緘黙児はいじめられない?頭がいい?嘘でしょ!!

2006年04月29日(土曜日)

このブログでは、よく英語圏の文献を参照しています。しかし、こうした海外の文献は、日本に住む我々にとって、どこまであてにできるのだろうかと考えることがあります。

例えば、英語圏の文献には、緘黙児は特にいじめらやすいわけではないとか、頭がいいだとか書かれてあったりします。

ちょっと納得がいきません。私は日本の緘黙経験者の体験談を数多く見てきましたが、いじめられた経験があったり、学業が振るわなかったりした人が多いというのが実感です。






場面緘黙症になって得したこと?

2006年04月26日(水曜日)

[警告]

今日の記事の内容は、読む人によっては強い不快感を感じるかもしれません。ご機嫌の悪い方は閲覧をお控えになることをおすすめします。

* * * * * * * * * *

思えば私の人生、場面緘黙症にかかったことは不運の極みでした。あまり病気かなんかのせいにするのはよくありませんが、場面緘黙症にさえなっていなければ、今の私の不遇はなかったのではないかと思うこともあります。

しかし、たまには発想を変えてみましょう。場面緘黙症になって本当に損ばかりだったのか、自分自身の緘黙歴を振り返ってみたいと思います。






場面緘黙症の治療体系もどき(2)

2006年04月22日(土曜日)