緘黙・2012年の十大ニュース

2012年12月18日(火曜日)

私の独断と偏見で選ぶ、緘黙関係の2012年の十大ニュースです。今年はランキング形式はやめます。なお、過去にこのブログで記事にしたものについては、該当記事へのリンクも貼っています。

[2月 医師国家試験で、緘黙の理解を問う問題が出題される]

今年行われた第106回医師国家試験A問題50は、選択緘黙(場面緘黙症)の理解を問うものでした。

↓ 厚労省HPへのリンクです。
※ 第106回医師国家試験の問題および正答について
新しいウィンドウで開く

[3月頃? 長野県に、新しい緘黙の支援団体ができる]

この団体には、大学の先生が関わっています。活発な活動を行っているようです。

[4月 英大衆紙 DailyMail に緘黙の記事]

英国でも特に発行部数が多く、アクセス数もある大衆紙に、緘黙を主題とした記事が掲載されました。

※ ブログ記事・人気大衆紙DailyMailに緘黙の記事
新しいウィンドウで開く

[5月 緘黙経験者が、ロンドン五輪の聖火ランナーに]

緘黙を克服した男性がロンドンオリンピックの聖火ランナーになり、メディアでも取り上げられました。ロンドンオリンピック・パラリンピックのウェブサイトにはこの男性の紹介ページが設けられたのですが、その中では緘黙に関わる話が全体の記述のおよそ半分を占めていました。

※ ブログ記事・緘黙を克服し、ロンドン五輪の聖火ランナーに
新しいウィンドウで開く

[5~8月 ダイヤモンド・オンラインに、大人の緘黙症に関する記事が繰り返し掲載される]

『週刊ダイヤモンド』で知られるダイヤモンド社のビジネス情報サイトに「『引きこもり』するオトナたち」という連載があるのですが、その中で、大人の緘黙症に関する記事が4回にわたって掲載されました。ネット上では反響が大きかったです。

※ ブログ記事・ダイヤモンド・オンラインに“大人の緘黙症”の記事
新しいウィンドウで開く






[緘黙] 続・意中の先生と接触する [ストーリー]

2012年12月03日(月曜日)

このブログでは、私の来し方を振り返り、連載形式で書き続けています。今回は大学生編の第9回です。通算第91話をお届けします。

前回の話⇒こちら / 緘黙ストーリーの目次⇒こちら / あらすじ⇒こちら

* * * * * * * * * *

大学2年の前期、私は変わらず大学に通い続けていました。

S先生の講義にも出席を続けていました。S先生は、この大学に長年勤務されている男性教授でした。私の意中の先生で、私としては、大学2年後期から始まるプロゼミ(ゼミの入門版)は、この先生のところに入りたいところでした。

そこで先日、私はこの先生の研究室にお邪魔したのですが、何も話せず、先生のお話を長時間聞くだけに終わってしまいました(前回の話参照)。先生のご迷惑にならなかったでしょうか。また、変な学生と思われなかったでしょうか。

■ 先生に誘われる

ある日、S先生の講義が終わった後のことです。講義室の最前列の席あたりで、例の大阪弁の男子学生が友人たちと談笑していたところ、S先生が彼らを研究室に誘われていました。学業の話というよりはむしろ、単に学生と交流を深めようということのようでした。そしてS先生は続けて、「そこの彼も連れて行きなさい」と告げました。「そこの彼」とは、教壇のすぐ前、同じように最前列に座っていた私でした。

意中の先生に誘われてしまった!私は少し興奮しましたが、それにしてもなぜ誘われたのだろうとも思いました。もしかすると、前回S先生の前では何も話せなかったので、先生としてはもう一度私と会う機会を設けて、私のことを知ろうとされたのではないかと私は推し量りました。