緘黙経験の記憶と解釈が、塗り替えられる

2017年03月08日(水曜日)

アイキャッチ画像。

経験者・当事者の「語り」


場面緘黙症の経験者・当事者の「語り」に注目する小さな流れがあるように感じています。このことについては、以前、「私たちのことを、私たち抜きで決めないで」という記事の中でもお話ししたことがあります。

前回お話しした最新のイギリスの緘黙支援マニュアルでも、経験者・当事者の語りを収録した小さな章がありました。緘黙が始まった年齢はいつか、話せなかった最も古い記憶はどういうものか、いつどのように自分が緘黙だと気づいたかなど、経験者・当事者に尋ねたものをまとめ、言語聴覚士である著者のコメントを添えた章です。


緘黙だった当時の感覚で語る


その中で興味深いと思ったのは、Rachel さんという33歳の経験者の話です。なんとこの方は、自分の緘黙を refuse to speak (発話の拒絶)という言葉で表現しています。

もちろん、緘黙は発話の拒絶ではありません。話そうにも声が出ないのです。このマニュアルの著者は、これはかつて周りの人が Rachel さんのことをそのように言っていたからではないかとコメントしています。

緘黙の本などを読んでその影響を色濃く受けると、緘黙を、発話の拒絶などと表現したりはしなくなるだろうと思います。これは Rachel さんの、おそらく緘黙の本を読んだりするようになる前の当時の感覚がそのまま語られているように思われ、興味深く感じました。


他の語りや専門家の見解が、私の緘黙経験の記憶と解釈に影響


語りといえば、私もかつて「緘黙ストーリー」と題し、自分が学校などで声が出ず、話せなかった頃のことをこのブログで連載していました。連載を始めたのは今を遡ること11年前の2006年で、2013年までの8年間にわたって続けていました。もっとも、私の場合、緘黙の診断は受けていません。

これを読み返してみたところ、今の自分にはこのようには書けないかもしれないと感じました。

それは第一に、私の緘黙?の記憶が、変わりつつあるような気がするからです。よく言う記憶の塗り替えが、私の身に置き始めているのです。

この記憶の塗り替えに影響を与えていると思われるのは、他の経験者・当事者の語りです。例えば、緘黙についての経験談には、苦しい思いをしたという話が多いです。それをたくさん読んでいるうちに、自分の緘黙?経験も苦しいことばかりであったように思われてくるのです。ですが、よくよく思い出してみると、私に限って言えば必ずしもそういう経験ばかりしたわけではありませんでした。危うく忘れかけていました。

第二に、私の緘黙?経験に対する解釈が変わってきているからです。これに影響を与えていると思われるのは、専門家です。例えば、私は子どもの頃親に厳しく育てられたという感覚を持っていて、それが学校で話せなかった原因に違いないとかつては考えていました。ですが、その後、本や論文などで緘黙の原因論について書かれたものを読んでいくうちに、そうした考えは後退していくとともに、記憶からも消え始めているように思います。


あまり影響を受けていない間に「緘黙ストーリー」始めてよかったかも


このように、私のもともとの緘黙経験の記憶や、それに対する解釈が、少しずつ失われ始めているように思います。そして、他の経験者・当事者の語りや、専門家の見解が、それに影響を与えているのではないかと思います。

それを思うと、まだ比較的影響を受けないうちに「緘黙ストーリー」を始めたのはよかったような気がします。

なお、緘黙の経験は多様です。私の「緘黙ストーリー」についても、今回の記憶と解釈の塗り替えの話についても、あくまで一例として読んでいただけるとありがたいです。



私の親が、緘黙を知っていた!

2016年09月24日(土曜日)


私の人生観がひっくり返りそうになるぐらいの出来事がありました。

1年ほど前のことでしょうか。ある日、私の母親がテレビドラマを見ている場面に居合わせました。そのドラマには黙った少年が登場したのですが、そのシーンを見た母が、こう口走ったのです。

「カンモクや!」

衝撃的でした。私の母が場面緘黙症を知っていたのかと、驚きました。黙った少年の登場シーンという状況からして、聞き間違いとも思えません。なお、母がドラマを見ながら何かを口走るのは、やや珍しいことです。

私はそのドラマが気になって、少し続きを見たのですが、別にその少年は緘黙児ではなさそうでした。ドラマのタイトルは覚えていません。

それにしても、一体なぜ母が緘黙を知っていたのかが気になりました。緘黙はそんなに多くの人に知られてはいないでしょう。母に直接聞くこともしづらいです。そこで、考えられる理由をいくつか挙げてみます。

※ 我が家は母子家庭です。

可能性1:私が学校で話せなかったことから、緘黙を知った


当時の担任教師から、緘黙について伝えられた?


やはり母は、私が子どもの頃に学校で話せなかったことから、緘黙を知ったのかもしれません。当時から既に、母は私を緘黙児と見ていたのかもしれません。

だとすれば、これは大変な驚きです。母は私の緘黙(?)を知らなかったものと、私はこの歳までずっと思っていたからです。私の過去を連載した「緘黙ストーリー」でも、そういう書き方をしています。実際、「緘黙」という言葉を、それまで母の口から聞いた覚えはありません。

この線だと、母は担任教師から緘黙を知らされたのかなと思います。私は当時緘黙を知らず、このことを母には十分に話していませんでした。当然、診断も受けていません。一方、ある時期の担任は学校で何も話さない私を問題視し、かなり特別扱いをしてくださいました。その頃は、母は学校との連絡をまだある程度とっていたので、その中で緘黙を知ったのかもしれません。

言われてみればありました。当時の担任に「富条は家では話すんだよな」と言われ、私は「どうして家での僕を知っているの」と驚いたことが。


担任も母も、私に「緘黙」という言葉を伝えないことにしていた?


ただ、この担任も、少なくとも私の前で「緘黙」という言葉を口にしたことはありません。何らかの理由で、担任と母は「緘黙」という言葉を私の前で出さないという取り決めをしていたものと思われます。「緘黙」を知っていながら、私には意図してそのことを話さなかったことになります。それが、もう時効という意識もあってか、ドラマを見た母がつい「緘黙や!」と口走ってしまったのかもしれません。

もしそういう取り決めがあったとしたら、それは私の人生にとって非常に重いです。そのために、私は長年「緘黙」を知ることなく生きることになったからです。自分がなぜ話せないのかや、どうすれば話せるようになるのかが分からず、自分のような人間は世界でただ一人だけではないかとさえ考えていました。もっとも、この取り決めが間違いだったのか、そうでなかったのかは難しいところです。

なお、私が緘黙を知ったのは20代に入ってからです。きっかけは母から教えてもらったことではなく、自分でインターネットであれこれ調べたことでした。私の緘黙(?)は長期化したうえ、長年緘黙を知らなかったため「長年の謎が解けた」となりました。


「緘黙」という言葉を知っていたとしても、母が十分に理解していたとは思えない


ただ、母の言動を振り返って考えてみると、仮に母が「緘黙」という言葉を知っていたとしても、私が学校でどういう状態にあったかを十分に把握していたとは思えません。そこまで深刻とは認識していなかったはずです。特別何かをしてもらったこともありません。

案外、私のことを「緘黙児に似ている」ぐらいに見ていただけの可能性もあります。


可能性2:私が話せなかったこととは無関係に、メディアや本などで緘黙を知った


稀にではありますが、緘黙はメディアや本などで取り上げられることがあります。私が学校で話せなかったこととは無関係に、そうしたものを通じて母は緘黙を知ったのかもしれません。だとしたら、母が緘黙を知っていたのは、緘黙の認知度が上がっていることの一つの現われともとれます。

ただ、私の母は『仰天ニュース』や『ハートネットTV』は見ていないようです。本や雑誌の類もそう読みません。見ていたとしても、さして興味は示さず、下手すると忘れてしまうでしょう。富条家が購読する新聞で、緘黙が扱われたこともありません。この線は考えにくいです。

なお、母は教師や心理職など、緘黙に関わる職業に就いたことはありません。職業柄緘黙を知ることもないでしょう。


可能性3:私が場面緘黙症Journal をやっていることがばれた


だったら最悪です……。(>_<)

緘黙の克服とは何か-個人的考え

2016年08月31日(水曜日)


私の場合、「場面緘黙症を克服したシンガーソングライター」と呼ばれたこともあるんですが、自分では「克服した」なんて思えないですよ。確かに、今は人前でも話せるようになっているから、一見、治ったように見えるかもしれませんが、今でも人とコミュニケーションをとるのが苦痛な時もあるし、電話だっていつも家族に出てもらっているぐらいです。家族以外の前では“おとなしい自分”しか出せない、本当の自分が出せないんですよ。

シンガーソングライターの若倉純さんのお話です(クラスにいた“喋らないコ”, 2015年12月30日)。

これを読んで私は、若倉純さんのことを「場面緘黙症を克服したシンガーソングライター」と書くのはやめることにしました。聴衆を前に歌うお仕事をされているほどの方なので、克服と書いて問題ないだろうと思い込んでいたのでした。

緘黙の克服とは何か


緘黙の克服とは何なのでしょう。これは難しそうな問いです。人によって「克服」という言葉が意味するところも違うのではないかと思います。また、そもそも緘黙は克服するものではないと考える方もいらっしゃるかもしれません。

何をもって緘黙の克服とするか、はっきり書いたものを見た覚えもあまりありません。場面緘黙症Journal も11周年が近づいているのに、緘黙克服の定義をはっきり書いたことはいまだになかったと思います。

そこで今回、現在の私が考える緘黙克服の定義をはっきりさせておこうと思います。ただし、あくまで私自身の緘黙(?)についての個人的考えです。また、緘黙の診断についての話でもありません。診断とは無関係に、個人的に緘黙の克服をどう考えるかについてお話します。

※ そもそも、私は緘黙の診断は受けていません。だから「緘黙(?)」と書きました。また、当時は現在の診断基準はありませんでした。

狭い意味での緘黙克服


私は、狭い意味での緘黙克服と、広い意味での緘黙克服を分けて考えます。まず、狭い意味での克服は、今まで話せなかった学校場面などで話ができるようになることです。具体的には、Steven Kurtz 博士の「言語化の階層」でいうところの「社会的に期待される言語化」ができるようになることです。

※ 言語化の階層(Hierarchy of verbalizations) (Kurtz, 2015)

○ 音や声(Sounds and Voices)
○ 反応的な言語化(Responsive)
○ 自発的な言語化(Spontaneous)
○ 社会的に期待される言語化(Socially Expected)

ただ、Steven Kurtz 博士は「社会的に期待される言語化」の例として、Hellow, Good-bye, Excuse me, Please, Thank you といった挨拶を挙げていますが、私が思う克服は、もっとハードルが上です。頭の中で文章を組み立てて、それを、たとえ小さな声でも相手に聞こえるようにほぼ継続して話せるぐらいになれば、狭い意味では克服といっていいかなと思います。

「話せるようになることが克服ではない」と考える方もいらっしゃるだろうと思います。例えば、緘黙の背景には強い不安があり、話せないことは氷山の一角に過ぎないという見方です。ですが、私は必ずしもそうは考えません。これぐらい話ができるまでになれば、身体が思うように動かせないとか、表情が出せないといった不安に基づく発話以外の問題も、かなり解決しているだろうと思います。

場面緘黙児の心理と指導』では、緘黙の程度が軽い子どもは「言語表出」の困難に限られ、 程度が重くなるにつれて、「感情・非言語表出」の困難から「動作・態度」の困難へという形で症状が広がっていたことが示されています(河井ら, 1994)。

図 社会的場面におけるコミュニケーションが成り立つための階層構造(河井ら, 1994)


「克服」のハードルをもう少し高くして、「あらゆる場面で、家と全く同じように振舞うことができるようになること」としてみたい気もないではありません。ですが、よくある「人見知り」の人でも人前では十分に自分を出せないだろうと思うので、そこまでは求めません。

緘黙による不自由が、周囲の配慮というかたちで改善されることもあります。それでも、話せないままでは、緘黙は克服できていないものと私は考えます。それを克服というには無理があるでしょう。

なお、私が話せなかった頃のことを書いた「緘黙ストーリー」では、だいたいこの狭い意味の克服をもって「緘黙が治った」としました。


広い意味での緘黙克服


広い意味での緘黙の克服は、狭い意味で克服はしたけれども、外では家と同じように自分を出せないなど、いわゆる緘黙の後遺症や関連する問題が解決されることです。

例えば、話せるようになったけれども、今でも人とのコミュニケーションに苦手意識が強いとか、他の精神疾患が続発したとかいうのは、広い意味で克服できていないものと考えて、狭い意味での克服とは私は分けて考えます。緘黙を背景とする不登校や引きこもりからの脱却は、最広義での克服に入るのかなと思います。

私は、緘黙は学校などで話せない状態をいうものと考えています。なのに、人前で話せるようになったけれどもまだコミュニケーションが苦手だから緘黙は克服できていないというのは一見分かりにくい話です。ですから、人前で話せるようになったら狭い意味では克服したとして、いったん線を引いておこうと思います。

緘黙の克服というと、私はだいたい狭い意味での克服を思い浮かべます。それで以前、私は若倉純さんを「場面緘黙症を克服した……」と書いたのでしょう。ところが、若倉純さんは克服をもっと広い意味で考えていらっしゃるようです。それで、私は不適切な書き方をしてしまったのだろうと思います。緘黙の克服とは何かは、難しい問いだろうと思います。