当事者や経験者向けの本が、ほとんどない

2017年08月12日(土曜日)

アイキャッチ画像。
私は「それ以外の方」だったのか--

『学校における場面緘黙への対応』という本を読んでいたら、はっとさせられました(高木, 2017, p. 183)。

本書は、主な読者として学校の先生を想定して書きました。もちろん保護者やそれ以外の方にも読んでいただけたら嬉しいですが、学校の先生が実践するという視点で書いてしまったことをご容赦ください。

※ マーカーは、私が施したものです。

保護者はしっかり「保護者」と書かれている一方で、場面緘黙症の当事者や経験者は「それ以外の方」という扱いです。

とはいえ、この「それ以外の方」という表現、言い得て妙だと思います。緘黙をテーマとした本はこれまで多く出版されてきましたが、緘黙についての専門的な本で(つまり経験談の本は除く)、当事者や経験者向けのものはほとんどなかったからです。当事者や経験者は、対象読者としては「それ以外の方」とされてきたのです。

近年出版された、緘黙の専門的な本


具体的に見ていきましょう。近年出版された緘黙の専門的な本と、その対象読者層です。

場面緘黙支援の最前線-家族と支援者の連携をめざして-』(2017年)
⇒専門家や保護者

学校における場面緘黙への対応-合理的配慮から支援計画作成まで-』(2017年)
⇒学校の先生

先生とできる場面緘黙の子どもの支援』(2015年)
⇒学校関係者

どうして声が出ないの?-マンガでわかる場面緘黙-』(2013年)
⇒緘黙児と保護者

場面緘黙へのアプローチ―家庭と学校での取り組み-』(2009年)
⇒保護者、教育関係者、専門家

場面緘黙Q&A-幼稚園や学校でおしゃべりできない子どもたち-』(2008年)
⇒保護者や教師

場面緘黙児の心理と指導-担任と父母の協力のために-』(1994年)
⇒はっきり分からないが、当事者や経験者向けではなさそう

これだけ多くの本が出版されてきたにも関わらず、当事者や経験者を対象とした本は『どうして声が出ないの?』の1冊だけです。

当事者や経験者向けの本が少ないのは、日本に限ったことではありません。私が収集している英語圏の本でもそうです。


当事者や経験者は、緘黙についての客観的な理解まであるとは限らない


緘黙の当事者や経験者だからといって、緘黙についての客観的な理解まであるとは限りません。当事者や経験者が分かるのは、緘黙についての主観的な感覚や、当事者から見た周囲の関わりなどです。

実際、緘黙について理解を訴えるための活動をされている当事者や経験者の方でも、緘黙についての基本的なことを知らない方が案外いらっしゃったりします(私なぞが言うのもおこがましいのですが……)。皆さん、緘黙の本をあまり読んでいないのでしょうか。もっとも、そもそも当事者や経験者向けの本がほとんどないため、読みようもないのかもしれません。





『場面緘黙支援の最前線』について

2017年07月12日(水曜日)

アイキャッチ画像。
翻訳書『場面緘黙支援の最前線』(新しいウィンドウで開く)が、先日出版されました。場面緘黙症をめぐる海外動向の一端が世に出たことは、これまで緘黙の海外文献や海外ニュースを追ってきた身として、歓迎したいです。

ページ数は280ページを超えており、これまで我が国でメジャー流通に乗った緘黙の和書としては、私が知る限り最多のページ数です。これまでの緘黙の和書の多くが200ページ未満だったことを思い返すと、その分量の多さは、頭一つ抜けています。また、単にページ数が多いだけでなく、専門的で密度も濃いです。

※ メジャー流通しなかった本では、359ページからなる山本実(1989)『「学校かん黙」事典-その実像と脱出への相剋-』岩手大学教育学部山本実研究室という本があります。なんでも、タウンページ並みの厚さだとか。

今回の翻訳書については、書きたいことが色々あります。私は専門家ではなく、まとまりのない文章の羅列のような形になりますが、お付き合いいただければ幸いです。

本の基本情報


まずは、本の基本情報を確認しましょう。

○ 編者:ベニータ・レイ・スミス、アリス・スルーキン
○ 序文:ジーン・グロス
○ 訳:かんもくネット
○ 出版年月日:2017年7月1日
○ 書名:『場面緘黙支援の最前線-家族と支援者の連携をめざして-』
○ 出版社:学苑社

分担執筆の本で、巻末に挙げられた執筆者の数は22名に上ります(序文のジーン・グロス氏除く)。また、翻訳者も12名います。

原書の題名は Tackling selective mutism: A guide for professionals and parents新しいウィンドウで開く)でした。『場面緘黙症への取り組み:専門家と親のための手引』といったところでしょうか。邦訳書の題名は、元のものとは全く違っています。「最前線」という言葉を邦訳書の題名に持ってくるとは、大きく出たものです。


「最新の海外の本」というより「最近の英国の本」


オンライン書店の情報だけを見ると、本書は「最新の海外の本」という印象を受けそうです。ですが、実際手にとって見るとある程度分かるのですが、むしろ「最近のイギリスの本」という見方の方が適当だろうと思います。

原書は3年近く前の本


まず、原書は数年前に出た本です。具体的に言うと、2014年9月21日に Kindle 版が発売されています。同年10月21日にはペーパーバック版が発売されたそうです(私はKindle 版を読んだので、ペーパーバック版は知りません)。つまり、3年近く前の本です。これからのお話にも少し出てきますが、この間、状況は少し変わっています。


あくまで英国の本、米国での支援については守備範囲外


それから、本書の執筆陣は、イギリスの緘黙支援では著名な方が揃った豪華なものです。ですが、それだけイギリス色が濃いものとなっています。

例えば、アメリカもイギリスに劣らず緘黙支援が盛んですが、もしアメリカでこのような本が出版されるとしたら、かなり違った内容になるはずです。確かにアメリカでも、イギリスと同様、緘黙は不安症と見られていますし、治療については行動療法を軸に考えられるなど、基本線は同じです。本書で引用されている文献の中には、アメリカの文献で引用されているものもあります。ですが、やはり違いがあります。

もしアメリカで本書と同様の本が出版されるとしたら、章の構成からして違うはずです。本書は、イギリスにおける緘黙の関心事や、執筆者(多くはイギリスの専門家)の研究分野を反映した章立てです。また、本書のキーワードである「SMIRA」「言語聴覚士」『場面緘黙リソースマニュアル』「スライドイン」「COGS」などは、イギリスの緘黙支援用語のようなもので、アメリカで同様の本が出版されるとしたら、全くあるいはほとんど出てくることはないでしょう。

アメリカなら、集中プログラムやS-CAT、統合的行動アプローチなどが重要ですが、これらは本書の守備範囲外で、全く書かれてありません。

もっとも、第12章「他言語圏における場面緘黙支援の現状」では、ベルギーやドイツなどの状況が軽くではありますが触れられており、若干の国際色はあります。





7月にまた新刊が出ます『場面緘黙支援の最前線』

2017年05月22日(月曜日)

アイキャッチ画像。
[追記(2017年7月13日)]

この本について、次の記事で詳しく書きました。

◇ 『場面緘黙支援の最前線』について (新しいウィンドウで開く


緘黙の本がまた出る


場面緘黙症の新しい本が、またしても出ることが明らかになりました。『場面緘黙支援の最前線-家族と支援者の連携をめざして-』という本です。Amazon.co.jp に書籍情報があります。

↓ 予約注文できます。Amazon.co.jp アソシエイトリンクです。
◇ 場面緘黙支援の最前線-家族と支援者の連携をめざして- (新しいウィンドウで開く

Amazon.co.jp によると、本の基本情報は次の通りです。

○ 著者:ベニータ・レイ・スミス、アリス・スルーキン
○ 序文:ジーン・グロス
○ 翻訳:かんもくネット
○ 出版社:学苑社
○ 発売予定日:2017年7月1日

一部情報を修正しました。(2017年5月24日)


英国の本 Tackling Selective Mutism の翻訳書か(違ったらごめん)


[追記(2017年5月24日)]

学苑社ホームページに情報が公開されました。目次もあります。

↓ 学苑社ホームページへのリンクです。
◇ 場面緘黙支援の最前線 (新しいウィンドウで開く


[追記(2017年5月23日)]

Amazon.co.jp の情報が更新されました。やはり、Tackling Selective Mutism の翻訳書だそうです。


まだ発売前で情報があまり公開されておらず、これがどういう本なのかは私にもよく分かりません。ですが、著者の顔ぶれから推測するに、これはイギリスの本 Tackling Selective Mutism: A Guide for Professionals and Parents の翻訳書かもしれないと思います(間違っていたらごめんなさい)。

Tackling Selective Mutism は、緘黙について様々な角度から総括的に書いた本です。著者が多数いて、章によって著者が異なります。イギリスの本の翻訳書といえば『場面緘黙へのアプローチ-家庭と学校での取り組み-』という DVD 付きの青い本がありますが、その点、あの本と似たところがあります。

Tackling Selective Mutism については、場面緘黙症Journal でも取り上げたことがあります。詳しくお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。

◇ 英国から新たに出た、緘黙の本 (新しいウィンドウで開く

ちょっとイギリス色が強い章も中にはあるのですが、全体として既存の日本の本にはないことも書かれてありますし、日本でも関心の高い緘黙と吃音の異同や、大人の緘黙についても少しではありますが触れています。緘黙の若者やその親の声を集めた研究などは、なかなか興味深いです。

本がどういうかたちになるのかは分かりませんが、注目したいと思います。