明治時代に、日本で緘黙児の報告か

2014年02月27日(木曜日)

アイキャッチ画像。雪が積もる銀山温泉街。写真サイト PAKUTASO より。
今から110年前の1904年(明治37年)に、場面緘黙症らしき児童の報告があったそうです。もしこれが本当に緘黙児の報告だとしたら、こんなに古い報告は、少なくとも私は国内では聞いたことがありません。

その報告は、北澤大吉という人が雑誌『信濃教育』に発表した「惡癖兒童矯正實驗談」にあるそうです。以下の論文の9ページ「『悪癖』児童に関する研究」という箇所をご覧ください(9ページの、主にページの右半分です)。

↓ 上越教育大学リポジトリへのリンクです。PDFファイル(787KB)。なお、PDFを閲覧するには Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら(新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

◇ 中嶋忍、河合康(2013)「明治時代の雑誌『信濃教育』における特別教育の対象児童に関する研究論文の概要」『上越教育大学特別支援教育実践研究センター紀要』(19)、7-11。
新しいウィンドウで開く

当時はまだ場面緘黙症と呼ばなかったのか、北澤は「教場啞」と呼んでいます。この「教場啞」が、当時教育関係者などの間で広く使われていた用語なのか、それとも北澤の造語なのか、それは上記論文からは読み取れません(これは気になるところです)。報告では、問題の児童が 教場啞になった原因の分析や、教場啞の児童を指導する時の留意点についてまで述べられたそうで、ある程度踏み込んだ内容のようです。

このうち指導の留意点については、児童が不安を感じさせないようにすることや、段階的に発話を促すようにすることなど、今日においても興味深い内容が含まれています。当時、こうした児童への対応の方法は教育者の間である程度共有されていたのでしょうか、それとも何も分からないまま手探りでこうした見解にたどり着いたのでしょうか。

なお、これまで私が確認した国内最古の緘黙の報告は、1951年(昭和26年)の高木四郎「口をきかない子供」(『児童心理と精神衛生』収録)でした。翻訳書では、それより11年古い1940年(昭和15年)の Gilbert Robin 『異常児』に、海外の緘黙の報告がありました。『信濃教育』の報告は、それより53年ないし36年も遡ることになります。なお、世界最古の報告は、1877年(明治10年)のドイツの医師 Adolf Kussmaul によるものです。

私としては、特にはっきりした根拠はないのですが、緘黙児・者は近代以前にもいたような気がします。ですから、明治期に緘黙児がいたとしてもさほど驚きはしません。ですが、この時代に、緘黙児が教育雑誌に正式に報告されていたとしたら、それには少し驚きます。

ただ、私は『信濃教育』を直接読んでおらず、上記論文の引用を通じてその内容を知り得たに過ぎません。上記論文の後半には「教場啞は、学校外では話をするが教室内では一言も話さなくなるものとされている。しかし事例の児童は、常に話をしない状態で」とありますが、この記述からは、報告された児童は場面緘黙症ではなく全緘黙症だったとも解釈できますし、それとも別のものだった可能性もありますが、そこのところも原文にあたってみなければ分かりません。近いうちに、何らかの方法で原文を読んでみたいと思います。

※「緘黙児への短期集中型行動療法」の続きの記事が後回しになっていて、すみません。

[続きの記事]

明治時代に、日本で緘黙児の報告か・続編


大腿骨を骨折しても緘黙を続けた少年

2014年02月23日(日曜日)

アイキャッチ画像。アントワープ。写真サイト pixabay より。
「フランダースの犬」でも知られるフランドル(フランダース)地方は、国でいうとベルギーあたりでしょうか。このフランドル地方の英字新聞に、場面緘黙症を主題とした記事が載ったのですが(電子版で確認)、これがなかなか興味深い内容でした。

記事の概要


記事は、新しく開設された緘黙を専門としたウェブサイトを紹介するとともに、フランドルでもあまり知られていない緘黙を、実例を交えながら解説したものでした。緘黙児の具体的な支援法や、緘黙児支援をめぐる現状の問題、さらにはフランドルの最近の教育行政の動きにまで触れるなど、比較的踏み込んだ内容でした。

大腿骨を骨折も、緘黙を続けた10歳児


記事の中で目を引いた箇所の一つは、水泳の授業中に大腿骨(だいたいこつ)を骨折したにもかかわらず、教師にもクラスメイトにも何も話さなかったという緘黙の少年の話です。さぞ苦しい思いをしたことだろうと思うのですが、記事としては、緘黙がただの内気ではないことを伝える分かりやすい話を引用したものだと思います。

なお、これと似た話は他でも読んだことがあります。英国の新聞 The Daily Telegraph では、腕の骨が折れたにも関わらず助けの声をあげられなかった緘黙児の例が紹介されたことがあります。また、英国の本の翻訳書『場面緘黙へのアプローチ』には、学校の消火扉に指を挟んだにもかかわらず、全く声を出さなかった緘黙児の話が載っています。

一方で、英国で緘黙児支援のバイブルとされる The Selective Mutism Resource Manual には、緘黙の子は、非常時になるとたいてい(more often than not、つまり50%以上)声を出すとも書かれています。

コンピューターゲームも取り入れたオランダの緘黙児支援


記事では、緘黙児への具体的な支援法も書かれてあります。欧米で主流の方法と同じようですが、やはり細かい部分に独自性があります。

ユニークだったのは、オランダの Spreekt voor zich という支援プログラムです。このプログラムでは、教育目的で開発されたコンピューターゲーム(いわゆるシリアスゲーム)を支援に取り入れています。声を出すなどすると、ゲーム内の城門が開く仕掛けなどがあるそうです。

以下のオランダの緘黙児支援団体のウェブサイト(オランダ語)に、このゲームに関する解説があります。ページ中程の画像をクリックすると、ゲームを実際にプレイする子の YouTube 動画を見ることもできます。それにしてもこのサイト、子どももアクセスすることを想定してかポップなデザインで、ウェブサイトを持つ者としては興味深いです。

therapie voor Selectief Mutisme(主にPCでの閲覧向けです)
新しいウィンドウで開く

※ 昔のスーパーマリオ(といって通じるかな……)のような、横スクロールアクションでしょうか?

コンピューターゲームを通じて緘黙児の発話を促す試みは他でもなされていて、学術発表されたこともあります。ただ、このオランダのゲームは少し凝っていそうです。こうしたゲームには、緘黙児が治療や発話といったことを強く意識することなく発話できるメリットがあるだろうと思います。

むすび


新聞記事を読んで、緘黙児をめぐる状況はフランドルでもそう変わらないという印象を持ちました。比較的踏み込んで書かれた記事で、コンピューターゲームを取り入れた緘黙児支援などユニークな内容もあり、興味深く、勉強になりました。

今回話題にした記事


◇ Furniere, A. (2014, February 21). Selective mutism: Breaking the silence. Flanders Today. Retrieved from http://www.flanderstoday.eu/education/selective-mutism-breaking-silence

関連記事


◇ 骨折しても助けの声を出せなかった子、Twitter
新しいウィンドウで開く

◇ 緘黙支援に役立つアプリは?(1)
新しいウィンドウで開く

緘黙児への短期集中型行動療法(前編)

2014年02月20日(木曜日)

アイキャッチ画像。
どうして声が出ないの?マンガでわかる場面緘黙』や『場面緘黙児への支援』などで、日本でも知られるようになってきた緘黙児への行動療法ですが、行動療法が盛んな英語圏の国々では、その方法も多様です。

例えばカナダの本『場面緘黙児の支援』では、「場所」「人」「活動」の3要素をもとに段階的に発話を促す方法が紹介されていますが、英国では場所を固定し、そこに人を段階的に入れていくスライディング・インという方法がポピュラーです。また、イスラエルの専門家が著して好評を得ている本 The Selective Mutism Treatment Guide は、学校よりもまず家庭で行動療法を行うことの重要性を強調している点が特徴です。

今回お話しする Brave Buddies という方法もまたユニークなもので、グループで行動療法を行う短期集中型のプログラムです。