明治時代に、日本で緘黙児の報告か・続報

2014年03月29日(土曜日)

アイキャッチ画像。
2月27日に公開した記事「明治時代に日本で緘黙児の報告か」の続きです。今回は、問題の報告が掲載された明治37年の『信濃教育』を読んだ感想などを書いています。

前回のおさらい


1904年(明治37年)に、「教場唖」という場面緘黙症らしき児童の報告があったことを知りました。2013年に発表された『上越教育大学特別支援教育実践研究センター紀要』の論文によると、北澤大吉という人が雑誌『信濃教育』に発表した「惡癖兒童矯正實驗談」に「現在の緘黙症の中でも場面緘黙に近いものと考えられる」児童の報告があるというのです。

↓ 上越教育大学リポジトリへのリンクです。PDFファイル(787KB)。なお、PDFを閲覧するには Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら(新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

◇ 中嶋忍、河合康(2013)「明治時代の雑誌『信濃教育』における特別教育の対象児童に関する研究論文の概要」『上越教育大学特別支援教育実践研究センター紀要』(19)、7-11。
新しいウィンドウで開く

※ 上の論文の9ページ「『悪癖』児童に関する研究」という箇所をご覧ください(9ページの、主にページの右半分です)。

もしこの児童が本当に今でいう緘黙児だったとしたら、こんなに古い日本での緘黙児の報告は私は聞いたことがありません。そこで私は上の紀要論文をもとに「明治時代に日本で緘黙の報告か」という記事を先月書きました。

ですが、私は『信濃教育』を直接読んでおらず、上記紀要論文の引用を通じてその内容を知り得たに過ぎません。言わば、又聞きのようなかたちで知ったに過ぎなかったわけです。そこで、今回は原文にあたってみました。






場面緘黙症の英語講演動画

2014年03月24日(月曜日)

アイキャッチ画像。桜と中学生。
YouTube で公開された場面緘黙症の英語講演(講演というより講習会かな)をこの前 Twitter で紹介したところ、日本語圏の方から予想外に反響がありました。そこで、ここでも取り上げてみることにします。

Selective Mutism: Giving Kids a Voice
新しいウィンドウで開く

この動画を Twitter で紹介した理由は、それまで公開されてきた英語圏の同種の動画に比べて、映像が鮮明であるなど際立って見やすく、聞きやすい動画だったからです。また、ところどころでプレゼンテーション資料が挿入されているのですが、これが平易な英文で端的にまとめられているので、英語が聞き取れない方でもこの資料から概要を読み取ることができます。あと、パソコンで見るとスクリプトも読めて便利なのですが、このスクリプトは正確性にやや難があります。

* * * * * * * * * *

この講習会は、2013年12月12日にカナダのバンクーバーで行われたものです。講師は心理学者で、米国の緘黙支援団体最大手 Selective Mutism Group のメンバーでもある Anna Simpson 氏という方です。主催者はカナダの Anxiety Disorders Association of British Columbia (AnxietyBC)という非営利組織です。

スポンサーはカナダでも最大手の銀行、カナダロイヤル銀行(RBC)の RBC Children’s Mental Health Project です。RBC の関わりはよくある企業の社会貢献活動の一環なのでしょうが、それにしても、このようなメガバンクが、子どもの心の健康という我々日本人からすればマイナーに思える問題に関心を寄せ、支援を行っていることは興味深いです。

動画の内容を見てみますと、前半が緘黙の全般的な解説、後半が行動療法に基づく支援法の紹介で、全体として欧米的という印象を持ちます。冒頭でも名前が挙がっていますが、米国ニューヨークの Child Mind Institute の講習会のプレゼンテーションと重複している部分があります。それから、2013年に初めて報告された、緘黙児への行動療法のランダム化比較試験など、新しい動向にも触れています。

それにしても、この動画を Twitter で日本語圏の方に紹介してこれだけ反響をいただいたのは予想外でした(RT7件、お気に入り5件)。みなさん英語がお得意なのか、緘黙の講演が YouTube に公開されたという事実が重く受け止められたのか、理由は分からないのですが、これだと英語の緘黙情報をもっと日本の Twitter ユーザーに紹介してもよいかもしれないと思えてきます。なお、私は Twitter で演歌関係の動画を紹介したことも何度かあるのですが、こちらの反響はさっぱりです。

[リンク]

↓ 記事の中で話題にした、Child Mind Institute の講習会の動画が見られます。英語ページ。
Selective Mutism Workshop Series
新しいウィンドウで開く

↓ Twitter 登録してない方でも閲覧可。緘黙とは無関係の内容もあります。
Twitter 私のアカウント
新しいウィンドウで開く


緘黙児の家に、新しい親が来たら?

2014年03月18日(火曜日)

アイキャッチ画像。春の麗かな日差しを受ける白梅。写真素材サイトPAKUTASOより。

緘黙児がいる母子家庭に、新しい父が来たら?


私の父親は、私が10歳の時に亡くなりました。父との死別により我が家は母子家庭になったわけですが、母親はその後再婚せず、新しい父親が家に来ることはありませんでした。

父親が亡くなった当時の私は小学4年生で、学校や見慣れぬ人と会うと口をつぐんでしまう子どもでした。場面緘黙症だったのかもしれません。こうした私の傾向は、中学、高校に進学しても変わることはありませんでした。

もしこの時期に、母親が再婚して新しい父親を迎えていたら、私はどうなっていたのでしょうか。家でも緘黙になる全緘黙症になっていたのでしょうか。それとも、父親の前でだけ緘黙していたのでしょうか。はたまた、問題なく家で父親と話ができたのでしょうか。

養子に行って緘黙になった子ども?


似たような話を読んだことがあります。Adoption Detective という、養子になった方が書いた海外の回想録があるのですが、この中で、養子先で場面緘黙症になった話が書かれてあります。子どもの頃、義理の母親の前では緘黙したというのです。

世の中の子どもの全てが、実の両親が身近にいて、そのもとで暮らすという生活を送っているわけではありません。片親もしくは両親がいない環境で育っていたら、見知らぬ人が親になったということもない話ではありません。また、養子縁組や里親の制度は日本にもあります。

緘黙の子や、緘黙になりやすい気質を持った子がこうした家庭での環境変化に見舞われた場合、その子にはどういう影響があるのでしょうか。家庭でも緘黙することになり、いっそう苦しんでいる子どもはいないでしょうか。今のところ、あまりそういう例は聞きはしませんけれども。