洋書・緘黙児の新学期の不安感の緩和

2013年02月26日(火曜日)

Easing School Jitters for the Selectively Mute Child場面緘黙症の子の支援では、おそらく世界で最も有名ではないかと思われる Elisa Shipon-Blum(エリザ・シポンブラム)氏の著書を1冊読みましたので、その感想のようなものを書きたいと思います。同氏は、場面緘黙症の研究治療センターを運営しているほか、米国では最大手の緘黙支援団体の創設者でもあります。

同氏は多くの著書を出しているのですが、今回私が取り上げる本は、2011年に改訂されたEasing School Jitters for the Selectively Mute Child(第3版)です。本の題名を訳すと、『場面緘黙症児のための学校での不安感の緩和』といったところでしょうか?

対象読者は、緘黙の子を持つ親や教育者、セラピストです。平易な英文で書かれており、分量はペーパーバック版で42ページと少なく、すぐに読み切ることができます。この分量であの価格は、類書に比べるといささか高いような気もしないまでもありませんが、発行元もぎりぎりの価格設定だったのでしょう。

書名の通り、学校での不安感の緩和がテーマですが、特に、新学期(back to school)での不安感の緩和に力点が置かれています。ですが、このテーマについて書かれた部分は、分量としては実はさほど多くはありません。42ページの本書のうち、全体の4割ほどです。

後半は、"Ask The Doc" と題して、緘黙に関してよくある質問とその回答が23例、示されています。これまた全体の4割近くを占める内容です。"Ask The Doc" というと、Shipon-Blum 博士が創設した米国の緘黙支援団体 Selective Mutism Group ウェブサイトに "Ask The Doc Archives" というコンテンツがあり、現在日本のかんもくネットがこれを「SMG~CAN(米国)Q&A」としてその邦訳を掲載しています。両者を少し比較したのですが、両者はそれぞれ違うもののようです(ひょっとしたら、数例ぐらい共通したQ&Aが混じっている可能性もなきにしもあらずですが、そこまで厳密に調べてないので分かりません)。また、緘黙でQ&Aというと、『場面緘黙Q&A』が思い浮かびますが、『場面緘黙Q&A』の質問項目はかなり整理されているのに対し、本書の "Ask The Doc" は、実際にあった緘黙に関する具体的な相談と回答をそのまま掲載したのではと思われるような生々しい質問ばかりです。例えて言えば、場面緘黙症Journal 掲示板に寄せられた相談と回答をそのまま掲載したような感じです。

不安の強い緘黙の子にとって、新学期をどう迎えるかは確かに一つの問題だろうと思います。実際、海外では新学期に備えたワークショップが行われているのを見たこともあります。この問題を取り上げ、緘黙児の心理と対策を具体的に提示した本書は、面白い試みをしたものだと思います。ですが、本の分量やページ配分を見ると、このテーマのみで1冊の本にするのは難しかったのだろうと変な推測をしてしまいます。それにしても、こうした、緘黙児の新学期の不安感の緩和というかなり専門的な問題を扱った本が出たのも、既に米国では緘黙の本が何冊か出ていて、しかもそれが一定の売り上げがあったからではないかと思います。

本書は、ペーパーバック版のほかに kindle という電子書籍版も出ています。私事ですが、私が最初に買った電子書籍が本書です。Amazon.co.jp で決済を済ませるや否や読むことができたので(ペーパーバック版なら、手元に届くまでに数日~数週間かかります)、便利な世の中になったものだと感心したものです。kindle 版の書籍は、Amazon 社から発売されている Kindle Paperwhite 等の専用リーダーや、スマートフォンやタブレット端末向けの kindle アプリ(無料)で読むことができます。


[緘黙ストーリー] なぜ私は緘黙が治ったのか [特別編]

2013年02月19日(火曜日)

これまで「緘黙ストーリー」と題し、92回にわたって自分の来し方を振り返ってきましたが、これには一つの目的がありました。それは、話せるようになった経緯を整理することにより、自分の緘黙?が治った原因を探る手がかりを得ることでした(「自分でも、どうして緘黙が治ったのか分からない」参照)。

前回でとりあえず緘黙?が治ったような気がするので、ここでこれまでの話を振り返り、なぜ話せるようになったのかを考えてみたいと思います。

■ 緘黙?になった期間

小学4年の4月末~大学2年の夏休み頃。この期間およそ10年です。

■ 克服の経過

年々、少しずつ話せるようになりました。

■ 周囲からのサポートの有無

専門機関にかかったことはありませんでした。また、親も私の緘黙?にはこれといった対策をしてはいませんでした(それどころか、問題を認識していなかったと見えます)。

学校の教師もどこまで私の問題を認識していたか分かりませんが、私がクラスで孤立しないよう特別な配慮をいただきました。クラスメイトとコミュニケーションをとりやすい環境や、安心できる教室環境を整えることは、緘黙の克服に役立ったことだろうと思います。これにより、私は学校で完全に孤立することはなく、多くは非言語ではあるもののクラスメイトと多少のコミュニケーションをとることができるようになりました。また、発話を強要するなど、逆効果になるような指導はほとんどありませんでした。

クラスメイトからは多少のいじめがあったものの、症状を悪化させるようなことはあまりされませんでした。中には、積極的に声をかけてくれる好意的なクラスメイトもいました。






米国の緘黙体験記

2013年02月12日(火曜日)

The Girl Who Doesn't Talk: Beyond Shy - A Journey Through Severe Social Anxiety Disorder今回は、最近出た米国の場面緘黙症体験記を読んだ感想を書こうと思います。海外の緘黙経験者が書いた本とはいえ、とても身につまされる内容でした。

本の題名は、The Girl Who Doesn't Talk です。著者は Susanna Klein さんという女性です。2012年に米国より出ている英語の本です。

出版社は iUniverse という自費出版の書物を出版している米国の会社なのですが、面白いことに、巻末には「Produced by Amazon Printed in Japan 落丁、乱丁本のお問い合わせは Amazon.co.jp カスタマーサービスへ」と書かれてあります(私はこの本を Amazon.co.jp で買いました)。

全107ページと本にしてはページ数が少ない上、空きページや空きスペースが多く、それほど時間をかけることなく読み終えることができました。

注意!この先では、本の内容について書いてあります。いわゆる「ネタバレ」もあります。自分も本を読みたいけれど、まだ内容を知りたくないという方は、この先はお読みにならないことをおすすめします。