子どもの精神疾患「障害」の多く→「症」の詳細

2014年05月29日(木曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症啓発月間に関連した記事を書こうと思っていたところ、ちょっとしたニュースがとびこんできました。啓発月間の記事は後回しにして、まずはこちらを取り上げることにします。

昨年、日本でも広く用いられている米国精神医学会による精神疾患の診断基準が大幅改訂されました(DSM-5;これにより緘黙は不安障害のカテゴリに含まれることになりました)。ですが、この診断基準は英語で書かれているため、これを日本向けにどう和訳するかが課題でした。今回は、この和訳に関する話題です。

新診断基準の和訳で、子どもの精神疾患の「障害」という訳語の多くが「症」に変更される云々といった記事が、5月28~29日に主要紙に次々と掲載されました。(電子版で確認)。例えば、「学習障害」は「学習症」になるそうです。

↓ 例。Yahoo! ニュースに掲載された、産経新聞の記事です。

「障害」を「症」に 精神疾患の新名称公表
新しいウィンドウで開く

* * * * * * * * * *

これらの記事を読んだ人は多いようなのですが、記事の一次資料である、 日本精神神経学会のガイドラインを直接読んだ人は少なさそうです。新聞記事はこのガイドラインのダイジェストであり、ガイドラインには、より詳しい情報が載っています。そこで、当該資料へのリンクをご紹介します。

DSM-5 用語翻訳ガイドライン
新しいウィンドウで開く

このガイドラインには、"selective mutism" の訳語が「選択性緘黙」となることも記されています(これまでも「選択性緘黙」でした)。また、先程「不安障害」と書きましたが、これも「不安症」という新名称が提案されています。

ただ、 私は専門家ではなく、よく分からないのですが、今回のガイドラインで名称変更が確定とは必ずしも言えないのかもしれないと私は思います。 今回のものはガイドラインの「初版」です。第2版以降が出る可能性があります。また、ガイドラインにも、「(日本精神神経学会精神科病名検討)連絡会では、今後もさらに会員の意見を参考にしながら、DSM-5の病名・用語に関して検討を加えていく予定である」という記述があり、ガイドラインの内容が変更される可能性が示唆されています。

なお、緘黙に関する情報に接していると、よく「情緒障害」という用語を見かけますが、これは「情緒症」と変わることはなく、これまで通り「情緒障害」です。ここで言う「情緒障害」は日本の行政用語で、米国発の DSM-5 には出てこない用語ですので。

[関連記事]

↓ 産経新聞の記事は誤解を招くとしています。やはり自分にとって重要な新聞記事は、できるだけ一次資料に当たりたいものです。「lesser の日記」さんへのリンク。

差別を生むから「障害」を「症」に、ではない
新しいウィンドウで開く


緘黙になったのには、意味がある?

2014年05月23日(金曜日)

アイキャッチ画像。素材サイトPAKUTASOより。
「今の自分が困難な状況にあるのは、天が与えた試練」

「自分が生き残ったのには、何か意味があるに違いない」

昔からよく聞く言葉です。「天が与えた試練」については、古くは『孟子』に「天の将に大任を是の人に降ろさんとするや、必ず先ずその心志を苦しめ」云々という、似た意味の一節があるほどです。

私は、自分の経験にこうした人生の意味を見い出そうとは、あまりしないタイプです。実際、困難な状況を経験したり、九死に一生を得るような経験をしたりこともありますが、それを自分の生きる意味と結びつけることはありませんでした。それとこれとは別と、分けて考えてしまいます。

私が緘黙を経験したのは、緘黙支援のために何かしろという意味?


とはいえ、「自分が場面緘黙症?を経験したのは、緘黙児・者支援のために何かしろという意味だろうか」と考えたことは、ないことはありません。

緘黙を経験する人は稀です。あまり知られておらず、周囲の無理解に悩まされたと訴える経験者は少なくありません。そんな緘黙を私は経験?したのです。これは、自分が緘黙支援のために人生の一部を捧げよという意味かもしれないと考えたくも、時にはなりました(もっとも、私ができることなぞ限られてますが……)。

私がこのサイトを立ち上げたり、5月は場面緘黙症啓発月間と訴えたりしているのも、それが一つの理由かもしれません。ただ、どちらかと言えば、もっと他の理由によるものではあります。自分が学校で話せなかった経験と生きる意味とは別の問題で、緘黙?になったことに特に意味はないと考えることの方が、やはり多いです。

場面緘黙症啓発月間ポッドキャスト第2回を公開

2014年05月17日(土曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症啓発月間ポッドキャスト第2回を公開しましたので、お知らせします。内容は、これまでの啓発月間の活動の中間報告のようなものです。皆様の取り組みを見て学んだこと、私のこれまでの取り組み、これからの取り組みについてお話ししています。相変わらずの雑な作りですが、ご容赦ください。4分1秒の内容で、前回のものより1分超短いです。



※ 従来型携帯電話でご覧の方は、ポッドキャストが聞けないかもしれません。申し訳ありません。また、上のものが表示されない場合は、こちら(3.68MB)からお聞きになってみてください。

なお、ポッドキャストを投稿したサイト Audioboo には、場面緘黙症Journal の専用ページもあります。

◇ Audioboo 内、場面緘黙症Journal のページ新しいウィンドウで開く

また、上の Audioboo に加えて、今回も iTunes Store で並行公開しています。 iTunes Store 検索や、下記リンクからアクセスすることができます。ただ、反映には時間がかかるかもしれません。

◇ iTunes プレビュー 場面緘黙症啓発月間ポッドキャスト
新しいウィンドウで開く

--------------------
[ポッドキャストの要旨]

1 オープニングトーク

2 みなさんの取り組み

⇒ 啓発動画や画像の共有が多い。賢い方法で勉強になる。

3 私の取り組み

⇒ 5月後半に本格化。これまでの取り組み、これからの取り組み。

4 むすび
--------------------

我ながら、まだまだの出来ですね……。話し方はもとより、トークの原稿ももう少しなんとかならないものかと思います。これでも、優に100回は録音して、よい部分をつなぎ合わせて作ったものなのですが……。ポッドキャストは、もう1回ぐらい作るかもしれません。

[使用BGM素材]

◇ 幸せは染みのように by 稿屋隆さん(新しいウィンドウで開く

◇ 日常の潮騒 by かずちさん (新しいウィンドウで開く

※ どちらも BGM AUDITION へのリンクです。