ノルウェーの緘黙症研究(1979)

2008年03月27日(木曜日)

このブログでは、場面緘黙症の論文について紹介しています。私は専門家ではなく、自信もないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。

今回の論文はこれです。

Wergeland, H. (1979). Elective mutism. Acta psychiatrica Scandinavica, 59(2), 218-228.

■ 概要

少し昔のものですが、今日でも英語圏ではよく引用されるノルウェーの研究です。

場面緘黙症児11人について、年齢、遺伝的影響、社会的背景、親や兄弟姉妹の性格型、家族的雰囲気、妊娠、出生、発達、症状、初回検査、入院後の治療、退院後の健康状態、等95項目について調査されています。また、フォローアップについても、70項目について調査されています。調査結果は、治療を受けたグループと受けなかったグループの2つのグループに分けて、分析されています。

■ 考察

気づいたことを色々書きます。

◇ 調査方法の限界

これは仕方がないことかもしれませんが、調査方法が雑です(特に、現代の研究水準と比べると)。例えば、場面緘黙症の診断基準がはっきりしません。調査対象の子どもは、1955年から1970年までの間にオスロ大学児童精神科に入院し、退院時診断が場面緘黙症だった子たちですが、統一された診断基準で診断がなされたかどうかも定かではありません。「脳損傷の可能性」(Possible brain damage)がある子も場面緘黙症児として扱われていますが、どうでしょうか。

また、今回の研究は、調査結果から場面緘黙症について一般的な傾向を見出そうとしていますが、サンプルが11人と少ないです。このためか、妙な結果も出ています。例えば、子どもが生まれた時、年齢が40歳以上であった父親の割合が多かったので(とはいえ、11人中6人です)、これが場面緘黙症の発症に何か関係があるのではないかとか。また、場面緘黙症の治療を受けて治った子の方が、治らなかった子よりも、後の人生で問題を残しているとか(これに至っては、サンプル6人です)。

なお、当時としては優れた研究を、後世の人間が「この研究にはあらが目立つ」と文句をつけるのは簡単なことです(学術論文を査読誌に投稿したことがない人間が同様に文句をつけるのも、簡単なことです)。






緘黙の子の写真ドキュメント『りかちゃんがわらった』

2008年03月20日(木曜日)

本ずいぶん前に、ある方から、場面緘黙症の子どもの写真ドキュメントがあるという情報をいただきました。

かつて小学校教諭だった鹿島和夫氏が書いた『ひびきあうこどもたち〈1〉りかちゃんがわらった』という本です。

その本を今日、図書館で読んできました。感想を書きたいと思います。

* * * * * * * * * *

この本では、小学校1年の「学校緘黙児」、りかちゃんの場面緘黙症が治るまでが書かれています。

しかし、遊戯療法や行動療法に通じた専門家が話の中で登場するわけではありません。また、『場面緘黙Q&A』や『場面緘黙児への支援』のような本を熟読し、スモールステップで場面緘黙症を治そうとするお母さんが出てくるわけでもありません。

りかちゃんの場面緘黙症を治したのは、りかちゃんのクラスメイトたちでした。学校で話をしない、牛乳も飲もうとしないりかちゃんが、みんなと同じように学校でのびのびと過ごせるようになるにはどうすればよいか話し合い、りかちゃんに色々と手助けをしたのです。そうした経過の中で、りかちゃんの場面緘黙症が少しずつ治っていったのでした。

* * * * * * * * * *

小学校は勉強の場です。国語、算数、生活などの教科の勉強はもちろんですが、学校生活の経験一つ一つが勉強でもあります。場面緘黙症の子との出会いと関わりも、児童たちにとっては一つの勉強なのだと考えさせられました。こうしたことを考えさせられたのは、この本が児童精神医学や教育心理学の専門家ではなく、教育者の視点から書かれたものだったからでしょう。

クラスメイトたちがりかちゃんの問題を自分たちで考え、りかちゃんを手助けし、場面緘黙症を治したのは、一つの美談と言えます。

ただ、場面緘黙症はやはり、クラスの子どもたちに考えさせるだけではなく、教師や保護者が関わったり、専門家に相談したり、治療を受けさせたりするのが望ましいのではないかと思います。子どもたちに考えさせるとしても、それを見守る教師が場面緘黙症について正しい知識を持っていることが大前提でしょう。物語では書かれていませんが、おそらくりかちゃんの担任の先生(著者)も、陰で場面緘黙症のことを勉強していたでしょうし、もしかしたら専門家に何らかの相談をしていたのかもしれません。

なお、この写真ドキュメントは、小学生向けで、子どもでも読むことができます。子どもに読んで聞かせるのもよいと思います。

※ 人気blogランキング、励みになっています。頻繁に更新していたら、順位が上がりました。今回も応援クリックよろしくお願いいたします。⇒ 人気blogランキングへ

人気blogランキングについて
http://smjournal.com/ranking.html


話せるようになった全緘黙症の子と犬(米CBS)

2008年03月16日(日曜日)

アメリカの大手メディアで、また緘黙症が取り上げられました。

アメリカの3大ネットワークの一つ・CBSテレビの番組「CBS Evening News 」の中の「Assignment America」というコーナーで、14日、全緘黙症の子が話せるようになったニュースを伝えました。

これで、NBC、ABC、そして今回のCBSと、アメリカの3大ネットワーク全てが、ここ1ヶ月の間で緘黙症を取り上げたことになります。

↓ そのビデオです。
http://www.cbsnews.com/sections/i_video/main500251.shtml?id=3940955n
http://www.cbsnews.com/sections/i_video/main500251.shtml?id=3940978n

ここのところ続いた『ピープル』、NBC、CBSの報道は、全て同じ緘黙の子を題材にしたもので、エリザ・シポンブラム博士が登場するなど内容が重複しているのですが、今回のニュースは違います。今回登場するのは別の全緘黙症の男の子で、シポンブラム博士も出てきません。

ニュースの内容は、上でリンクしたビデオか、CSBテレビのウェブサイトでご確認ください(英語ですが…)。デルタ協会のセラピー犬 "Boo" が、全緘黙症の克服のキーポイントになります。

※ アメリカの大手メディアが連日緘黙症を取り上げているので、このブログでも連日お伝えしているのですが、そのため、せっかく頑張って書いた「一谷彊らの緘黙研究(1973)」が、どんどん下に埋まっていきます。(>_<)

※ 人気blogランキング、励みになっています。応援クリックよろしくお願いいたします。⇒ 人気blogランキングへ

人気blogランキングについて
http://smjournal.com/ranking.html