ここ数年、緘黙支援で新たな動きが出た経緯

2011年05月24日(火曜日)

ここ5~6年の間に、日本では場面緘黙症の支援で新しい動きが見られます。場面緘黙症に関する支援団体ができて、緘黙をテーマとした本が相次いで出版されたり、シンポジウムやセミナー等が開かれたり、啓発活動が行われたりしています。

ですが、いったいどうしてこの数年の間に急にこうした動きが出てきたのでしょうか。このあたりの経緯を、簡単にまとめてみます。

■ 緘黙は1950年代には学術文献に登場

場面緘黙症は、ここ数年の間に急にできた新語ではありません。緘黙の研究で最も歴史があるドイツでは、1930年代に初期的な研究が現れます(比較までに、自閉症の研究は、1943年のレオ・カナーの報告から始まったとされます)。

日本では、緘黙は1950年代には学術文献等で見かけるようになります。当時から、「緘黙」という呼称が用いられていました。それ以降、緘黙症児は、必ずしも認知度は十分に高いとは言えないものの、学校や専門機関等で支援の対象とされてきました。

■ 新しい動きが起こったのは2005年の後半あたり

新しい動きは、2005年の後半あたりに起こり始めました。ネット上で、日本の緘黙症児支援の現状に対して疑問を投げかける声が、一部であがったのです。たとえば、アメリカやイギリスでは1990年代に入って緘黙に関する支援団体が生まれ、また、支援のノウハウも広まっているのに、日本は……といった具合です。要するに、日本の緘黙症児支援は海外(特に、英語圏)に比べると遅れているという意見です。弥生桜さん(現・かんもくの会代表)が、その端緒だったろうと思います。

こうした問題意識のもと、かんもくの会(2006年8月設立)と、かんもくネット(2007年4月設立)が誕生しました。こうした団体が、書籍の出版に関わったり、啓発活動を行ったりするなど、新しい動きの原動力となっています。

なお、私が場面緘黙症Journal を始めたのもこの時期です。2005年12月に、あるブログで緘黙に関する記事を書き始め、翌2006年1月に、それを場面緘黙症Journal として独立させました。あの頃は、「日本は遅れている、海外(特に、英語圏)は進んでいる」ということを盛んに書いていたような覚えがあります。


教師の研修報告に『場面緘黙児への支援』

2011年05月17日(火曜日)

愛媛県総合教育センターから出ている『長期研修講座研究集録』に、場面緘黙症に関する研修報告が載っています。2008年、実践協力校教師33名を対象に、場面緘黙症についての意識調査、啓発資料作成、校内研修などが行われたそうで、その報告です。

この報告は、大変興味深いです。2007年に出版された『場面緘黙児への支援』の技法が、緘黙の子の個別支援で大幅に取り入れられているからです。つまり、「人」「場所」「活動」の統合的な階段を考えながらスモールステップを踏んだり、支援チームを組んだりといったことが行われています(かんもくの会の方、この研修報告はご存知でしょうか?)。また、2008年に出た『場面緘黙Q&A』も、報告書の中で引用されています。日本でも、インターネットから場面緘黙症の支援団体が生まれましたが、その活動から生まれた書籍が、教師の研修の際に重要な参考資料とされていたことを示しています。

また、教師の意識調査も興味深いです。ときどき、学校の教師の中には場面緘黙症のことを知らない人がいるという声を耳にすることがありますが、具体的に何パーセントの教師が場面緘黙症のことを知っているとか、そうした定量的な実態の把握をしている人はそうはいないのではないかと思います。今回の調査は価値ある調査であるとともに、認知度調査の必要性についても考えさせられます(といっても、私に調査はできないのですが……)。

[文献]

◇ 高市秀昭(2008). 場面かん黙児に対する学校としての支援の在り方-教師への啓発と支援プログラムの実践を通して-. 長期研修講座研究集録, 73-76.


最近緘黙を知った、もっと深く知りたいという場合

2011年05月10日(火曜日)

場面緘黙症を最近になって知ったという保護者の方から、もっと緘黙のことを知りたいがどうすればよいかと尋ねられることがあります。私は専門家ではないので、恐縮しながら私なりの考えをお伝えしています。

私のつたない考えをお話しすると、まずは、場面緘黙症についてまとまって書かれたものを読むのが早道ではないかと思います。ときどき社交辞令か、「場面緘黙症Journalを読んで勉強させていただきます」とおっしゃっる方がいらっしゃいますが、最初の段階では、まず以下でお話しするような書物や資料に目を通して、緘黙について一通りまとまった知識を得る方が有益ではないかと思います。場面緘黙症Journal からは、断片的な知識しか得られないからです(こう書いたら、このサイトへの訪問者数がますます減りそうですが……)。

■ ネットで読める Knet資料

手っ取り早く読めるのは、このサイトからも長年リンクをしている、かんもくネットさんの Knet資料 です。専門家による場面緘黙症の解説等を読むことができます。別に、このサイトからリンクをしているからおすすめしているわけではありません。純粋に内容がよいと思うからです。

資料の著者として名前が挙がっている「SMartセンター」は、アメリカにある場面緘黙症の研究治療センターです。また、「SMG~CAN」「SMIRA」は、それぞれアメリカ、イギリスの大手緘黙支援団体です。いずれの団体も、緘黙の支援については世界でもトップクラスで、専門家も関与している団体です。

■ できれば本を

ですが欲を言えば、以下でご紹介する、緘黙を主題とした本を読むことをおすすめしたいです。買って手元に置くのが一番よいと思いますが、図書館によっては所蔵しているところもあるので、これを利用するのもよいでしょう。以下では、Amazon.co.jp へのアソシエイトリンクを貼っています。

◇ 最初の1冊は『場面緘黙Q&A』か

独断と偏見に満ちた意見かもしれませんが、私なら、最初の1冊としてまずは『場面緘黙Q&A』をおすすめします。内容も、緘黙の理解、対応、実践と包括的で、しかも分かりやすくまとめられている点が、おすすめの理由です。なお、この本には、場面緘黙症Journal についても書かれてありますが、これを理由におすすめしているわけではありません。この本が売れても、私に印税は入りません。

◇ 『アプローチ』『支援』『心理と指導』は2冊目以降か

類書には、『場面緘黙へのアプローチ』、『場面緘黙児への支援』、『場面緘黙児の心理と指導』があります。これらの本も勉強になります。ですが、私ならば、これらは『Q&A』を読まれた方が、さらに深く学びたいという場合におすすめしたいです。