米・緘黙支援団体理事長の本が出る

2014年11月27日(木曜日)

アイキャッチ画像。写真素材サイト PAKUTASO より。モデルの女性は Lala* さん。
米国で、緘黙児支援の新しい本が出ました。読んだ感想のようなものを書きます。

本の概要


今回取り上げる本は、Aimee Kotrba 著 Selective Mutism: An Assessment and Intervention Guide for Therapists, Educators and Parents です。本の題名を訳すとすれば、『場面緘黙症:治療専門家、教育者、親のためのアセスメントと介入の手引き』といったところでしょうか。2014年11月に PESI Publishing & Media という出版社から出たばかりの本です。ペーパーバック版と電子書籍版が発売されています。なお、私が読んだものは電子書籍版(Kindle)です。

内容は、行動療法により緘黙児を支援するための方法をまとめたマニュアルです。かなり大雑把に言うと、易しいところから徐々に発話を促す支援法を軸にした内容です。『場面緘黙児への支援』という緑色の本がありますが、あれと似た本と思えばよいです。

著者の Aimee Kotrba 氏は、緘黙や不安障害を専門とした認定臨床心理学者です。ミシガン州のブライトンで緘黙などを対象とした診療所を運営しているほか、米国最大の緘黙支援団体 Slective Mutism Group の President of Board of Directors(理事長?会長?)の職にあります。2013年には、同氏が講師を務めた緘黙ワークショップの模様を収めた DVD が発売されましたが、著書の出版は今回が初めてです。

似た本がいっぱい!


保護者、教師、専門家らが協力して、段階的に発話を促す……英語圏ではこうした本が多く出版されていて、今回の本もその例外ではありません。既に類書が多数出ているわけです。

※ 主な類書リスト

○ The Selective Mutism Resource Manual(2001年)
⇒ 英国の本。英国では緘黙児支援のバイブルとされます。専門家向け。値段が高い。2015年に第二版が出るという情報あり

○ Helping Your Child With Selective Mutism(2005年)
⇒ カナダの本。保護者向け。この中では最も手ごろな値段。日本では『場面緘黙児への支援』として邦訳書が出ました。

○ Helping Children With Selective Mutism and Their Parents(2010年)
⇒ 英国の名門・オックスフォード大学出版局から出ていますが、米国の本です。学校に関わる専門家向け。

○ The Selective Mutism Treatment Guide(2012年)
⇒ イスラエルの専門家による本。三章立てで、親向けマニュアル、教師向けマニュアル、専門家向けマニュアルの構成。ここで挙げた本の中では最も易しく書かれてあります。

○ Treatment for Children With Selective Mutism (2012年)
⇒ これもオックスフォード大学出版局から出た米国の本。治療専門家向け。緘黙の標準的な治療手順が開発されたのですが、それを示した本です。ランダム化比較試験でこの本の支援法の効果が検証されています。

どうしてこう同じような本が次から次へと出るのか、素朴に不思議に思います。いずれにせよ、こうなると、今回の本と既存の本との違いに注目したくなります。似ているだけに、何らかの差別化が図られているはずです。





緘黙児が主人公の30年前の童話『さよならの湖』

2014年11月21日(金曜日)

アイキャッチ画像。写真素材サイト pro.foto より。
緘黙児が主人公の、隠れた名作童話を見つけました。なんと30年も前の本です。埋もれさせておくにはもったいないと思うので、ご紹介します。

さかいともみ作、青空風太郎絵の『さよならの湖-白鳥の詩(うた)-』という本です。Amazon.co.jp では、1984年1月に教育出版センターから出版されたものと、同年9月に銀の鈴社から出版されたもの(こちらは「酒井友身」名義)の両方が掲載されていて、その違いがわからないのですが、私が読んだものは前者です。

本書では「緘黙症」という言葉が、ふりがな付きで何度も出てきます。緘黙の解説もなされていて、自閉症との区別も明確になされています。そして、主人公の少女が緘黙という設定が、物語の大きな柱になっています。

緘黙の解説や緘黙が絡む話の展開には、私としては多少不満もないではないのですが、そこを差し引いても良作だと思います。命の重み、自然を愛することについて考えさせられる感動作です。また、作者が新潟県妙高高原の生まれとあって、新潟県の水原(すいばら)を舞台にした本書では豪雪地帯の環境がしっかりと描かれています。

それにしても、1984年、元号だと昭和59年というこの時代に、緘黙児が主人公の本格的な童話が、それも「緘黙症」の言葉をはっきり出した童話が出版されていたとは思いもよりませんでした。もっとも、私は緘黙児が登場する童話は比較的最近のものしか調べていないので、もしかするとこうした童話は探せばもう少し見つかるかもしれません。本書では、参考文献に『医学大辞典』(南山堂、出版年月日不明)、山中康裕『少年期の心』(中公新書、1978年)などが挙げられていますが、70年代には既に専門家が著した本や教育雑誌の中で緘黙が扱われることはありました。そのことを思い起こすと、この先、緘黙児が主人公の70年代の童話が見つかるようなことがあっても、それほど不思議ではないような気がします。

30年前というと、現在、緘黙の子をお持ちの親御さんの中には、ちょうどその頃子どもだったという方も少なくないだろうと思います。読んだことがあるという方、いらっしゃるでしょうか。

Amazon.co.jp の書籍コーナーを見ても分かる通り、本書はノンフィクションとして扱われています。ただ、「あとがき」を読むと、完全なノンフィクションではなく、事実を元にした創作であることが窺われます。小学校中~高学年あたりの子どもに向いている本ではないかと思います。

現在、入手は難しそうな本ですが、一部の図書館には置いてあります。児童書コーナーの書庫あたりにありそうです。ですが、書庫の本はカウンターの方にお願いしないと出してもらえず、緘黙の子にとっては敷居が高そうで、そこが気がかりではあります。

[関連リンク]

↓ 本書の舞台。作中では実在の人物として「吉川さん」という、故吉川重三郎氏の息子さんが登場します。新潟県公式観光情報サイト「にいがた観光ナビ」へのリンクです。
◇ 瓢湖【白鳥の飛来地】 (新しいウィンドウで開く


11月の「放課後カルテ」-緘黙を取り上げている漫画

2014年11月15日(土曜日)

アイキャッチ画像。
これまでにもお話した通り、講談社の女性コミック誌『BE・LOVE』の医療漫画「放課後カルテ」で、場面緘黙症に関する話が連載されています。11月15日(土)発売の第23号では、緘黙に関する話の第3話(通算第38話)が掲載されました。

私は今月もこの女性コミック誌を買って読みました。感想を書きたいと思います。最新号は「恋で世界を温めて」と表紙に書いてあるなど(「明治メランコリア」が表紙)、男性の私が店頭で買うには今まで以上に恥ずかしかったです……。

作者らの、緘黙への深い理解


この作品はあくまで、学校医の牧野という男性小児科医を主人公とした物語で、緘黙の啓発を第一の目的に描かれたものではないだろうと思うのですが、緘黙に関しては今回もしっかり描かれています。これは本当にありがたいです。例えば保護者と学校、専門家の連携や、「人」「場所」「活動」の三要素ほか、緘黙児への対応や支援のエッセンスがいくつも、しっかりと盛り込まれています。なかなかここまで描けるものではないと思います。

今回の話でも、参考文献に、『どうして声が出ないの?』『場面緘黙Q&A』『なっちゃんの声』が挙げられていました。作者らは、これらの本をかなり読み込んでいることが窺えます。

漫画ですから、物語として面白く、しかし、緘黙への理解については正確に描かれています。とても好感が持てる作品です。

今後の展開は?


今後の展開が気になります。この後、音楽会があるのですが、緘黙児の真愛(まい)ちゃんは歌えるのでしょうか。

★ 予想シナリオ1

支援が功を奏して、真愛ちゃんは音楽会で歌えるようになる。現実には、緘黙児がそう早く声が出るようになることはなかなかないかもしれませんが、早期介入が行なわれていますし、漫画ですのであり得ます。

★ 予想シナリオ2

そこまでではいかなくても何らかの形で緘黙の克服に前進できる。私としては、こちらのシナリオの方がありそうな気がします。ですが、どういう形で緘黙の克服に前進できるかまでは、予想できません。

今後の展開が楽しみなので、来月の『BE・LOVE』もチェックしたいと思いますが、ブログで感想を書くかどうかはまだ分かりません。

「放課後カルテ」は、日生マユさんの漫画。杏林大学病院小児科監修。最新話は『BE・LOVE』23号331ページから360ページまで。「放課後カルテ」は隔号連載のため、この作品を目当てに買うとすれば次は来月12月15日発売の新年1号です。

『放課後カルテ』第8巻(2015年2月13日発売予定)に、緘黙の話


なお、かんもくネットさんによると、2015年2月13日発売予定の単行本『放課後カルテ』第8巻に、過去に掲載された緘黙の話が収録されるようです。女性誌掲載作ですが、多くの人に手にとってもらいたいです。男性にも馴染みやすそうな作風で、「恋で世界を温めて」のような乙女色全開のキャッチフレーズもありません。

※ かんもくネットさんの Facebook ページへのリンク (新しいウィンドウで開く

[関連リンク]

↓ 作品内容が紹介されています。
◇ 「放課後カルテ」日生マユ|BE・LOVE|講談社コミックプラス新しいウィンドウで開く

[関連記事]

◇ 連載漫画『放課後カルテ』で、緘黙に関する新章始まる (新しいウィンドウで開く
◇ 連載漫画『放課後カルテ』で、緘黙の解説がなされる (新しいウィンドウで開く

[余談]

「明治メランコリア」の鈴子さんは、かわいいと思います。ところで、場面緘黙症Journal(SMJ)はもうすぐ9周年を迎えます。いよいよ10年目に突入です。