AAC(拡大代替コミュニケーション)

2013年07月29日(月曜日)

アイキャッチ画像
コミュニケーションに障害(障がい)を持つ人が、筆談やジェスチャー、最近ではスマートフォンやタブレット端末のアプリといった手段を使ってコミュニケーションを図ることがあります。

こうしたコミュニケーションの手段や道具を、福祉や特別支援教育などの分野では AAC(Augmentative and Alternative Communication)というそうです。私もよく知らないのですが、「拡大代替コミュニケーション」「補助代替コミュニケーション」と訳されます。AAC の国際団体のウェブサイトによると、AACとは「個人が日常のコミュニケーション上の困難を解決するために使う、一連の道具や手段」のことだそうです(Burkhart, n.d.)。

AAC の分類として、ノンテク、ローテク、ハイテク技法というものがあります。

〇 ノンテク技法

身振り、手振り、表情などを使ったコミュニケーションです。コミュニケーションに障害がある人のために、その補助をする道具を「コミュニケーションエイド」というそうですが、ノンテクでは道具を使わないことから、「非エイドコミュニケーション技法」とも呼ばれます。

〇 ローテク技法

文字盤、コミュニケーションボード、シンボルなど、非電子的な道具を用いたコミュニケーションです。筆談もここです。

〇 ハイテク技法

VOCA(ヴォカ; Voice Output Communication Aids)と呼ばれる人工音声を用いた携帯用のコミュニケーションエイドなど、電子機器によるコミュニケーションです。最近では、スマートフォンやタブレット端末用のアプリも出ています。

↓ 一般向けの分かりやすい解説です。東京都立心身障害者口腔保健センターのセンターだより。PDFファイル(386 KB)。なお、PDFを閲覧するにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら(新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。
AAC(補助代替コミュニケーション)について
新しいウィンドウで開く






緘黙、新聞雑誌掲載が相次ぐ

2013年07月23日(火曜日)

アイキャッチ画像
今月は、場面緘黙症を主題とした記事が、国内の新聞や雑誌に掲載される例が相次いでいます。そのうちいくつかは Twitter でご紹介したのですが、ブログでもお話しすることにします。

■ 山陰中央新報(7月3日、4日)

「場面緘黙の君と」と題する記事が2日連続で掲載されました。「かんもくネットフォーラム」に詳しいです。

(リンク切れ、都合によりリンク不記載)

■ 京都新聞(7月10日)

「場面緘黙症に気づきと支援」 と題する記事が掲載されました。これも「かんもくネットフォーラム」に詳しいです。

(リンク切れ、都合によりリンク不記載)

■ 北日本新聞(7月18日)

ウェブでは会員登録しなければ全文を読むことのできない記事です。Google ニュース検索では、記事の一部を読むことができます。

Google ニュース検索「緘黙」
新しいウィンドウで開く

加えて、北日本新聞ウェブの「こちら編集局ブログ」では、【デスクの一押し】として「場面緘黙、まずは理解を」という短い記事が公開されています。

場面緘黙、まずは理解を
新しいウィンドウで開く

■ 『みんなのねがい』2013年8月号

みんなのねがい 2013年 08月号 [雑誌]全国障害者問題研究会発行の雑誌『みんなのねがい』8月号に「人として 多くの人に知ってほしい場面緘黙のこと」が掲載されています。著者は場面緘黙を克服し教員をめざす大学生です。

なお、著者を題材とした『~想い かける~』というドキュメンタリー作品(札幌学院大学放送研究会制作)があるのですが、この作品が昨年、NHK大学放送コンテストで優勝を果たしています。

『みんなの願い』は、Amazon.co.jp でも購入が可能です。

↓ 「みんなのねがい Web」へのリンクです。
みんなのねがい 2013年8月号
新しいウィンドウで開く

[関連ページ]

私の Twitter アカウント
新しいウィンドウで開く
↑ Twitter に登録されていない方でもご覧になることができます。緘黙とは無関係のことを投稿することも多いです。


緘黙、新診断基準で「不安障害」のカテゴリに

2013年07月16日(火曜日)

アイキャッチ画像
米国精神医学会による精神疾患の診断・統計マニュアルが今年5月、大幅改訂されました。DSM-5(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)というものです。

この DSM-5 の日本語訳がネット上で公開されています。「選択的緘黙」の邦訳も公開されていて、下記PDFファイル(455KB)2ページ目に記載があります。訳者は精神科医で、「私なりに日本語訳してみました」とのことです。なお、PDFを閲覧するにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら(新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

http://psychonote.up.seesaa.net/image/DSM-5E4B88DE5AE89E99A9CE5AEB3.pdf
新しいウィンドウで開く

訳者のブログ「ぷしこノート」
新しいウィンドウで開く

この邦訳が正しければ、緘黙は従来の「通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害」から「不安障害」のカテゴリに移動した点以外は変更がほとんどないことになります。強いて言えば、「吃音」が "childhood - onset fluency disorder" という未訳の障害名に、「広汎性発達障害」が「自閉症スペクトラム障害」に変わっている点が挙げられますが、これは DSM-5 の障害の名称や定義、分類の変更に対応したものです。

* * * * * * * * * *

現在、この情報の裏付けをとっているところです。本来ならば DSM-5 の本を買って確かめるべきなのでしょうが、高額で、なかなか踏み切れません……。

米国精神医学会は診断基準の変更点の概要(全文ではない)をネットで無料公開していますが、それによると、緘黙については、(1) 不安障害のカテゴリに移動した (2) 診断基準はほとんど変わっていないとのことです。これは本家による発表ですから、間違いはないでしょう。

↓ PDFファイル(417KB)。英語。
Highlights of Changes from DSM-IV-TR to DSM-5
新しいウィンドウで開く

* * * * * * * * * *

なお、DSM-5 の草案では、緘黙は社交不安障害の specifier(特定用語)という扱いでした。この案通りには、ならなかったとみえます。

↓ 草案の案のコピー(いいのかなコピーして?)。英語ページ。
"Specify if: Selective Mutism: 云々とあります。
http://anxietytreatmentclinic.com/blog/social-anxiety-disorder-dsm-v/
新しいウィンドウで開く

[関連記事]

↓ 以前は、こう言われていました。DSM-V とありますが、DSM-5 の誤りです。
◇ 緘黙は社会不安障害の特定用語になる?
新しいウィンドウで開く