子どもと共に「話すことの不安」に取り組む

2007年04月28日(土曜日)

資料ロゴ場面緘黙症の資料No.10 [子どもと共に「話すことの不安」に取り組む]です!

この資料は、イギリスの場面緘黙症サポートグループ場面緘黙症情報研究協会(SMIRA)、スマイラの資料handout2を翻訳したものです。

場面緘黙児の不安を和らげるために、親は子どもにどういうことを話せばいいのか、伝えればいいかがまとめられています。イギリスでは、SMIRAの実践から、保護者は緘黙児はやがて必ず話すようになるものだという確信があると聞きます。

日本では、緘黙児はまだ十分な支援を受けることが難しいです。そのため、この資料は今の日本の現状にあっていない箇所もあります。子どもの年齢が上の場合は、なおさら子どもに言葉で伝えることが難しいかもしれません。それでも、保護者と子どもが、共に「話すことの不安」に取り組もうとする関係であることが大切と思われます。

資料の翻訳は、branch-3 さんの担当です。branch-3 さんは、大学院に通いながら、小学校で非常勤講師もされています。 その学校で選択性緘黙の児童と出会い、 緘黙について興味を持ち、ここのサイトの掲示板までこられたたそうです 。

Knet翻訳チームでは現在、スマイラの資料を翻訳しています。スマイラのhandout2,3,4 を拙サイトの資料No.10、11、12 とします。

■ 資料の内容(一部)



「話すことがどれだけ難しく、声が出ないときにどんなふうに感じるか、私にはわかるよ」と子どもに伝えてあげましょう。子どもは話したいと思っていて、そして、ずっと話そうとしてきたけれど、言葉がまるでのどにつっかかったようにどうしても話せなくて、とても不安な思いをしているのです。



 「決してひとりじゃないんだよ」と伝えてあげることも、子どもに役立つでしょう。年長の子どもには(また大人にも)このような状態に「場面緘黙症(選択性緘黙)」という名称があり、きちんとした治療法があることを話すと、安心できるでしょう。


 「楽しい気持ちでいることが一番大切」だということ、そしてもし子どもが動揺しているのなら、「あなたはひとりぼっちではなく、私がいつも見守っているし力になれるよ」ということを、強調して伝えてあげてください。


 あなたが、どんなふうに子どもを支援していこうとしているか説明してあげてください。話すことの不安を乗り越えるには、話さなければいけないというプレッシャーをすべて取り除くことが大切です。子どもが話すことを避ける習慣をつけてしまわないようにするのです。

>> 本文を読む





緘黙症の団体「かんもくネット」誕生!

2007年04月21日(土曜日)

場面緘黙症Journalで出会った方たちが、場面緘黙症の団体を作りました。

かんもくネットです。
http://kanmoku.org/

かんもくネットは、場面緘黙症(選択性緘黙)に関する情報を社会に提供し、お互いを受け入れ、理解し合えるような社会が実現していけるよう、社会全体の利益の増進に寄与することを目的とした非営利の任意団体です。

かんもくネットは、場面緘黙症を持つ子供や大人、経験者家族、教師、専門家が協力しあい、活発な情報交換と正しい理解促進を目指します。

この団体の発足に伴い、これまで配布資料を作成してきた「SMJ翻訳チーム」は「Knet翻訳チーム」と名称を変更します。

このサイトから生まれた自発的な活動は尊重したいと私は考えています。

詳しくは、かんもくネットのホームページへ!


バージニア事件と場面緘黙症

2007年04月21日(土曜日)

バージニアの銃乱射事件を起こした犯人は、「幼いころから無口」だったとか、「極端に引っ込み思案だった」などと報道されています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000145-jij-int

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070420-00000058-jij-int

このためか、犯人が場面緘黙症だった可能性を示唆する内容を含むプレスリリースが socialanxiety.com により配信されました("Reflections on the Virginia Tech Shooting: Dynamics Which Drive Angry Loners and School Violence." という記事です)。この記事は Market Wire という会社を通じて、米国Yahoo!や英国Yahoo!など、あちこちに掲載されています。

(↑ 不正確な内容があったので、訂正しました。[2007年4月21日14:57])

ネット上の掲示板やブログなどでも、犯人はもしかすると場面緘黙症だったんじゃないかという声が、英語圏のサイトではもちろん、日本語圏のサイトでも見られます。

確かに、犯人の特徴には場面緘黙症の人のそれと重なる部分が見受けられます。ただ、報道から得られる情報は限られていますし、医学的な診断というのは難しいものですから、慎重に考えた方がいいと思います。

特に、「場面緘黙症は犯罪に結びつく」と考える人がいたら、それはあまりに早とちりだと思います。

私は、「極端に引っ込み思案だった」と伝えられる彼が、よくあそこまで目立つ行動をとることができたなあと不思議に思っています。特に場面緘黙症だったり、重い後遺症に悩まされている人の場合、銃の乱射や報道機関へのビデオの送付などは、とてもできないのではないかと私は思います。

それとも、よほど強い変身願望でもあったのでしょうか。昔の私みたいに。

↓ 人気blogランキング参加中です。クリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ

[関連記事]

◇ バージニア銃乱射事件と場面緘黙症の報道・まとめ場面緘黙症Journal特選記事
◇ 毎日新聞にも、緘黙とバージニア事件の記事が
◇ バージニア銃乱射事件の犯人に、場面緘黙症の診断