場面緘黙症と心理学の学派(2)~行動分析学的説明

2006年11月23日(木曜日)

「場面緘黙症と心理学の学派」の続きです。今回は、行動分析学的説明について書いています。

なお、繰り返しますが、私は心理学初学者です。

[目次]

◇ 場面緘黙症と心理学の学派(1)~精神分析学的説明
◇ 場面緘黙症と心理学の学派(2)~行動分析学的説明
◇ 近日公開

[復習]

※ 精神分析学については、「それはフロイトの理論で、現代の精神分析学は違う」というご意見をいただいており、現在内容の修正を検討しています。(12/08/2006)

○ 精神分析学:不幸な生い立ちだった⇒葛藤を解消せよ
○ 行動分析学:条件づけによる学習の結果だ⇒条件づけで治せ
○ 認知心理学:認知が悪い⇒認知の歪みを修正せよ
○ 生物学:脳内の神経伝達物質が関係している⇒薬で治せる

■ 行動分析学的説明

行動分析学的説明のキーワードは、行動、環境、行動随伴性、学習、強化、好子、嫌子、条件づけ、暴露(エクスポージャー)などです。

行動分析学は、心の解明のために、客観的に観察可能な「行動」に分析の重点を置く心理学の一派です。行動の原因を、意識など本人の心ではなく、環境に求めます。

◇ 原因

行動分析学では、場面緘黙は、嫌子(負の強化子)による回避行動または逃避行動だと説明されます(例えば、Leonard, & Topol, 1993)(負の強化については、「負の強化、罰」で詳しく説明しています)。

なんだか難しそうですが、これをブログ「臨床心理学にいる 臨床心理士指定大学院受験講座」の榎本氏が分かりやすく解説しています。

「話さない」→「緊張しない」・「不安が軽減する」→「話さない」ことが強化される。このメカニズムが症状を持続させる要因であり、長期化すると予後が悪くなる原因でもある。

(心理学用語集・臨床 135 選択性緘黙)
http://www.nutshell.jp/mind/2005/04/135_3cef.html

※ 榎本氏が説明しているのは、持続のメカニズムですね…。失礼しました。しかし、原因の説明もこういうものだと理解して問題ないと思います。(11/24/2006)

学校など特定の環境にいると、とても緊張しますし、不安になります。これを避ける行動が緘黙だという説明です。緘黙すると緊張が解けますし、不安も和らぐということだそうです。

こうして緘黙行動が学習されます。長期化するほど行動が強化されてしまいかねず厄介です。緘黙児には早めの介入が肝心などとよく言われますが、これも、緘黙が条件づけされた行動になって緘黙行動が変えにくくなる前に、というのが一つの論拠のようです(Dunaway, 2005)。

こうしたことに加え、緘黙児に発話の訓練をしたり強制したりすると、子どもの不安を高め、緘黙症状が悪化します。こうした行為は 「緘黙行動を負に強化する」(negatively reinforce mute behavior) ものです(Shipon-Blum, E.)。

このように、行動分析学的説明では、緘黙行動の原因を、本人ではなく環境に求めます。葛藤等、本人の無意識に原因を求める精神分析学的説明とは対照的です。





やさしい場面緘黙症英語

2006年11月18日(土曜日)

場面緘黙症に関する英語文献に、比較的よく出る英単語、熟語を集めてみました。

↓ このページです。
http://nhjournal.kurushiunai.jp/smj_english.html

このページはもともとHP作成の練習用に作ったものです。しかし、どうせ作ったのなら公開しちゃえ!と単純に考え、公開することにしました。ちなみに、このページで、私は初めて xhtml なるものに挑戦しました。

皆様のお役に立てるかどうか、怪しいところですが、英語がお好きな方、これから緘黙症の英語文献を読もうかなと考えていらっしゃる方はどうぞ。

[解説~書かなかったこと]

chatterbox
おしゃべりな子
↑ 「この子は家では chatterbox なのに、学校では緘黙してしまう」というような使い方をします。
SM
selective mutism の略。
↑ 場面緘黙症は英語圏では selective mutism と呼ばれるのですが、よく SM と略されます。わが国でも、社会不安障害(social anxiety disorder)を SAD と略す人が多いですが、同様に場面緘黙症を SM と略すのはどうでしょうか。「この人は SAD なんだよ」という言い方は気軽に使えますが、「この子は SM なんだよ」という言い方には抵抗を感じます。それにしても、「場面緘黙症」とか「選択性緘黙症」とか、もう少し分かりやすいネーミングはないものでしょうか。
Speech is silver, silence is golden.
雄弁は銀、沈黙は金
ex.) silence is not golden「沈黙は金ではない」
↑ "When silence is not golden" という、場面緘黙症に関する研究文献が実在します。ところで、私はある一時期まで、「沈黙は金」は東洋の考え方だと思い込んでいました。しかし、英語圏にもこうした諺がありますし、アメリカのベンジャミン・フランクリンが修養すべき13徳目の中に「沈黙」を挙げていることも考えると、案外そうでもないのかなあと考えてしまうのですが、どうなのでしょう。

人気blogランキングへ

保育園・幼稚園の先生方向けの資料を作りました!

2006年11月15日(水曜日)

場面緘黙児に必要な新学年への準備!場面緘黙症の資料No.8

「声が出にくい子ども達に支援を!(園提出用)」です!

保育園・幼稚園の先生方を対象とした資料ですが、場面緘黙症に関心のある方にはどなたにとっても参考になるでしょう。

今回は、イギリスの文献をもとにした初めての資料になります!イギリスの場面緘黙症サポートグループ場面緘黙症情報研究協会(SMIRA)、スマイラの資料を基礎にしています。

イギリスにおいて蓄積されてきたノウハウを凝縮し、場面緘黙児への適切な対応の仕方をコンパクトにまとめた、優れた資料です!日本にはない、新しい文献を参考に作成されています。

内容は、早期の対応のための具体的な支援方法が中心です。早期対応はとても重要です。しかし、幼児期に場面緘黙症かどうかの診断がすぐにつかないことも多く、対応が遅れがちです。そのため、この資料は、「場面緘黙症」の子どもだけでなく、不安な出来事がきっかけで場面緘黙症になりやすい、大人しい子どもにも適用できる内容になっています。

■ 謝辞

SMIRAのサイトhttp://groups.yahoo.com/group/smiratalk/のFilesの翻訳許可(一部)を得るために、ロンドンにお住まいのみくさんがSMIRAと交渉してくださいました。みくさん、ありがとうございました。

イギリスではスピーチセラピストのマギー・ジョンソンさんが、緘黙治療の第一人者として知られています。彼女は The Selective Mutism Resource Manual という本を、もうひとりの専門家と共著していて、これがイギリスの緘黙治療のバイブルと呼ばれています。参考文献の中のSMIRAのHandoutは、この本からの抜粋になっています。このHandoutは当ブログで翻訳しアップする予定です。

SMIRAの資料を日本語に翻訳するに当たって、SMIRAの方が出版元のスピーチマーク社に許可を得てくださいました 御礼を申し上げます。

そして、資料を作成するにあたって、場面緘黙症Journal掲示板によく来られている方々にもご意見をいただきました。ありがとうございました!

■ 内容(一部)

(1)どうして?

 子どもたちの中には変化に非常に敏感な子がいて、新しい集団やなれない課題に出会うと「不安」のために、黙り込んでしまうというパターンを身につけてしまう子どもがいるのです。…
 
(2)発語を期待しない!支援を十分にしましょう!

 目標は「話す」ことではなく、「不安を減らす」「自信をつける」「人との交流体験を持つ」ことです。 …

(3)先生方に提案します

 1)名前を呼んで返事ができないときは、言葉以外の方法、例えば「にこにこ顔」「うなづく」「先生の方を向く」「手を挙げる」などで、返事をすることを認めます。また、クラス全員に、言葉で返事するのではなく、動作をつけて「動物の鳴き声」をさせて出欠をとるなど工夫をするとうまくいくことがあります。…

(4)保護者の皆さんに提案します

 1)話すことを強制したり、保護者が発話を期待したりすると、子どもにはプレッシャーになり逆効果です。帰宅後「今日はお友達とお話したの?」「誰と遊んだの?」と保護者がきくことが、子どもにとってプレッシャーになっていませんか。「話す」ことばかり注目せず、子どもの全体を見てあげてください。 …

>> 本文を読む