最新!2005年8月発売の緘黙本

2006年01月14日(土曜日)

場面緘黙症に関する専門書といえば、日本では『場面緘黙児の心理と指導』が定評があります。しかし、この本は1994年5月の発売であり、10年以上前のものです。少し古い感が否めません。

今回ご紹介しますのは、2005年8月に発売されたばかりの緘黙本です。引用されている研究成果も、過去10年以内の新しいものばかりです。その本は、これです!

Helping Your Child With Selective Mutism: Practical Steps to Overcome a Fear of Speaking

日本の本ではありません。ただ、この本の評価はすこぶる高く、無視できません。アメリカ Amazon.com におきまして、6人のカスタマーがこの本を評価しましたが、全員最高ランクである5つ星の評価を与えています。イギリスAmazon.co.uk でも、1人のカスタマーが評価し、やはり5つ星を与えています。

日本でも、弥生桜さんのブログ「ほんとうは暖かい光が好き」で、この本が取り上げられています。この本を日本で紹介したのは、少なくともネット上では、おそらく弥生桜さんが最初でしょう。

「場面緘黙症の研究成果広がる!」(クリックで弥生桜さんのブログに移動します)

私もこの本をまだざっと読んだだけなのですが、大変面白い内容でした。読んで考えたところ、感じたところを私なりの視点で書いてみたいと思います。






これまでにアップした記事の一覧

2006年01月14日(土曜日)

これまでにアップした記事の一覧です。「はじめに」を除いて、全てニートひきこもりJournalの記事を一部編集し、転載したものです。

「場面緘黙」なのか「選択性緘黙」なのか「選択緘黙」なのか
緘黙症の論文が読みたい!
鬱もACもPTSDも緘黙も、みんな「根性」の問題とな?
英語圏の緘黙サイトは凄い!
英語圏では「緘黙症」は何と呼ばれているのか
私の場面緘黙症
緘黙症をなめるな!
そもそも「緘黙症」って何ぞや
自己紹介
はじめに


「場面緘黙」なのか「選択性緘黙」なのか「選択緘黙」なのか

2006年01月14日(土曜日)

私はこれまで「場面緘黙」という呼び方を使ってきました。しかし、「選択性緘黙」「選択緘黙」という呼び方もよく使われています。今回は、この呼び方の違いについて考えてみます。

「そんな呼び方なんて細かいこと、気にすんなよ。どっちでもいいじゃん」という声がどこからか聞こえてきそうですが、私は気になりますので、構わず続けます。