英国の緘黙支援マニュアル第2版を読みました

2017年03月01日(水曜日)

アイキャッチ画像。
以前お話した、イギリスの場面緘黙症支援マニュアル The Selective Mutism Resource Manual の第2版を、ようやく一通り精読し終えました。といっても、私が読み終えたのは337ページからなる本体部分のみです。これとは別にオンラインコンテンツが244ページ分あるのですが、これについては流し読みした程度です。読むのが遅くてすみません。

とりあえず、ここまで読んだ感想のようなものを書いてみます。私は専門家ではないので、書評というほどのものは書けません。

本の基本情報


まず、本の基本情報を確認します。著者は言語聴覚士の Maggie Johson 氏と Alison Wintgens 氏、出版社は Speechmark Publishing です。出版地はイギリスで、出版日は2016年10月31日です。序文をノルウェーの医学博士 Hanne Kristensen 氏が書いています。この方も緘黙に詳しいです。

ペーパーバック版とリング製本版があるらしいのですが、私が買ったのはリング製本版で、本としては大きめのA4サイズです。高価な本で、Amazon.co.jp では現在7,000円台で販売されています。

なお、初版は2001年に出版されていました。著者、出版社、出版地は同じです。本の装丁も、表紙の絵の色が違うぐらいで、ほぼ変わりません。ただ、初版では300ページあった総ページ数が、第2版では581ページと倍増しています。

イギリス在住の元緘黙児の母親 MIKU さんのブログによると、初版はイギリスでは緘黙治療のバイブルと呼ばれていたそうです。私もイギリスの緘黙関係の読み物で、この初版が紹介される場面を何度も目にしてきました。


本の内容


本の内容は、本体とオンラインコンテンツの大きく2つに分けられます。

本体は4部構成です。第1部は緘黙の理解、第2部は緘黙の特定とアセスメント、第3部は行動療法を中心とした支援法、第4部はトラブルシューティングなどの補足情報です。

オンラインコンテンツは本では「第5部」と位置づけられています。出版社ウェブサイトの登録ユーザーになり、本に記されている ACTIVATION CODE を出版社ウェブサイトに入力すれば、 PDF ファイルにアクセスできる仕組みです。このオンラインコンテンツは、緘黙支援に役立つ具体的方法などをまとめた付録や、緘黙理解のための資料、記入用紙などからなります。

緘黙は恐怖症であり、少しずつ不安に直面することで克服は可能というのが、この本の基本的考え方のようです。





新刊『なんだか生きづらいと思ったら場面緘黙だった』予約始まる

2017年02月17日(金曜日)

アイキャッチ画像。
[追記(2017年3月1日)]

予定されていた書名が『なんだか生きづらいと思ったら場面緘黙だった-しゃべれない日々を抜け出た私の道のり』と改められました。これに伴い、この記事も改題しています。


[追記(2017年2月20日)]

Amazon.co.jp の情報が改められ、解説者に加藤哲文氏の名前が挙げられています。加藤氏は上越教育大学教授。日本緘黙研究会会長。

↓ researchmap へのリンク。
◇ 加藤哲文氏に関する詳しい情報 (新しいウィンドウで開く


モリナガアメさんの緘黙実録漫画の新刊情報が、Amazon.co.jp などのインターネット書籍販売サイトで公開されました。目次など詳しい情報が掲載されています。併せて、予約注文も開始されています。発売日は4月25日だそうです。



モリナガアメさんは、場面緘黙症を経験された方です。2015年9月から2016年11月にかけて、pixiv というイラストコミュニケーションサービスで実録漫画『かんもく少女が同人BL漫画を描いて人生救われる話』を連載されていました。この漫画は連載開始当初から大きな反響を呼び、2016年11月には書籍化が決定したことが、モリナガアメさんより発表されていました。

↓ モリナガアメさんのブログ。緘黙の漫画がブログ形式で読めます。
◇ 元かんもく少女は考える。 (新しいウィンドウで開く

↓ pixiv のモリナガアメさんのページ。こちらが本家なのかな。
◇ モリナガアメさんのプロフィール (新しいウィンドウで開く

その後、この漫画は pixiv で大きく取り上げられ、第1話のページビュー数は現在12万件近くに上っています。もともと緘黙を知らなかった方の感想が Twitter で多数投稿されるなどしていることから、この漫画は緘黙の認知拡大にも大きな影響を与えていそうです。

↓ 「緘黙関連ニュース」へのリンク。
◇ モリナガアメさんの緘黙漫画、pixivで大きく取り上げられる (新しいウィンドウで開く

* * * * * * * * * *

なお、3月1日には、学苑社より『学校における場面緘黙への対応-合理的配慮から支援計画作成まで』という、これまた別の緘黙の本が発売される予定です。

[追記(2017年2月25日)]

Amazon.co.jp によると、発売日が3月2日に延期されました。


こちらの著者は、長野大学准教授の高木潤野氏です。著者が代表を務める「信州かんもく相談室」のブログによると、この本は「主な読者として学校の先生を想定しています」「もちろん、それ以外の方が読んでも場面緘黙の理解には役立てていただけると思います」とのことで、モリナガアメさんの本とはまた違うタイプの本のようです。

↓ 「信州かんもく相談室」ブログへのリンク。
◇ 「学校における場面緘黙への対応:合理的配慮から支援計画作成まで」 (新しいウィンドウで開く


十代以上の緘黙への支援法、洋書で扱われ始める

2017年02月08日(水曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症の支援法を示した本は、低年齢の緘黙を想定したものが多いです。十代以上の緘黙については、言及があってもわずかだったりします。[注]

ところが、英語圏ではこの状況に変化の兆しが見えます。

十代向けの認知行動療法が80ページ


2016年12月に出たばかりの The Selective Mutism Treatment Guide 第2版では、十代や年齢が上の子を対象とした、認知行動療法の章が新設されました。そのページ数は80ページに及び、全256ページのうち、およそ3分の1を占めます。

この本の初版は北米などでそこそこ好評だったようです。著者の Ruth Perednik 氏は、緘黙治療を20年以上にわたって専門にしてきたイスラエル在住の心理学者です。

[追記(2017年2月9日)]

著者に関して誤った記述があったため、修正しました。


なお、私は第2版を今のところ「積読」にしている状態で、まだ流し読みしかしていません。精読し終えたら、読んだ感想のようなものをこのブログで書くかもしれません。



英国で緘黙治療のバイブルと呼ばれた本の第2版


それから、2016年10月にこれまた第2版が出たイギリスの本 The Selective Mutism Resource Manual にも、思春期や青年期、成人期の緘黙者への支援についての内容が新たに盛り込まれました。先ほどのイスラエルの本のような80ページほどの分量はありませんが、従来の本に比べると踏み込んでいます。

以前お話しましたが、私はこの本を読んでいる最中です(読むの遅い……)。この本は、質量ともにかなりの内容です。初版は、イギリスでは緘黙治療のバイブルとも呼ばれていたそうですが、第2版もそのような扱いを受けても不思議ではありません。著者の Maggie Johson 氏と Alison Wintgens 氏は言語聴覚士で、イギリスの緘黙支援では有名な方のようです。

The Selective Mutism Resource Manual
Maggie Johnson Alison Wintgens
Speechmark Publishing Ltd


英米では影響がありそう


どちらの本も初版が好評を得ており、第2版の内容も、英米では影響がありそうです。

十代以上の緘黙への支援は、これまで比較的語られてこなかった分野です。読んだ内容を、何らかのかたちでこのサイトで生かすことができればと思います。