フェイディング法に対人関係ゲームを加える

2010年04月27日(火曜日)

このブログでは、時々緘黙症の論文を取り上げています。私は専門家ではないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。今回は、これです。

◇ 沢宮容子, 田上不二夫 (2003). 選択性緘黙児に対する援助としてフェイディング法に対人関係ゲームを加えることの意義. カウンセリング研究 36(4), 380-388.

■ 概要

場面緘黙症の事例です。緘黙の幼稚園児A子さん(5歳)に対して「フェイディング法」と「対人関係ゲーム」を行っています。同時に、家庭、幼稚園など緘黙症児をとりまく集団に対して認知行動療法的アプローチを実施しています。これにより、症児の発話の頻度を高めることに成功しています。

■ 所感・所見

◇ 日本でもフェイディング法

今回場面緘黙症児に行われたフェイディング法は、症児が家族と話している最中に徐々に人が姿を現す fade-in と、家族が姿を消していく fade-out からなります。

このフェイディング法は、The Selective Mutism Resource Manual 等で紹介されている sliding in という技法と重なるところがあります。ですが、この論文の著者は、そうした海外の文献を参照したわけではなさそうです。著者はフェイディング法について、松村茂治氏の『教室でいかす学級臨床心理学』を2度にわたって引用しているため、松村氏の著書等を特に参考にしたのかもしれません。この松村氏の著書には、緘黙についての記述があるようですが、私は内容を直接確認していません。

※ なお、これとは別に、松村氏は、場面緘黙症の子にフェイディング法を行った事例を発表しています。詳しくは、「クラスのなかの場面緘黙」参照。

場面緘黙症児への行動療法というと英語圏の手法がよく引用されますが、日本でも緘黙への行動療法の蓄積が全くないわけではありません。






骨折しても助けの声を出せなかった子、Twitter

2010年04月20日(火曜日)

イギリスの高級紙でも最も発行部数の多い The Daily Telegraph に、場面緘黙症を主題とする記事が掲載されました(電子版で確認)。記事のタイトルは Selective mutism: Speaking up for silent treatment で、記事の公開日は4月16日です。

2月のBBCと言い(「英BBC、デイリーメール紙で緘黙が」参照)、場面緘黙症が大手メディアで取り上げられるイギリスの状況は羨ましい限りです。ただ、こうした記事が出るということは、イギリスでも、場面緘黙症がいまひとつ認知されていないことの裏返しではないかと私は見ています。

記事の内容は、場面緘黙症や緘黙の子への正しい対応、治療法を、実例を交えながら概説したものです。この種の記事としてはオーソドックスな内容と言えます。実際の緘黙の子を取材して実名入りで写真まで撮って新聞に載せていますが、これも英語圏ではそれほど珍しい話ではありません。記事掲載を了解した本人や家族には頭が下がる思いです。

記事の中で、Maggie Johnson(マギー・ジョンソン)氏が、効果的な治療法として sliding in(スライディング・イン)というテクニックを挙げていますが、Maggie Johnson 氏らしいです。これはかなり大雑把な言い方をすると、場面緘黙症の子が親等と話している最中に、少しずつ人を入れていくという手法です。この手法は、Maggie Johnson 氏も著者の一人として名を連ねた The Selective Mutism Resource Manual で説明されているほか、『場面緘黙Q&A』の中でも簡単な解説があります(コラム88)。

ちょっと気になったのは、腕を骨折したにもかかわらず、助けの声を上げられなかった緘黙の子の話です。Maggie Johnson 氏がこの話をしています。これと似た話は『場面緘黙へのアプローチ』にもあるにはあるのですが(63ページ)、やや珍しい話ではないかと思います。その一方で、Resource Manual では、緘黙の子は、非常時になるとたいてい(more often than not、つまり50%以上)声を出すとも書かれています(19ページ)。このあたり、どうなのでしょうか。

■ Twitter(ツイッター)

ところで、実は私は Twitter に登録していて、The Daily Telegraph の話題も既に Twitter で投稿していたのでした。

↓ Twitter での私の投稿
http://twitter.com/nesamimus新しいウィンドウで開く

ある程度継続して利用するまで、このブログでは知らせないでおくことにしていたのでした。なぜなら、「Twitter 始めたよ~!」と宣伝したものの、やっぱりすぐにやめたとか、そうしたことになれば恥ずかしいからです。Twitter では緘黙以外のことも書いています。どちらにしろ、大したことは書いてません。


[緘黙] 高校入学 [ストーリー]

2010年04月15日(木曜日)

新学期スペシャル!今回も引き続き緘黙ストーリーです。今回は高校生編の第2回です。通算第60話をお届けします。

前回の話⇒こちら / 緘黙ストーリーの目次⇒こちら / あらすじ⇒こちら

* * * * * * * * * *

私はη高校の入学式の日を迎えました。

■ η高校

私が入学するη高校は、男女共学の全日制私立高校でした。η高校は生徒指導に熱心な学校で、校則も厳しめでした。男子の制服は伝統的な詰襟学ランでしたが、女子は現代的なブレザーで、特に女子のブレザーは可愛いと(一部で)評判でした。

η高校には不良が多いという噂がありましたが、通学していくうちに、それは全くの間違いであることに気づくことになります。いずれにせよ、世間から悪いイメージを持たれている私立高に進学した以上、高校在学中にはしっかり勉強して、大学受験で挽回しなければなりませんでした。緘黙を治すとか、勉強以外のことを考える余裕はないと私には思えました。

■ 特別進学コース

私は普通科に入学したのですが、この普通科の中には、「特別進学コース」というコースがありました。これは難関大学合格を目標としたコースで、受験に最適化したカリキュラムを組み、ハイレベルな授業を行っていました。

私はこの特進への進学を希望し、入学前に申請したのですが、入学式の日のクラス発表で希望が通らなかったことを知りました。特進は毎年定員を超える希望者があるため、入学試験の点数を基準に選抜が行われると私は聞いていました。ですから、どうやら自分は入試時の点数が悪かったのだろうとそのときは思いました。

公立高に落ち、特進にも落ち、私としては底からのスタートでした。