたりのところは未解明なのでしょうか。

The TimesThe Guardian の記事にもありますが、加害者の少女に深刻なメンタルヘルス上の問題があったとなると、この少女が適切なアセスメントと治療を受けていたかどうかが問題になりそうです。もしそうでなかったとしたら、今回の事件は本来防げたはずのものが防げなかった可能性が出てきます。もちろん、必要なケアが受けられなかったのなら、少女本人にとっても不幸なことです。この少女は、もしかしたら被害者でもあったのかもしれません。

適切なアセスメントや治療を受けずに置かれたということであれば、これは緘黙にもよくありそうなことです(緘黙そのものは、今回の少女のような妄想にはつながりませんが)。また、緘黙がある人の中には、何らかのメンタルヘルス上の問題を併せ持っている人もいます。それだけに、今回の事件は何とも重苦しく感じます。





『少女邂逅』緘黙経験者の実体験を元にした映画が、公開予定か

2017年05月29日(月曜日)

アイキャッチ画像。
※ 画像は映画とは関係ありませんが、ロケ地は群馬県高崎市だったようです。

主人公は場面緘黙症という設定


場面緘黙症を経験したという若手映画監督が指揮する映画『少女邂逅』が、この夏に公開されます。監督の実体験を元にした作品で、主人公の少女は場面緘黙症という設定です。といっても、緘黙をテーマとしたストーリーではないかもしれませんが、ご紹介したいと思います。

↓ クラウドファンディングサイト「Motion Gallery」へのリンクです。ページ中段「本作を製作するにあたって 枝優花より」をご覧ください。緘黙について書かれてあります。携帯端末の方は、「もっと読む」をクリックしてみてください。

※ 弱冠23歳の枝優花監督×音楽・水本夏絵による初長編映画『少女邂逅』保紫萌香とモトーラ世理奈を主演に5月クランクイン!
新しいウィンドウで開く

これは大きなことです。緘黙を経験した方が優秀な若手映画監督で、その方の実体験を元にした映画が上映予定で、さらにこの上映のためにクラウドで90人近くの人から約100万円もの資金が集まっているのです。

ただ、上の記事では、緘黙は「極端な精神的ストレスを負うことで声が出なくなる症状」と説明されています。映画では、いじめが原因となるそうです。この説明だけを読むと、これは緘黙ではなく、何か別の症状の可能性も捨てきれないと、私には思えます。

ですが、「自分が安心できる場所だと声は出る」とも書かれており、これは緘黙を思わせます。また、何より監督自身が緘黙だとおっしゃっています。このあたりのところは、完成した映画を観てみなければ判断できません。

どちらにしろ、監督の枝優花(えだ・ゆうか)さんがかつて声が出ず、孤独を感じていたことは確かなようで、今回の映画はその経験を元にしたストーリーになりそうです。緘黙の経験者には心に響く作品になりそうな予感もします。


上映日程が決定(2017年7月2日追記)


↓ クラウドファンディングサイト MotionGallery へのリンク。目標金額の150万円を達成していますね。
◇ 映画「少女邂逅」ができるまで11〜上映スケジュール決定!〜
新しいウィンドウで開く





『毎日新聞』朝刊1面に、新刊『かんもくって何なの!?』の広告

2017年05月12日(金曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙の新刊の広告が掲載


本日2017年5月12日(金曜日)の『毎日新聞』朝刊1面に、モリナガアメさんのコミックエッセイ『かんもくって何なの!?-しゃべれない日々を脱け出た私-』の広告が掲載されたようです。モリナガアメさんは場面緘黙症の経験者で、この本は5月10日に発売されたばかりです。

この情報については、モリナガアメさんらが Twitter で投稿を行なっています。

↓ その新聞広告を見ることができます。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
※ モリナガアメさんの Twitter 投稿 (新しいウィンドウで開く

ただ、私が『毎日新聞』朝刊を調べたところ、この広告は見つかりませんでした。私は東京から結構離れた、地方に住んでいます。地域によって違いがあるのかもしれません。


さらなる広告掲載も?


実は同じ出版社による『私はかんもくガール-しゃべりたいのにしゃべれない 場面緘黙症のなんかおかしな日常-』の時も、発売直後に『毎日新聞』朝刊1面に広告が掲載されました。広告展開に共通したものがあります(ただし、この時は私の地元でも広告が掲載されていました)。

↓ その時の場面緘黙症Journal ブログの記事です。
※ 『毎日新聞』朝刊一面に、『私はかんもくガール』の広告 (新しいウィンドウで開く

振り返ると、新聞に『私はかんもくガール』の広告が掲載されたのは、この時だけではありませんでした。私が確認しただけでもこれだけあります。

↓ 場面緘黙症Journal 「緘黙関連ニュース」へのリンクです。
※ 『かんもくガール』広告が、毎日新聞にまた掲載 (新しいウィンドウで開く
※ 『かんもくガール』毎日新聞ほか多数に広告 (新しいウィンドウで開く

今回新しく出版された『かんもくって何なの!?』も同様に、今後、毎日新聞などに繰り返し広告が掲載されることも予想されます。