場面緘黙児・富氏の友達M君

2006年08月26日(土曜日)

連続ブログ小説・私の緘黙ストーリーです。前回の話は「こちら」。緘黙ストーリーの目次をご覧になりたい方は「こちら」

前回お話した通り、転校先の学校では、クラスの雰囲気に飲まれたような感じで、緘黙してしまい、思うように振舞えませんでした。おまけにいじめに遭って、さんざんでした。

今回は学校での出来事だけでなく、家庭でのことも書いています。

* * * * * * * * * *

■ 留守番が多く

親戚の家でお世話になっていた私でしたが、学校から帰っても留守番をすることが多かったです。親戚の多くは昼間は仕事に出ていましたし、母は病院で父に付き添っていましたから、学校から帰っても家には誰もいないことが多かったのです。

■ 家では伸び伸びと

家では学校とは違って伸び伸びと振舞っていました。親戚の家だから、もっと遠慮するべきだったと今にして思うほどです。

留守番中にしていたことと言えば、マンガを読んだり、勉強したり、テレビゲームをしたり、といったところでしょうか。前の家にいたときは習字と水泳に通っていたのですが、引越しに伴い習い事もなくなりました。テレビはあまり見ませんでした。「レディス4」「アリエスの乙女たち」といった、小4男子が興味を持つには難しい番組しか放送されていなかったので。

それから、メンコ(面子)の練習もしていました。学校では何故か昔ながらの古い遊びであるメンコが大流行していて、クラブ活動の中に「メンコクラブ」まであるほどでした。私はこのクラブに所属していたこともあり家で一人で練習していたのですが、学校では私の相手をしてくれる子どもは、ほとんどいませんでした。






目次(緘黙ストーリー)

2006年08月26日(土曜日)

アイキャッチ画像。教室。
このブログでは、私の場面緘黙症の経験談を綴っています。以下は、その目次です。随時、追加します。

第1部 場面緘黙症になる前

1 この子、知恵遅れ!?~0-4歳の頃
2 だめ園児・富氏
3 小学校入学早々、学校不適応に!
4 小学1~3年の頃・緘黙症になる前(1)
5 小学1~3年の頃・緘黙症になる前(2・完)

第2部 場面緘黙症になる~小学校4年の頃

1 富氏、転校する!
2 富氏、場面緘黙症?になる
3 場面緘黙児・富氏の友達M君
4 場面緘黙児・富氏といじめ
5 父の死
6 2度目の転校
7 2度目の転校で緘黙症状が悪化

第3部 場面緘黙症が最もひどかった頃~小学校5・6年の頃

1 小学5年に進級

番外編 緘黙ストーリー・新春インタビュー

2 理解ある先生、クラスメイト
3 学校に行くと、真面目になった!
4 友達なんて、いない方が楽しい!
5 エラい友達を作ってしまった!(1)
6 エラい友達を作ってしまった!(2)
7 エラい友達を作ってしまった!(3)
8 私の数少ない特技と自信
9 学級文集
10 富条のことが好きな女の子?
11 母子家庭の緘黙症児
12 恐怖の合宿
13 私の通知表の中身
14 連合音楽会、その他
15 卒業

第4部 中学生の頃

↓ 中1編
1 中学校に入学する
2 部活動選び
3 緘黙治すより、勉強の方が大事?
4 「富条ちゃん」
5 緘黙しながら部活
6 先生が家に来た!
7 目立たない女子とかかわる
8 片思いのKさんのこと

↓ 中2編
9 中二から10年以上友達なし
10 緘黙の男の子は、カワイイ?
11 どうして彼女は、僕のためにここまで
12 何も話さなくても、気持ちは通じ合う?
13 演歌に目覚める
14 私をいじめた、やんちゃ坊主
15 ただでさえ緊張するのに、先生が怖すぎ

↓ 中3編
16 何も話さない男と同じクラスになって、何が楽しいのか
17 なんだ、この修学旅行は
18 いじめに遭う
19 不良に絡まれる
20 あいつ富条よ!サイッテー!!
21 僕、避けられてる?
22 僕なんて、いない方が
23 卒業アルバム
24 今年の入試は厳しくなりそう
25 進路について考える
26 初の高校受験
27 本命校を受験する
28 卒業式(前編)
29 卒業式(後編)
30 合格発表

31 中学時代のまとめ

第5部 高校生の頃

↓ 高1編
1 緘黙の克服を後回しにすることを決意
2 高校入学
3 環境変わったら、いじめられなくなった
4 富条君は、何の問題もありません!
5 高校の男女関係
6 大学に行って4年間緘黙が治るまで待つ
7 アルバイト恐怖
8 クラス委員長になってしまう
9 クラス委員長が務まらない!

↓ 高2編
10 緘黙最悪期の同級生と、再び
11 富条君の笑顔を見たい!
12 特進クラスの授業
13 引っ込み思案なのに目立ちたがり屋
14 学校生活がうまくいくと、違和感
15 緘黙だっていいじゃないか、個性だ
16 一人で勉強は性に合う

↓ 高3編
17 「本当の私」を知らないで惚れる女子?
18 心理系の学部は、受けない
19 受験校決定の三者面談
20 センター試験を受ける
21 先生に電話で合格を知らせる
22 高校の卒業式
23  「あの富条が、満面の笑み」
24 高校時代のまとめ

第6部 大学生の頃

1 大学に入る準備
2 キャンパスではいつも一人
3 自己を変える、ことができるか?
4 大学教授の研究室にお邪魔する
5 高校のクラス会に呼ばれる
6 大学の先生と仲良く?なる
7 大阪弁の学生
8 意中の先生と接触する
9 続・意中の先生と接触する
10 緘黙が治った?自動車教習所に通う!

特別編
※ なぜ私は緘黙が治ったのか

11 プロゼミ始まる
12 インターネット初体験、成人式
13 ゼミで発表
14 数百人の前で、2回も模擬面接
15 お世話になったS先生

第7部 ひきこもる中、場面緘黙症を知る

1 ネットで場面緘黙症を知る
2 
3 
緘黙ストーリーを始める

[関連記事]

◇ 緘黙ストーリーのあらすじ


場面緘黙症の日本の専門書、やはり少なすぎる!

2006年08月19日(土曜日)

Gesichter des Schweigens - die systemische Mutismus-Therapie. SYMUT als Therapiealternative場面緘黙症の洋書紹介のページに、新たにドイツ語編を加えました。

ドイツでは場面緘黙症の専門書の出版が盛んで、著者の顔ぶれもさまざまです。

面白そうな本がいっぱいですよ、奥さん!(ドイツ語読める方は、少ないでしょうが…)



[ドイツ語ページのアドレスはこちら]

http://nhjournal.kurushiunai.jp/smj_books_written_in_german.html

* * * * * * * * * *

このページをまとめる中で気づいたことですが、ドイツでは最近5年の間に、場面緘黙症の専門書が6冊も出版されています。

一方の日本では、1994年に出版された『場面緘黙児の心理と指導』 を最後に、場面緘黙症の専門書が1冊も出版されていません。

Wikipedia の「ドイツ語」「日本語」によると、ドイツ語圏の人口は日本語圏のそれとほぼ同じです。おそらく、場面緘黙症の問題で苦しんでいる方の数もそうは変わらないはず。日本語圏とマーケットがほぼ同規模と思われるドイツ語圏であれだけ場面緘黙症の専門書を出版してビジネスとして成り立っているのなら、日本でも、もっと専門書が出版されてもよさそうだと私は考えてしまいますが、安直でしょうか(それとも、ドイツ語の専門書は、専門家の自費出版?)。

とにかく、日本語圏では、場面緘黙症の専門書が英語圏やドイツ語圏に比べると少なさすぎます。

それから、さくらかよさんの『君の隣に』 のような、実際に緘黙症を経験された方の体験記は、ドイツ語圏には見つかりませんでした。専門書はあれだけあるんですけれどもね。

人気blogランキングへ