続・コミュニケーション偏重主義

2011年01月25日(火曜日)

私は「緘黙ストーリー」と題して、自分のかつての緘黙?体験を連載しています。緘黙ストーリーでも書いている通り、私の場合、場面緘黙症?だったと言っても、学校では必ずしもつらい思いばかりしていたわけではありません。こうした緘黙の経験者は、もしかすると珍しいかもしれません。

特に大きかったのは、たとえ極端に引っ込み思案で話をすることができなくても、クラスメイトは私のことを「頭がいい」「真面目」な生徒として評価してくれたことです(実際、そんなに頭は良くなく、真面目でもなかったのですが……)。よいクラスメイトに恵まれたと思います。もちろん、緘黙だと学業等にも影響が出てきますけれども、それでも、例えば勉強ができるとか芸術面で才能が発揮できるなど、何か得意分野があれば、学校に居場所を見つける可能性も少ないながらもあるのではないかと思えます。

児童心理 2011年 02月号 [雑誌]しかし、もしかしたらこのような考え方は牧歌的な時代のものではないかという思いも私の頭の片隅にあります。今月号(2011年2月号)の金子書房の雑誌『児童心理』、斉藤環氏(精神科医)による寄稿「群れる力と群れない力」によると、「コミュニケーション偏重主義」が、今の思春期あたりの子どもたちを強力に支配しており、「いまやコミュニケーション以外の才能は、ほぼ顧みられることがなくなった」(26ページ)のだそうです。特に、「的確に場の空気を読む能力」「笑いを取る能力」が子どもにとっては重要なのだそうです。これをどこまで信じればよいのか私には分かりませんが、もし斉藤氏の指摘が事実なら、たとえその子に何か長所があっても、子どもたちの間で評価されるようなコミュニケーション・スキルがない緘黙の子は、昔以上に学校で居場所を見つけるのは難しい時代です。

上記のような子どもたちの間での価値観は、大人から見れば狭い世界のものでしかないようにも思えますが、子どもにしてみれば重要なことに違いありません。もっと子ども同士がお互いを多面的に評価できるようになればと思うのですが。いずれにせよ、私の緘黙ストーリーは、少なくとも10数年は昔の(特に小学校時代の話となると、それ以上の相当昔です)あくまで一個人の体験であり、ここから現代の緘黙児支援について一般的な教訓のようなものを引き出そうとすれば、注意した方がよさそうです。

ところで、今月号の『児童心理』では、場面緘黙症についてわずかですが言及があります。斉藤氏の上記の寄稿のほか、編集後記、さらには来月号予告にも「緘黙」の文字が見えます。来月号の同誌には、角田圭子氏による緘黙についての記事が載るそうです。

[関連記事]

◇ 若い世代で顕著?コミュニケーション偏重主義


[緘黙] 富条君の笑顔を見たい! [ストーリー]

2011年01月18日(火曜日)

このブログでは、私の過去を連載形式で振り返っています。今回は高校生編の第11回です。通算第69話をお届けします。

前回の話⇒こちら / 緘黙ストーリーの目次⇒こちら / あらすじ⇒こちら

* * * * * * * * * *

■ 新クラスの印象

高校2年の新クラス(特別進学クラス下位)は、大人しくて真面目な人が多い印象でした。授業中、生徒は静かに教師の話を聴き、教師が板書したものをコツコツとノートにとるだけという、そうした様子でした。大人しい私にはなじみやすい雰囲気でしたが、担任のD先生には物足りなかったようです。

ただ、一部の男子生徒はギラギラした雰囲気を漂わせていて、学業成績、偏差値、難関大学への合格に強いこだわりを持っている様子をうかがわせていました。

女子にはギラギラした人は見かけなかったのですが、一部に、異性への強い関心を隠さない人が見受けられました。とある女子グループなどは、昼食中、どの男子が好みかという話をしていました。妙なことに、その中の一人は「私は富条君がいいなぁーっ!」などと元気に発言、私には丸聞こえで、食べたものがのどに詰まりそうになりました。私は一部の女子から「異性」と見られていると感じ始めていましたが、自分のような緘黙男のどこがいいのか、不思議でなりませんでした。

■ 隣の席のMさんについて

新学期が始まって1ヶ月の間は、私はMさんのお隣の席でやっていくことになりました。

Mさんと私は、小学校の頃の同級生でした。小学校当時、Mさんは私のことが好きなのではないかという噂が流れていたのですが、お互い疎遠なまま卒業し、真相も不明に終わっていました。この新クラスでも、席が隣になったとはいえ、お互い疎遠なままでした。Mさんの話し相手はもっぱら近くの席の女子生徒でしたし、私は緘黙でしたから、自らMさんに話しかけたりはしませんでした。

ただ、Mさんは面と向かっては私と話をしないのに、私のいないところでは、友達に私のことを色々と話しているような節がありました。陰口というよりは、どうも私のことを好意的に話している様子でした。オナゴのすることはよく分かりませんが、まあ言わせておけばいいと思っていました。






緘黙児の家族のDNA調査、続報

2011年01月11日(火曜日)

ちょうど1年ほど前、「緘黙児の家族のDNA」という記事の中で、場面緘黙症児の家族のDNAサンプルを集め、研究に役立てようとする動きがアメリカであったというお話をしました。

場面緘黙症Journal記事「緘黙児の家族のDNA」
新しいウィンドウで開く

その続報です。どうやらその研究成果とみられる論文が出ました。

Stein, M.B., Yang, B.Z., Chavira, D.A., Hitchcock, C.A., Sung, S.C., Shipon-Blum, E., and Gelernter, J. (2010). A Common Genetic Variant in the Neurexin Superfamily Member CNTNAP2 Is Associated with Increased Risk for Selective Mutism and Social Anxiety-Related Traits. Biological Psychiatry. Advance online publication. doi:10.1016/j.biopsych.2010.11.008

著者にはカリフォルニア大学所属の研究者や、米緘黙支援団体代表のエリザ・シポンブラム博士の名前があることから、例の研究プロジェクトの一環と見て間違いなさそうです。

研究の内容について所感や所見を書くのは、今回は控えます。内容についても今のところ書きません。なぜなら、私はまだこの論文の要約を読んだだけで、本文はまだ読んでいないからです(スミマセン……)。今日はとりあえず、ご報告まで。以前お話した、場面緘黙症の遺伝子レベルでの研究が発表されたというお話でした。

この論文の要約を読まれたい方は、以下のリンクをご参照のこと。PubMed(英語ページ)へのリンクです。場面緘黙症と関係がある?具体的な遺伝子の名前まで出ています。自閉症スペクトラム障害についても。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21193173
新しいウィンドウで開く