[緘黙ストーリー] 緘黙ストーリーを始める [最終回]

2013年12月21日(土曜日)

アイキャッチ画像。
このブログでは、私の来し方を振り返り、連載形式で書き続けています。今回が最終回です。通算第100話をお届けします。

前回の話⇒こちら / 緘黙ストーリーの目次⇒こちら / あらすじ⇒こちら

ブログ「ニートひきこもりJournal」の開設


ひきこもりデイケアに通い続け、コミュニケーション面で私なりに成功体験を積み重ねていったのですが、そのうち行き詰まりを感じるようになりました。これをきっかけに今までと違う新しいことを始めようとあれこれ試み出すのですが、その一つが新しいブログの立ち上げでした。

それまでにも私はウェブサイトやブログをいくつか持っていたのですが、シャイな私はいずれも大っぴらな公開は控えていました。今回はもっと広く公開して広告収入も得ようと考え、ブログ「ニートひきこもりJournal」(NHJ)を開設しました。

このとき、私は緘黙のことを思い出しました。どうせ広く公開するブログなら緘黙のことも書いて、より多くの人に緘黙を知ってもらいたいと思い、最初の記事でこう書きました。

「このブログを通じて緘黙症(かんもくしょう)という情緒障害についても折に触れて扱い、その認知度の向上に努めたいと思っています」

「場面緘黙症Journal」の独立


そうして週1回、土曜日にNHJ で緘黙に関する記事を書くことにしたのですが、存外に多くのコメントをいただくようになりました。ただ、緘黙についての記事のみ、コメントをくださる方の層が他の記事とは違いました。このことから、緘黙コンテンツのみ独立しようと考え、NHJ を立ち上げて2か月後、「場面緘黙症Journal」(SMJ)を新たに始めることにしました。

それまで NHJ に投稿していた緘黙関係の記事 10エントリーを SMJ に移転、さらに同日、SMJ初のオリジナル記事「これまでにアップした記事の一覧」と「最新!2005年8月発売の緘黙本」を公開しました。しかし、その直後パソコンの故障に見舞われ、およそ1か月間のブログ更新停止を余儀なくされました。幸先の悪いスタートでしたが、パソコン復帰後は精力的に更新を続けました。





緘黙・2013年の十大ニュース

2013年12月15日(日曜日)

アイキャッチ画像。
今年もやってきました。私の独断と偏見で選ぶ、緘黙関係の2013年の十大ニュースです。

[2月 「ザ!世界仰天ニュース」に緘黙]

2月13日、日本テレビ系でゴールデンタイムに放送されている「ザ!世界仰天ニュース」という番組で「静かな少女の秘密」と題する少女の話が紹介されました。話の内容は、英国在住の女性で、ミス・コンテストで活躍していた Kirsty Heslewood(カースティ・ヘイズルウッド)さんの場面緘黙症に関するものだったそうです。緘黙が日本のテレビ局(地上波)のゴールデンタイムで取り上げられた例は、私はそれまで聞いたことがありません。

反響は大きかったようで、Google トレンドによりますと、この時期に「緘黙」の検索ボリュームが急増し、以後高い水準で推移しています。また、緘黙に関する数々のウェブサイトでアクセス数が急増したそうです。さらに、この番組を機に自分が緘黙だったことを知ったという方の書き込みがネット上の様々な場で投稿されました。

[6月 元緘黙児がミス・イングランドに]

そのカースティさんですが、6月17日にミス・イングランドに輝きました。決勝でコンテスト参加の動機について聞かれたカースティさんは、その答えの中で selective mutism(場面緘黙症)の用語を出して話されています。自分に自身が持てず、緘黙だった経験が、モデル業やミスコンテスト参加の根っこにあったようです。これにより、カースティさんと緘黙に関する記事が英国の新聞に掲載されました。

9月にはイングランドを代表してミス・ワールド世界大会に出場、127の世界のミスの中で、セミファイナリストの10人(6位)に選ばれ、ミス・英国のタイトルも獲得しました。

[9月 『どうして声が出ないの?-マンガでわかる場面緘黙-』刊行]

どうして声が出ないの?: マンガでわかる場面緘黙9月5日、マンガつき解説書『どうして声が出ないの?-マンガでわかる場面緘黙-』が刊行されました。好評のようです。新聞や有名ブログ、ニュースサイトなどに、この本の書評が掲載されました。はやしみこ著、金原洋治監修、かんもくネット編集で、出版社は学苑社です。



[9月 緘黙症シンポジウム開催、日本緘黙研究会発足]

かんもくの会の代表などが毎年企画する緘黙症シンポジウムです。今年は、『緘黙症当事者の多様性と類型化- 個性に応じた対応のために-』というタイトルで、日本特殊教育学会第51回大会自主シンポジウムとして開催されました。後日、このシンポジウムの報告が、ダイヤモンド社の情報サイト「ダイヤモンドオンライン」などに載りました。

また、この場で、日本緘黙研究会(仮称)が発足したそうです。同研究会の活動内容は現在のところ分からないのですが、今後に期待を込めて、ここで取り上げます。

[10月 カースティさんによる緘黙の支援]

カースティさんはミス・イングランドの任務の一環として、英国の緘黙支援団体 SMIRA をサポートされています。10月19には、SMIRA の21周年パーティーが行われ、カースティさんも出席されました。

このとき、日本のかんもくネットの方も出席し、カースティさんにお会いになったようです。日本の緘黙経験者や保護者のメッセージを英訳したものがカースティさんに送られ、また、カースティさんから日本の方へのメッセージも送られました。詳しくは、かんもくネットのウェブサイトへ。






「エジソン・アインシュタインも緘黙」は誤解では

2013年12月09日(月曜日)

アイキャッチ画像。泣く学生。モデル:藤浦真菜 。無料写真素材サイトモデルピースより。
※ これは、2013年12月9日現在の記事です。現在は、NAVER まとめの記事が変わっています。

「エジソン・アインシュタインもそうだった。心の病気『緘黙症』に注意したい」と題する記事が、12月9日、NAVER まとめに掲載されました。

↓ NAVER まとめへのリンクです。
エジソン・アインシュタインもそうだった。心の病気「緘黙症」に注意したい。
新しいウィンドウで開く

公開されて1日も経っていないのに何万ものページビューを記録しているのには驚いたのですが、エジソンやアインシュタインが緘黙だったという初耳の情報にも驚きました。ですが、よく読むとこれは誤解で、しかもこのブログに端を発したものではないかと思われます。