緘黙サイトの歴史(下)

2013年08月26日(月曜日)

アイキャッチ画像。2006年12月9日当時の場面緘黙症Journal。
緘黙サイトの歴史(上)」の続きです。

■ 個人ブログの登場(2005年下半期頃~2006年頃)

インターネット上の場面緘黙症の情報というと、昔は個人のホームページによるものが中心でした。ところが2005年下半期あたりからブログによる情報発信が始まり、これがネットによる個人の情報発信の主流になっていきます。個人 HP からブログに転換した人、ウェブ日記のみをブログに転換した人、新しいハンドルネームで新しくブログを始めた人(私のことです)など様々でしたが、ブログで初めて情報発信を始めた人が多かったと思います。ブログのコメント欄は、新たな交流の場となります。

この時期に開設された代表的なブログは、「場面緘黙症専用ブログ」(2005年7月ウェブ日記より移行)「アニマルセラピーやってます♪」(2005年7月開設)「ほんとうは暖かい光が好き」(2005年8月開設)「fu・wa・ri」(2005年10月開設)「緘黙の話」(2005年11月開設)「緘黙らしく、自分らしく」(2006年1月開設)「場面緘黙症Journal」(2006年1月開設)などが挙げられます(いずれも、開設時の名称)。

場面緘黙症Journal も、当初はブログとして出発しました。掲示板やトップページを作り、個人 HP のような形をとったのは、後のことです。「これからはブログが主流で、個人の HP なんて流行らないかもしれないが」などと考えながら、作ったのでした。

なお、「国立特殊教育総合研究所」ウェブサイトで、緘黙についての解説がなされたのはこの頃と見られます。(Way Back Machine によると、遅くとも2006年1月には緘黙の解説があったようです)。

■ 二大緘黙支援団体ウェブサイトの登場と、個人ブログの発展(2007年頃~2009年頃)

ブログが流行り出す中、緘黙支援団体のウェブサイトが登場し、緘黙サイトの歴史は新たな段階を迎えます。「緘黙児を支援する会」(2006年8月サイト開設、現在の正式名「かんもくの会」の方が通りがいいですね)「かんもくネット」(2007年4月サイト開設)の二大緘黙支援団体のウェブサイトの登場です。この2つのサイトは、それまでの個人によるブログや HP にとって代わり、緘黙サイトの代表のような位置付けになっていきます。

両団体誕生の背景は、ネットなしに語ることはできません。「かんもくの会」の創設者は、もともとブログ「ほんとうは暖かい光が好き」で日本における緘黙児・者支援の現状について問題提起を行いネット世論を喚起しようとされていた方で、そうした活動を経て同団体の設立に至っています。「かんもくネット」は、「場面緘黙症Journal」掲示板の交流から生まれました。

両団体のサイトのそれまでにない大きな特徴の一つは、緘黙児・者の支援の必要性を社会に強く訴えようとしたことです。両団体はまた、ネット上にとどまらず、書籍出版や講演、シンポジウム、おしゃべり会などのかたちで現実世界でも活発な活動を行う点も大きな特徴です。それまでにも緘黙のオフ会が開かれていたのですが、両団体の活動により当事者や保護者たちがオフで会う機会が増えていきました。

特にかんもくネットは、緘黙に関する質の高い情報を豊富に提供しました。それまで緘黙に関する客観的な情報はネット上では乏しかったのですが、これにより、ネットの情報は大幅に充実していきます。

当時は、両団体とも(場面緘黙症Journal もそうでしたが)欧米の緘黙児支援をかなり高く評価する傾向があり、欧米の情報や、欧米で主流の行動療法を日本に取り入れようという姿勢がウェブサイトに反映されていました。これもまた、新しい動きでした。






新型掲示板をベータ版から本運用に

2013年08月24日(土曜日)

アイキャッチ画像
場面緘黙症Journal 新型掲示板をベータ版(試験運用版)から本運用に変えました。変えたといっても、掲示板そのものには何の変化もなく、今まで通りご利用いただけます。

○ 新型掲示板新しいウィンドウで開く
○ 従来からの掲示板新しいウィンドウで開く

新型掲示板は、従来からの掲示板にアダルト広告が出るようになったことから、新たに併設したものです。2013年1月14日に「場面緘黙症Journalテスト掲示板」を設置し、試験運用を開始しました。2013年5月24日には「場面緘黙症Journal 新型掲示板【ベータ版】」として衣替えしました。

新型掲示板【ベータ版】の開設から3ヵ月経ちましたが、現在のところ安定的に運用できています。また、従来の掲示板のアダルト広告はいまだに収まっていません。こうしたことから、ベータ版を本運用に変えることにしました。

「新掲示板」ではなく「新型掲示板」としているのは、従来の掲示板に代わる掲示板ではないことを強調したかったことと(あくまで併設)、従来の掲示板に比べるとさらに高機能で新しい技術が使われていることによります。

新型掲示板と従来型の掲示板、お好きな方をお使いください。もちろん、両方をお使いになってくださっても結構です。

■ 両掲示板の比較

両掲示板は似ていますが、多少の違いがあります。どちらも一長一短あります。新型掲示板には、3ヵ月前とは違う新たな特徴もあります。

◇ 新型掲示板

☆ 全体的に従来の掲示板より多機能
☆ 広告が出ない(今のところ広告貼らない方針、少なくともアダルト広告は貼らない)
☆ スマートフォンや携帯電話からも投稿できる上、モバイル端末でも従来型掲示板に比べると閲覧しやすい
☆ 登録ユーザー限定フォーラムあり←NEW!
★ 古いブラウザだと閲覧に難←NEW!
★ 素人の私が自分のサーバーにphp置いて管理しているので、危なっかしい
★ 投稿やユーザー登録、PMが多くなるとレンタルサーバーの関係で重くなりそう
★ 容量も無制限ではないので古いトピックなどは削除するかも(可能性低し)

◇ 従来からの掲示板

☆ 豊富な投稿の蓄積
☆ 容量無制限
☆ プロが運営する掲示板のレンタルなので安定してそう(過去大きなトラブル無し)
★ 無料レンタル掲示板なので広告が出る(アダルト広告が出ることも)
★ 携帯・スマホだと投稿できない、環境によっては閲覧にも難あり、スマホ?だと高頻度でアダルト広告が出る

[関連記事]

↓ 3か月前の記事です。
◇ 新型掲示板【ベータ版】を設置しました
新しいウィンドウで開く


緘黙サイトの歴史(上)

2013年08月19日(月曜日)

アイキャッチ画像
問題。次のウェブサイトまたはコンテンツを、開設年月日が古い順に並べよ(命令口調ですみません。)。

a)かんもくネット
b)日本全国緘黙症・元緘黙症探し
c)場面緘黙症専用
d)場面緘黙症Journal

※ 答えはこの記事の一番下にあります。

* * * * * * * * * *

今日私たちは、場面緘黙症に関する情報をインターネットで簡単に得ることができます。自分が緘黙だったことをネットで知ったという人も少なくなくありません。また、ネット上での関係者の交流が、かんもくネットやかんもくの会といった支援団体の誕生につながり、現実での緘黙児支援にまで影響を及ぼすに至っています。

ですが、緘黙に関するネットの情報は最初から充実していたわけではありません。「緘黙」と検索してもほとんど何もヒットしない時代だってあったのです。今日があるのは、そうした時代から個人でホームページを立ち上げるなどして緘黙の情報をネットで発信してきた人たちの積み重ねがあってこそです。

しかし、こうした緘黙サイトの歴史は、果たしてどこまで知られているのだろうかと思います。緘黙サイトの歴史をまとめたものも読んだことがありません。そこで、今回は私なりにまとめてみることにしました。もっとも、私自身、あまり昔のことは知らないのですが、分かる範囲で書いてみます。