場面緘黙症の研究 2008

2008年12月24日(水曜日)

2008年の国内外の場面緘黙症研究を振り返ります。今年発表された国内外の論文と書籍のお話です。私は専門家ではないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。

■ 論文編

◇ 海外の研究

英文雑誌に掲載されたものから個人的に面白そうだと思ったものをいくつか取り上げ、コメントを加えます。

◇ Keen, D.V., Fonseca, S., Wintgens, A. (2008). Selective mutism: a consensus based care pathway of good practice. Archives of Disease in Childhood, 93, 214-224.

場面緘黙症の地域連携クリティカルパスの作成を試みたものです。

地域連携パスについては、青森県庁のホームページに分かりやすい説明があります。

地域連携パスの説明(青森県庁ホームページ)
(新しいウィンドウで開く)

場面緘黙症の地域連携パスの作成にあたっては、北米、欧州、豪州から13の専門家が協力しています。その顔ぶれは、Steinhausen, H.C. 氏、Kristensen, H. 氏、Johnson, M. 氏、McHolm, A. 氏、Shipon-Blum, E. 氏など、英語圏の代表的な緘黙専門家ばかりです。メールや郵送での質問表の回答、discussion forum での協力とのことですが、それにしても、これだけの当代きっての専門家が一つのプロジェクトに協力するとは素朴に驚きです。卑近な例えですが、プロ野球のオールスターを見ているようです。

場面緘黙児への支援』や The Selective Mutism Resource Manual などもそのようなのですが、場面緘黙症児の支援方法をマニュアル化しようという動きが英語圏にはあるのでしょうか。

この地域連携パスはイギリスのウォンズワースという自治区で運用されることを前提にしています。日本で場面緘黙症の地域連携パスを作るとすれば、イギリスと日本では支援体制に違いがあるため、多少イギリスのものとは違ったものになるだろうと思います。ですが、日本でこのような地域連携パスが作成され、さらに運用までされるのは、現段階では難しいだろうと思います。そこまでの支援体制は、まだまだ整わなさそうです。いや、そもそも、場面緘黙症は相談事例が少ないので、地域連携パスを作ろうという動きすら起らないかもしれません。





専門雑誌に載った場面緘黙症(日本)

2008年12月18日(木曜日)

一部の職業の人の間で読まれている専門雑誌で、場面緘黙症が紹介されたことがあります。今回は、私が知っている中でも比較的最近のものを取り上げ、これらを読んで感じたことや考えたことをまとめます。

■ 『月刊地域保健』2008年8月号

『月刊地域保健』という、どうやら保健師を主な読者層とする雑誌があるのですが、この2008年8月号に

「言葉と発達 いまどき子育てアドバイス 連載・131 場面緘黙(選択性緘黙)について」

と題する、場面緘黙症の紹介記事が掲載されました。著者は言語聴覚士の方で、ページ数は5ページです。

吃音の話が続いたついでに、緘黙(かんもく)についてお話しします。

という出だしから始まります。緘黙は吃音のついでなのかと思ってしまうのですが、過去にも、『こころの科学』2006年11月号で、緘黙が吃音とセットで解説されたことがあります。場面緘黙症はマイナーなので単独では記事にしづらいということなのでしょうか。

※ 余談ですが、吃音の教師を主人公とした重松清原作の短編小説「青い鳥」が映画化されたそうですね(主演・阿部寛)。「青い鳥」を収めた同タイトルの本の中には、場面緘黙症の子どもの話「ハンカチ」も収められています。

"選択性"と聞くと、子どもが「自分で場面を選択して話さない」かのような印象ですが、実際には「外では話せない」状態です。誤解を避けるため、ここでは「場面緘黙」という用語を使ってお話ししていきます。

どこかで聞いたことがある話だなと思いつつ読み進めたら、『場面緘黙Q&A』や、同書を手がけた緘黙支援団体ウェブサイトの紹介が。日本でも緘黙支援団体が、こうした専門雑誌で紹介されるようになったということで、なかなか興味深いです。

場面緘黙症について、分かりやすくまとめられてあると感心しました。

■ 『教育ジャーナル』2008年1月号

『教育ジャーナル』2008年1月号に、「『場面緘黙症』の子どもの気持ちを知ってください」という記事が掲載されました。これについては既にお話しました。興味のある方は、以下の記事をご覧下さい。

「緘黙の子の気持ち、知って」
(新しいウィンドウで開く)

■ 『日本医事新報』2007年4月21日号

『日本医事新報』という雑誌の2007年4月21日号(No. 4330)に、

「こどものこころの症状に気づいたら 第6回 家の外では話をしない-選択性緘黙」

と題する記事が3ページにわたって掲載されています。著者は、子どもを対象にした心療内科の方です。

最近の英語圏の研究動向をも参照し、場面緘黙症について簡潔に、しかし実に的確にまとめています。

医師が場面緘黙症を解説したものはこれまでにもいくつか読んだことがあるのですが、いずれもよくまとめられてあり、さすがは専門家、緘黙についてよく理解していると頼もしく思えました。しかし、ネット上では、医師に緘黙について診てもらったところ不満を感じたという人の声をちらほら聞くこともあります。このギャップは、いったい何なのだろうと不思議に思います。

姉妹ブログ「友達がいない子」を開設

2008年12月13日(土曜日)

先月、姉妹ブログ「友達がいない子」を開設しました。いつこのブログでご紹介しようかと思っていたのですが、ブログが軌道に乗り始めたこの機会に、ご紹介することにします(拙いブログですが…)。

友達がいない子
(新しいウィンドウで開く)

この姉妹ブログは、タイトル通り、友達がいない子をテーマにしたものです。以前、このブログで坂野雄二氏の『無気力・引っ込み思案・緘黙』という本をご紹介しましたが、この本に出てくる「引っ込み思案」を、ある程度意識しています(もっとも、友達がいないことと、引っ込み思案とは厳密には別物です)。

他の子どもと交流を持ちたいにもかかわらず、不安が強すぎてできない子どもたちがいます。こうした子どもたちを、多くの論者は、引っ込み思案児の分類の一つに挙げています。

坂野氏は引っ込み思案と緘黙を明確に区別していますが、区別するにしろしないにしろ、不安が強すぎる緘黙の子どもたちは、思うように他の子どもと交流を持ったり友達を作ったりできない子がほとんどではないかと思います。場面緘黙症の子どもは学校で話せないことが主に問題視されますが、こうした対人関係の問題も見逃せません。

姉妹ブログは、いつまで続くか分かりませんが、不定期に更新し続けたいと思っています。なお、姉妹ブログができても、「場面緘黙症Journal」は今後も更新を続けますので、ご心配なく!