『場面緘黙児の支援』によく出てくる論文

2011年08月30日(火曜日)

このブログでは、ときどき場面緘黙症の論文を取り上げています。私は専門家ではないのですが、自分自身の勉強も兼ねて。

今回の論文はこれです。

Cunningham, C.E., McHolm, A., Boyle, M.H., and Patel, S. (2004). Behavioral and emotional adjustment, family functioning, academic performance, and social relationships in children with selective mutism. Journal of Child Psychology and Psychiatry, 45(8), 1363-1372.

■ 概要

場面緘黙症児52名について、様々なことを調べています。また、緘黙ではない子52名(対照群)の調査も行い、緘黙症児と比較しています。

■ 所感・所見

この論文は、『場面緘黙児への支援』(原題 Helping Your Child With Selective Mutism)でよく引用されているため、今回取り上げました。この本を読むと、序盤の方で (Cunningham, et al., 2004) という表記を見かけることがありますが、それは、この論文からの引用であることを示しています。

今回の論文は研究方法がしっかりしていて、多少の方法上の限界はやはりあるものの、信頼できそうです。

まず、対象群を設け、緘黙症児と比較を行っています。

また、親と教師の双方の視点から、緘黙症児を調べています。緘黙症児は多くの場合学校に限って話せないため、親と教師では評価が異なってくるでしょうから、もっともなことに思えます。

親の養育態度は、リッカート尺度というもので点数化した上で、緘黙症児とそうでない子の親の養育態度を統計的に比較しています。昔の日本の緘黙研究などを見ていると、溺愛、過保護、拒否的といった親の養育態度の特徴が緘黙症児の親に見い出せたというような話を見ることがあるのですが、どういった基準で溺愛等と言っているのかが分からなかったり、また、緘黙でない子との比較も行われていなかったりする場合が多いです。

一つ気になったのは、いじめに関してです。今回の研究では、緘黙症児は、緘黙でない子と比べて特に多くいじめを受けているわけではないという結果が出ています。ただ、これは親と教師による報告です。もしかすると、親や教師は、子どものいじめを必ずしも十分に把握してはいないかもしれません。この研究方法上の限界は、今回の論文にも触れられています。ですが、『場面緘黙児の支援』では、このあたりの細かい話は省略され(無理もないのですが)、単に「緘黙児が他のこどもよりも極端にからかわれたり、いじめられたりしているということはないようです」(25ページ)と書かれているにとどまっています。


国会や地方議会で、緘黙が話題になったことがあるか

2011年08月23日(火曜日)

国会や自治体の議会で、場面緘黙症が話題になったことがあるかどうかを調べたことがあります。

残念ながら、ほとんど話題になったことはないようです。たまに話題になっても、多くの場合、軽く触れられる程度です。もっとも、全ての自治体の議会を調べることはできませんでしたし、あまり昔の会議録を調べることもできなかったのですが。

どうやって調べたかというと、インターネットでです。下記の検索サイトで「緘黙」などと検索すると、「緘黙」という文字が載った会議録が検索結果として出てきます。便利な世の中です。ただ、場面緘黙症とは無関係の会議録が出てくることもあります。

↓ 国会の会議録を検索できます。

国会会議録検索システム国会会議録検索システム

↓ 全国の自治体の会議録を検索できます。ただ、全ての自治体をカバーしているわけではないようです。また、あまり昔の会議録は検索できません。

会議録検索ナビ会議録検索ナビ

個人的に興味深いと思った緘黙関連の会議録について、いくつかお話しします。

まずは、国会会議録検索システムで見つかる、昭和60年2月22日の衆議院予算委員会の会議録です。当時衆議院議員だった石原慎太郎氏が、緘黙児を含む情緒障害児に対する文部省の対策について質しています。ただ、石原氏の(当時の?)情緒障害児に対する見方は、ちょっと賛同できません。そもそも、「情緒障害児」の意味も、当時と今とは違うようです。

地方議会で面白いと感じたものは、まず、国分寺市議会平成19年第2回定例会(6月11日)における、片畑智子氏の発言です。特別な支援を必要とする子は、いったいどういった子まで含まれるかの判断は、自治体によって多少差があることが窺われます。

ほかには、高知県議会平成8年2月定例会(3月6日)。中沢潤二氏がいじめ問題について質す場面ですが、この中で、ある緘黙の少女とその母親の話について長く紹介する場面があります。この話の出典については触れられていませんが、石川百合子、石川麻利両氏による『負けたらあかん!』と見て間違いないでしょう。

最後は、豊中市議会平成4年3月定例会(3月11日)。以前お話しした、いじめで亡くなられた、場面緘黙症と知的障害があった女子中学生の話があります。

[追記]

会議録検索ナビのリンクを訂正しました。失礼いたしました。(2011年8月29日)


CEOは緘黙経験者(米)

2011年08月09日(火曜日)

アメリカのニュースサイト Aol Healthy Living に7月22日、Restaurant.com という企業のCEO(最高経営責任者)で、また創業者でもある Cary Chessick 氏の横顔を紹介した記事が掲載されました。

記事によると、同氏は場面緘黙症だったそうです。どのようにシャイネスを克服したかについても触れています。ただ、記事の中で緘黙について言及されている箇所は少ないです。

本当はシャイだけれども、社交的なようにふるまって仕事をこなす……緘黙は克服したもののいまだシャイな Chessick 氏の仕事術です。似たようなことをしている CEO はアメリカにはほかにもいるようで、外交的にふるまう技術を身につけている内向的な CEO の話を USA TODAY という新聞で読んだこともあります(※厳密には、シャイなことと内向的なこととは違います)。シャイな人にとっては、これも生きる道の一つでしょう。ただ、緘黙経験者にとっては、これは緘黙がある程度軽快してからの話になるだろうと思います。場面緘黙症が軽快していない段階だと、社交的なようにふるまうことすらできなさそうです。

かつて場面緘黙症を経験した方が起業し、経営を軌道に乗せて成功している話は、他国の話とはいえ明るい希望を感じさせます。子どもが緘黙というと、その子の将来を心配する人もいるかもしれませんが、こういう例もあります。

[文献]

◇ Fox, M. (2011, July 22). The life out loud: A CEO pays it forward. Aol Healthy Living. Retrieved from http://www.huffingtonpost.com/meimei-fox/pay-it-forward-restaurantcom-ceo-cary-chessick_b_903630.html

◇ Jones, D. (2006, June 7). Not all successful CEOs are extroverts. USA TODAY. Retrieved from http://www.usatoday.com/money/companies/management/2006-06-06-shy-ceo-usat_x.htm