場面緘黙症Journalブログ

場面緘黙(かんもく)症。選択性緘黙。学校など特定の場面で声が出ません。

ハンドルネームを「富条洋」(仮)に改めます

2016年05月14日(土)

アイキャッチ画像。
突然ですが、ハンドルネームを変更します。

新しいハンドルネームは、「富条洋」(仮称)です。読みは「とみじょう ひろし」で、英語表記は Hiroshi Tomijo です。これまでのように、単に「富条」と名乗ることが多くなるかもしれません。しばらくこれを仮のハンドルネームとして、問題がなければ、「富条」で通します。

現在のハンドルネームは10年近くにわたって使い続けてきたものですが、とある事情により、変更することになりました。もっとも、変わったといっても「重」の字が「条」に変わっただけで、極端に大きな変更ではありません。ハンドルネームの継続性を保つため、小幅な変更にとどめています。

ハンドルネームの変更は、このサイトだけでなく、姉妹ブログや Twitter などにも適用します。また、過去の私の投稿についても、ハンドルネームを書き改めた方が適当と思われるものについては、そうします。

実は、ハンドルネームの変更は2度目です。このブログを始めた当初は「富氏」というハンドルネームを名乗っていました。ですが、最後に「氏」がついていたことから、名前を誤解されることが相次ぎ、2006年11月に「重」に変更した経緯があります。

* * * * * * * * * *

このハンドルネームの難点は、漢字への変換が必ずしもスムーズにはいかないことです。ですが、他に適当と思えるハンドルネームが思いつかず、申し訳ありませんがこれにすることにしました。ちなみに、不採用にした新ハンドルネーム候補は以下の通りです。↓

富渋洋(とみしぶ ひろし)、富尺洋(とみしゃく ひろし)、富鯱洋(とみしゃちひろし)、富十洋(とみじゅう ひろし)、富童洋(とみどう ひろし)、富髭洋(とみひげ ひろし)など。

できるだけ、実在する名前や既存のハンドルネームと重複しないものにしようとした結果、思いついたのがこれです。ネーミングセンスが悪く、いまいちなのが多いです。「富鯱洋」なんかは、「富」に「鯱」と、縁起がいいかな…(没にしましたが)。

[追記(2016年5月23日)]

◇ 過去の記事についても、とある事情により、ハンドルネームの記述を修正しているところです。


記事番号1000番到達!

2016年02月04日(木)

アイキャッチ画像。

記事番号が1000番に


このブログの記事番号が、ついに1000番の大台に乗りました。ブログ開設10周年での到達です。ここまで続けることができたのも、ブログを読んでくださる方がいらっしゃったからこそです。

記事番号とは


ところで、記事番号とは何のことでしょう。

この記事で言うと、記事の URL(パソコン版)
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-1000.html
の、1000という数字が記事番号です。

FC2ブログでは、このように、一つ一つの記事に固有の番号が割り振られています。最初に書いた記事の記事番号は1番、次に書いた記事の記事番号は2番……という要領です。

記事番号には欠番がある


場面緘黙症Journal ブログでは、この記事番号に欠番が多いです。記事番号は1000番に到達したのに、公開記事数はこれで725件目にすぎません。

欠番が多い理由は、記事番号が下書きの段階で割り振られることと関係しています。例えば、私は下書きはしたものの、その後「没」や公開保留にすることが多いのですが、こうした場合は欠番となってしまいます。他にも、様々な理由で欠番が存在します。

なお、記事番号1番も欠番です。
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-1.html
にアクセスしてもエラーになってしまいます。これも下書き段階で没にしたのではなかったかと思います。

節目の記事番号


最後に、記念として節目の記事番号の記事を振り返ってみたいと思います。

200 場面緘黙児の安心度チェック、発語状態チェック
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-200.html

300 375万部の雑誌に場面緘黙症が(米国)
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-300.html

500 The Selective Mutism Resource Manual
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-500.html

600 「教職員のための子どもの健康相談及び保健指導の手引」
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-600.html

700 エリザ・シポンブラム博士の娘さんが本を書く
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-700.html

900 衆議院で、緘黙が再び議題に上がる
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-900.html

※ 記事番号100番、400番、800番は欠番。

場面緘黙症Journal の1年目

2015年11月01日(日)

アイキャッチ画像。
2015年11月16日をもって、場面緘黙症Journal は10周年を迎えます(前身のブログから数えて)。そこで、開設後約1年間の更新履歴を整備することにしました。

◇ 2005年更新履歴 (新しいウィンドウで開く
◇ 2006年上半期更新履歴 (新しいウィンドウで開く
◇ 2006年下半期更新履歴 (新しいウィンドウで開く

場面緘黙症Journal が 更新履歴をつけるようになったのは、スタート後約1年経った2006年12月8日からでした。最初の約1年間はほぼブログのみの内容だったため、更新履歴を記録していなかったのです。

後に、最初の約1年間の記録を調べ、この期間については主要な更新履歴のみを記すことにしました。今回は、「場面緘黙症Journal 10周年記念事業」(大げさ)として、より詳細な更新履歴を整えています。

当時の更新状況を振り返ってみると、この頃に書いたブログ記事の中には、今以上にひどいものが多いです……。ですが、この時期は場面緘黙症Journal の原点であることには間違いありません。

今回整備した更新履歴は2015年11月16日~2016年12月6日までですが、そのうち主なものを挙げてみました。








ブログトップへ

アクセスカウンター

HTML hit counter - Quick-counter.net

2015年12月3日再設置。

近々の予定

◇ ラジオ番組「若倉純 かんもくの歌声」第3回

日時:2月26日(日)23:00~23:15
ゲスト:manana さん
⇒ FM世田谷ホームページなどで聴けます

『校庭東風』上映情報

長野県、千葉県での上映決定。広島県ではイオンシネマでの上映決定。詳細は公式ページへ。 ※ 『校庭に東風吹いて』は、場面緘黙症の架空の少女が登場する映画です。

最近の記事

リンク

■ ココロのひろば
「場面緘黙」とネットで検索してもほとんど何もヒットしなかった頃に開設されたサイトです。長く更新停止しています。

■ 「話すことがむずかしいあなたへ」
自分を変えたい、話せるようになりたい--こうした緘黙の当事者向けに、そのための具体的な方法を示したマンガです。はやしみこさん作。

■ 場面緘黙症 - メンタルヘルスブログ村
多数の緘黙のブログが登録されています。

■ 緘黙の話
昔緘黙児だった主婦の方が、高校で克服するまでの想い出を綴られています。

■ 場面緘黙について考える-備忘録-
英国在住の元緘黙児の母親によるブログです。緘黙だった息子さんのこと、英国の支援、日々の暮らしの中での想いなどが綴られています。

■ 緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー
不安に関する心理学、脳科学的知見から緘黙症を考えています。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

ブログについて

Author:富条洋(ハンドルネーム)

注意!私は専門家ではありません。
また、「富条洋」はあくまでハンドルネームであり、本名は全く違う名前です。


ここは、個人ブログです。2005年11月に姉妹ブログで緘黙コンテンツを書き始め、2006年1月に緘黙コンテンツを独立し、このブログを開設しました。


書籍へのリンクは、Amazon.co.jpアソシエイト を用いています。


ブログもサイトもリンクフリーです。事前事後の許可は必要ありません。