緘黙児の親のことも、調べる

2009年01月29日(木曜日)

このブログでは、ときどき場面緘黙症の論文を取り上げています。私は専門家ではないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。

今回の論文はこれです。前回お話したDNAの研究と同じ研究グループによるものです。

Chavira, D.A., Shipon-Blum, E., Hitchcock, C., Cohan, S., and Stein, M.B. (2007). Selective mutism and social anxiety disorder: all in the family? Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry, 46(11), 1464-1472.

2007年11月号のある学術雑誌に発表された、比較的新しい研究です。

■ 概要

場面緘黙症だったことのある子70名、緘黙だったことのない子31名、その生物学上の親それぞれ70組、31組について、様々なことを調べています。

その結果分かったことのうち、主なものを挙げます。

○ 緘黙経験児は、そうでない子に比べて、社会恐怖症(社会不安障害)や分離不安障害を経験した子の割合が多いこと。なお、緘黙経験児70名全員が社会恐怖症を経験(うち、全般性社会恐怖症69名、非全般性社会恐怖症1名)。

○ 緘黙経験児の親は、そうでない親に比べて、全般性社会恐怖症や回避性人格障害を持ったことのある人の割合が多いこと。

○ 緘黙経験児の親は、そうでない親に比べて、神経症的傾向が高く、開放性が低いこと。

こうした結果をもとに、家族性や遺伝等について考察されています。

■ 所感

私なりに気づいたこと考えたことをまとめます。






緘黙児の家族のDNA

2009年01月24日(土曜日)

場面緘黙症児の家族のDNAサンプルを集め、研究に役立てようとする動きが、アメリカでありました。以下の文章は、その証拠です。

This study is part of a larger project that includes the collection of DNA samples from families of children with SM.

Chavira, D.A., Shipon-Blum, E., Hitchcock, C., Cohan, S., and Stein, M.B. (2007). Selective mutism and social anxiety disorder: all in the family? Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry, 46(11), 1464-1472. より

引用分は2007年5月に受理された論文からのものですから、比較的最近の話です。

このプロジェクトに関わっているのは、カリフォルニア大学の研究グループや、アメリカの緘黙支援団体 Selective Mutism Group の Elisa Shipon-blum(エリザ・シポンブラム)博士です。少し前まで、カリフォルニア大のウェブサイト上に、一般の方へ研究の協力を呼びかけるページが確かあったと思うのですが、現在探しても見つかりません。

場面緘黙症をDNAから解明しようという試みは、少なくとも私は他に聞いたことがありません。本当に生物学的に研究が行われているんだなと感じます。

DNAを集めて一体どういうことが分かったのか。私の知る限り、これはまだ発表されてはいません。

どうして家族のDNAを集めるのかというと、それはやはり、場面緘黙症の発症に遺伝が関与しているかどうかを調べようとしているからでしょう。「場面緘黙症の遺伝子」が特定されるのか。そこまでは行かなくても、なんらかの遺伝の関与が明らかになるのか。それとも、遺伝の関与は認められないのか。

真実を明らかにすることは大事であり、この研究結果も発表されて欲しいと私は考えています。しかし、研究結果によっては、知ってショックを受ける人も出てくるかもしません。

インドネシアの緘黙記事

2009年01月17日(土曜日)

インドネシアの okezone というメディアが、現地時間16日に場面緘黙症の記事を配信し、これがインドネシアの msn(日本にもあるマイクロソフト社のポータルサイト)など各種サイトに掲載されました。

連日の更新になりますが、今回はこの記事を読んだ感想を書きます(ああ、私の演歌趣味の記事が、どんどん下に埋もれていく…)。

* * * * * * * * * *

記事のタイトルは "Mutism, Bukan Diam Biasa" です。内容は、実例を交えた、場面緘黙症の簡単な紹介です。緘黙を知らない一般の人向けに書かれているようです。

記事の内容は、オーソドックスなものでした。インドネシアですが、場面緘黙症について何か特別変わったことが書かれてあったわけではありません。少し驚いたのは、アメリカの Elisa Shipon-Blum 博士(エリザ・シポンブラム博士)や、博士が関わるアメリカの緘黙支援団体の名前が出ていたことでしょうか。

私がインドネシア語で場面緘黙症について書かれたものを読んだのは、おそらくこれが初めてです。やはりインドネシアにも場面緘黙症はあるようで(発症率は知りませんが)、世界中で緘黙の子ども達がいるということを改めて確認しました。

記事を読む限り、インドネシアの専門家は、場面緘黙症を英語圏の専門家と同じように理解しているようですが、これはそれだけインドネシアでも緘黙の研究が進んでいるということなのか、それとも、逆にほとんど研究が進んでおらず、英語圏の研究成果をそのまま輸入しているということなのか。

場面緘黙症がメディアで取り上げられるというと、何らかの支援団体が背後にある場合もあるのですが、このインドネシアの記事の場合、そうした背景はなさそうで、いったいどういう経緯で今回の記事がまとめられたのか興味があります。まさか、アメリカの支援団体が、インドネシアのメディアにまで働きかけたとも思えませんし。

なお、私は Google の翻訳ツールでインドネシア語を英語に変換し、読みました。