『花もて語れ』の主人公は、元緘黙児?

2014年07月30日(水曜日)

アイキャッチ画像。写真素材サイト PAKUTASO より。モデルはあみさん。
『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて連載の『花もて語れ』という漫画があるのですが、主人公の小学1年生の頃の描写が場面緘黙症に似ています。転校により方言の違いに直面したことや、もともとの引っ込み思案が話せないことの背景にあるという設定のようです。

もっとも、こうしたものまで取り上げるときりがないような気もするのですが、とりあえずご紹介してみます。

↓ 小学館ウェブサイトにて、小学1年時代の「第0話」を試し読みできます。「折口先生」とだけは、なぜか話せるようです。

◇ 花もて語れ 1
新しいウィンドウで開く

私は第1巻を電子書籍 Kindle で買って、その後の話も読んでみました。第1話以降は22歳になって上京した後の話で、この主人公は多少は話せるようになっているのですが、相変わらず引っ込み思案で、就職先でも小さな声しか出せず、早々に離職を考えているほどです。

作中に「場面緘黙症」などの説明がないことから、緘黙だったかどうかは定かではありません。独り言を言ったりと、もしかすると緘黙というほどでもないのかもしれません。が、なんだか見ていて他人事ではありません。

花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)『花もて語れ』は、朗読をテーマにした珍しい漫画です。これだけ引っ込み思案が強い人/子が、現実としてあのように見事な朗読ができるのかどうか分からないのですが、フィクションとしては面白そうです。普段お喋りが達者な人が上手に朗読する話よりも、人前で話せないような人が朗読する段になると上手に話すようになるといった話の方が、ドラマチックです。

あくまでテーマは朗読で、緘黙や引っ込み思案がテーマではないことから第2巻以降は買わなかったのですが、その後の展開は知りません。なお、単行本は現在第12巻まで出ています。

それにしても、ここのところ「○○で緘黙が取り上げられた!」という記事ばかり続いています。次回はできれば話題を変えたいと思います。

[追記]

『花もて語れ』は、2014年7月28日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』35号で完結したそうです。ついこの間ではありませんか。知りませんでした。(2014年7月31日)

[関連ページ]

↓ ブログ「くじら図書館 いつかの読書日記」さんへのリンクです。

◇ 「花もて語れ」片山ユキヲ
新しいウィンドウで開く


『赤旗』で何度も取り上げられる緘黙

2014年07月29日(火曜日)

アイキャッチ画像。写真素材サイト PAKUTASO より。
場面緘黙症に関する記事が、7月29日(火)、日本共産党の機関紙『しんぶん赤旗』に掲載されたようです。『赤旗』の日刊紙の発行部数は、2011年当時だと24万部余りだそうです(大震災、2011年7月5日)。なお、『赤旗』のホームページには、この記事は掲載されていません。

私は記事を読んでいないので詳細は分からないのですが、ネット上で見つけた情報源へのリンクを貼っておきます。

--------------------
[追記(2014年8月1日)]

※ これが記事の内容です。かんもくの声さんの Facebook ページへのリンク。
新しいウィンドウで開く
--------------------

※ 新聞を読まれた方の Twitter 投稿へのリンク。
新しいウィンドウで開く

※ 取材を受けた、かんもくの声さんの Facebook ページへのリンク。
新しいウィンドウで開く

なお、かんもくの声を運営されている方は、先日のNHK総合「首都圏ネットワーク」でも取材を受けています。

* * * * * * * * * *

ところで、『赤旗』が緘黙を取り上げたのは今回が初めてではありません。今年2月18日(火)には、かんもくネットの会員間で行われる「おしゃべり会」の様子が掲載されています。

※ かんもくネットさんの Facebook ページへのリンク。記事読めます。
新しいウィンドウで開く

それ以前にも『赤旗』では、昨年まで緘黙の少女が主要人物として登場する長編小説『校庭に東風吹いて』が連載されていました。この小説は、今年2月に本になっています。

校庭に東風吹いて


また話は変わりますが、数年ほど前から、長野県の地方議会で緘黙について質問する議員が相次いでいます。私はそれらの議員について調べたところ、みな公明党所属で驚いたことがあります。

今回は共産党の機関紙に取り上げられたのですが、緘黙児・者支援に、革新・中道・保守といった政治的イデオロギーの別は関係ありません。幅広い方に関心を持っていただきたいです。政党の機関紙で取り上げられるのも、保革問わず、私は歓迎です。

[文献]

◇ 「大震災・原発―危機のなかで日本共産党の存在意義浮きぼりに」(2011年7月5日)『しんぶん赤旗』最終アクセス2014年7月29日。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-07-05/2011070501_01_1.html

NHK首都圏ニュースで、緘黙のリポート

2014年07月24日(木曜日)

アイキャッチ画像。
昨日の7月23日(水)、NHK総合の首都圏のニュース番組の中で、場面緘黙症のリポートがなされました。

※ NHK首都圏放送センターの公式アカウントによる、当日の番組情報
新しいウィンドウで開く

放送内容


残念ながら私は放送を見ることができなかったのですが、ネット上の情報によると、どうやら次のような内容だったようです。

○ 「首都圏ネットワーク」内で最初の放送。正確な放送時間は分からないのですが、18:34頃~18:40頃にかけて。放送中、VTR の途中で何らかの放送事故が起こり、最後まで放送されないまま終わったようです。

○ 「首都圏ニュース845」内で2度目の放送。ここで放送されたのは短縮版との情報もあり。

今回の放送にあたっては、何人かの方が取材を受けていたようです。次の皆様は、取材を受けたことを明かしています。

○ 「かんもくの声」の入江さん新しいウィンドウで開く

○ Necco さん新しいウィンドウで開く

この他、信州かんもくネットワークの代表で、長野大学講師の高木潤野氏のお話が放送で流れたそうです。最初の放送では、この高木氏のお話の途中で VTR が終了してしまったらしいです。これらの方以外にも、取材を受けた方はいらっしゃるようです。

取材を受けた親御さんの思い


今回の放送について、実は私は、取材を受けたある親御さんからメールを通じて事前にお話を伺っていました。今回の放送について取り上げるなら、このあたりも載せてもらえないかというお話も伺いました。

○ インタビューを受けた親御さんとお子さんは数カ月もかけて話し合い取材を受けることを決断した

○ 娘さんの話している映像は娘さんの許可を得ている

○ 娘さんにとってこの取材が、よい影響をもたらすものだと信じて(または、保護者がそうできると確信して)いる

テレビ局の取材を受けるというのは簡単に決断できることではないと思います。親御さんとの取材がどう編集され、どのように放送されたかは、番組を見ていない私には分かりませんが、放送がよい影響をもたらしてほしいです。

首都圏ネットワークのページで、ダイジェストが載るかどうか



※ 結局、ダイジェストや動画が載ることはありませんでした(2014年7月25日)。

首都圏ネットワークの公式ページで、放送内容のダイジェストが載るかもしれないと思いずっと様子を見ています。ですが、今のところ掲載はありません。

また、NHK@首都圏の公式ページでひょっとしたら動画が載るかもと思い、これまたずっと様子を見ています。ですが、今のところ、同日の「首都圏ネットワーク」で放送された「若者の離職を防げ 大学・企業双方が取り組み」の動画は公開されているのですが、緘黙に関する動画の公開はなされていません。

もし公開がなされたら、後ほど何らかのかたちでお伝えしたいと思います。