場面緘黙症児100人を調査した論文

2007年09月26日(水曜日)

場面緘黙症の論文の紹介をしています。私は専門家ではなく、自信もないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。

今回ご紹介する論文はこれです。

Steinhausen, H.C., and Juzi, C. (1996). Elective mutism: an analysis of 100 cases. Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry, 35(5), 606-614.

場面緘黙症児100人を分析し、場面緘黙症の典型的な特徴を明らかにしたものです。この論文も被引用回数が多く、『場面緘黙児への支援』でも複数回引用されています。Steinhausen and Juzi, 1996 というのが、それです。

今回の論文は、これまでにご紹介した論文(Black and Uhde, 1995Dummit et al., 1997)と同時期に行われた同種の研究です。せっかくなので、これらと比較しながら紹介していきます。

■ 研究の特徴

◇ 診断基準

今回の論文では、場面緘黙症の診断基準に、アメリカ精神医学会のDSMではなく、世界保健機関のICD-10が採用されています。Black and Uhde や Dummit et al.,の研究もそうだったのですが、英語圏の緘黙研究の診断基準は、たいていDSMが採用されます。

◇ サンプル100人

今回の研究は調査対象の緘黙症児の数が100人と、緘黙研究としては多いのも特徴です。

前年に発表された Black and Uhde の研究は30人、翌年の Dummit et al の研究は50人でした。他にも、1980年に発表された、著名なトリイ・ヘイデン氏による場面緘黙症の分類に関する研究が大規模なものだったのですが、それでも対象とした場面緘黙症児の数は68人でした(Hayden, 1980)。

◇ スイス、ドイツの研究

また、これまでにご紹介した論文はいずれもアメリカの研究でしたが、今回の論文の著者はスイスの大学に所属していて、サンプルもスイスやドイツで集めたものです。掲載された雑誌は Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry で、America という国名を冠したものですが、実はこの雑誌は、アメリカ以外の国の緘黙関連論文が載ることがときどきあります。

◇ 分析内容

分析内容には、緘黙症児がどういう場面で緘黙するかや、合併する症状など、Black and Uhde やDummit et al らの分析と重なる点も多い一方で、緘黙症児の成育歴や、発症前の言語障害、治療歴など、Black and Uhde やDummit et al などの研究にはないものもあります。






場面緘黙症 in 日本児童精神医学会

2007年09月19日(水曜日)

場面緘黙症に関する研究が、学会発表の演題に選ばれる…ということは、随分昔からありました。

古いものでは、1960年(昭和35年)に、新井清三郎氏の一時的喊黙症(誤字ではありません)に関する研究が、第57回日本小児科学会宮城地方会において発表されています。

1970年代には、大井正己氏らによる児童期の選択緘黙についての研究が、第9回国際児童精神医学会で発表されました。日本の緘黙研究が、国際的な学会で発表されたようです。

比較的最近では、2002年(平成14年)に、西方宏昭氏らのグループによる「選択性緘黙を合併した神経性食欲不振症の患者に対する非言語的交流技法を用いた治療的介入」が、第41回日本心身医学会九州地方会において発表されています。

※ これらはほんの一例であり、まだまだたくさんあります。

* * * * * * * * * *

こうした学会発表は、その学会の機関紙に抄録が掲載されることがあるようです。

それで私は、面白いことに気づきました。

60年代後半頃に行われた第7回日本児童精神医学会(現在の日本児童青年精神医学会)において、場面緘黙症に関する研究が演題として4つも選ばれていたのです。場面緘黙症の研究が、1つの大会でこれほど多く発表されたのは、他の学会も含めて、私の知る限り例がありません。






[緘黙] 富条のことが好きな女の子? [ストーリー]

2007年09月12日(水曜日)

おなじみ、私の緘黙ストーリーです。

○ 前回の話⇒「こちら」
○ 緘黙ストーリーの目次⇒「こちら」
○ 緘黙ストーリーのあらすじ⇒「こちら」

* * * * * * * * * *

小学6年にもなると、私の身体にいろいろと変化が出てきました。身長がすごい勢いで伸び、声変わりが始まり、さらには何故か頭に白髪まで生えてきました。ただ、外見は変わっても場面緘黙は相変わらずでした。

学校では、女子との関係に新しい動きが出てきました。

Mさんが、富条君のことを好きらしい。

こんな噂が流れていました。(!)

■ Mさんという人

Mさんというのは、私の友達・K君の近所に住んでいたクラスの女の子です。前回のお話では彼女が学級文集の表紙のデザインをしたのですが、そこには私と思われる絵が描かれていたのでした。

言われてみれば、Mさんの私に対する言動にはちょっとおかしなところがあるように思えてきました。