緘黙のeラーニングサイト(米)が開設、注目の技法PCIT-SMを学ぶ

2015年10月24日(土曜日)

アイキャッチ画像。
米国の民間機関が10月17日、場面緘黙症の支援者や保護者などを対象とした eラーニングサイトを開設しました。

◇ Selective Mutism Learning University (新しいウィンドウで開く

これは無料で利用できるもので、動画や練習問題などを通じて緘黙や緘黙支援について学べるという、これまでにないサイトです。さらに、スマートフォンやタブレット端末にも対応していて、モバイル環境でも学べるという利用のしやすさです。日本にお住まいの方でも利用できます(ただし英語……)。

このサイトは登録をすると全ての内容を利用できるようになるのですが、非登録でもある程度学習できます。なお、私も登録し、受講してみました。登録の際、Zip code(米国の郵便番号)はダミーで 00000 としたのですが、これでいいのでしょうか?

この eラーニングサイトについては、今月17日に行われた米国最大の緘黙支援団体 The Selective Mutism Group の年次総会で紹介されました。また、今年8月にニューヨークタイムズに掲載された、緘黙を主題とした記事にも開設が予告されていました。

詳しくは知りませんが、もともと米国は eラーニングが発達しているらしいです。緘黙についても、以前から「ウェビナー」(ウェブセミナーのこと)が行われていて、そういう文化的背景があっての今回のサイト開設なのかもしれません。

米国で話題の緘黙専門家が、サイト開設に関わる


このサイトの開設者に注目したいです。開設者は、Steven Kurtz博士を中心とする心理学のコンサルティング機関 Kurtz Psychology Consulting PC です。

◇ Kurtz Psychology Consulting PC (新しいウィンドウで開く

この Steven Kurtz 博士という方、米国の緘黙支援の情報を追っていると、このところよく目にするのです。米国では緘黙の子どもを対象とした集中療法が近年広まりを見せていてニューヨークタイムズウォールストリートジャーナルなどメディアでも相次いで取り上げられているのですが、その集中療法を開発した人物が、この Steven Kurtz博士です。

なお、このコンサルティング機関はニューヨークのマンハッタンに立地しています。すぐ近くには、プラザホテルやカーネギーホール、セントラルパークがあります。こうした世界的な一等地に、緘黙の専門家らがいるのです。このほか Child Mind Institute という民間機関もマンハッタンにあって(パークアベニュー)、緘黙児への集中療法や緘黙のワークショップなどがここで定期的に開かれています。

サイトの特色:「親子相互交流療法」の緘黙支援への適用






NHKラジオで、緘黙経験者が登場する小説が朗読される

2015年10月17日(土曜日)

アイキャッチ画像。
10月17日(土)に放送された、NHKラジオ第一の番組『ラジオ文芸館』で、場面緘黙症の経験者が登場する話が朗読されたそうです。

『ラジオ文芸館』は、「アナウンサーの語りと音響効果で構成する"聞く短編小説"」の番組です(公式サイトより)。今回の放送分は加納朋子『トオリヌケ キンシ』で、語りは滑川和男アナウンサーでした。

↓ NHKの公式ページへのリンクです。
◇ ラジオ文芸館 (新しいウィンドウで開く

トオリヌケ キンシ『トオリヌケ キンシ』は、かつて場面緘黙症だった人物が登場する短編小説です。確か、作中に「場面緘黙症」の用語が出ていたと思います。ラジオでは、その部分も朗読されたのでしょう。Twitter やブログ上では、番組のリスナーが緘黙について投稿したものが複数確認できます。

『トオリヌケ キンシ』は、2014年10月に文藝春秋から刊行された同名の短編集に収録されています。この短編集は発売日から1年経った今でもよく売れているようで、現在、Amazon 売れ筋ランキング「本 > 文学・評論 > 文芸作品 > 日本文学 > か行の著者」の分野で1位に輝いています。緘黙については軽く触れてある程度なのですが、ここのところネットで「緘黙」と検索すると、この作品の感想を書いたブログなどが時折ヒットしていました。

なお、全国ネットのラジオ番組で緘黙のことが話されたにもかかわらず、場面緘黙症Journal の訪問者数は特に変わりはありません……。

関連リンク


場面緘黙症Journal の関連書籍コーナーでも、『トオリヌケ キンシ』をご紹介しています。

↓ パソコン向け(中段あたり。赤いNEW!マークがついています)
◇ 関連書籍「この本にも!」 (新しいウィンドウで開く
↓ スマートフォン向け(こちらも中段あたり。赤いNEW!マークがついています)
◇ 関連書籍「この本にも!」 (新しいウィンドウで開く

映画『校庭に東風吹いて』主演が、沢口靖子さんに決定

2015年10月16日(金曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症が扱われる映画『校庭に東風吹いて』(2016年夏全国公開予定)の主演が、沢口靖子さんに決定したと「映画24区」が発表しました。「映画24区」はこの映画の制作者なので、これは公式発表でしょう。

↓ 「映画24区」ホームページへのリンク。
◇ 映画『校庭に東風吹いて』 主演に沢口靖子さんが決定! (新しいウィンドウで開く

[追記]

この映画の製作と関わりがあると見られる方も、ブログの中で取り上げています。このブログでは、沢口靖子さんの写真入りの映画ポスター?が掲載されています。

↓ ブログ「校庭に東風吹いての製作」さんへのリンク。
◇ 映画「校庭に東風吹いて」の主演に沢口靖子さん決定しました! (新しいウィンドウで開く


沢口靖子さんが主演という情報は、今年9月以降、個人ブログなどで既に複数確認されていました。ですが、公式発表は確認できていませんでした。

↓ 公式発表が確認される前の記事。「緘黙関連ニュース」へのリンク。
◇ 緘黙映画「校庭に東風吹いて」主演が決定? (新しいウィンドウで開く

沢口靖子さんが演じるのは、教師の役と見られます。一方、「映画24区」には、メイン子役のオーディションの募集情報もありますが、こちらには緘黙児役のオーディションが含まれるのではないかと思います。

↓ 「映画24区」ホームページへのリンク。この映画の制作者が「映画24区」という情報元もこのページ。緘黙についても書かれてます。
◇ 劇映画『校庭に東風吹いて』関西オーディション 募集のお知らせ (新しいウィンドウで開く

緘黙が日本の映画で取り上げられた例は、過去にもありました。いじめをテーマとした映画『かかしの旅』(2006年)では、主人公が脚が不自由で緘黙という設定でした。もう10年近く前の映画ですが、緘黙児役の林瓏さん、学校では話せるが家で話せなくなった少女を演じたらしい岩井七世さん、緘黙の主人公をいじめから助ける同級生を演じた尾高杏奈さん(最近、聾唖者の役を映画で演じたらしい。10年前の別の映画でも、言葉が不自由な少女を演じてた)など、皆さんお元気でしょうか。

『校庭に東風吹いて』は、柴垣文子さんが書いた同名の小説が原作。映画では緘黙がどのように描かれるかに注目したいと思います。

校庭に東風吹いて
校庭に東風吹いて
posted with amazlet at 15.10.15
柴垣文子
新日本出版社


関連記事


◇ 映画『校庭に東風吹いて』予告編がYouTubeで公開
新しいウィンドウで開く

◇ 『校庭に東風吹いて』の上映予定、徐々に明らかに
新しいウィンドウで開く

◇ 『校庭に東風吹いて』撮影終了、遠藤久美子さんは緘黙児の母役
新しいウィンドウで開く

◇ 映画『校庭に東風吹いて』に、文化芸術振興費補助金ほか
新しいウィンドウで開く

◇ 「校庭に東風吹いて」に岩崎未来さん、遠藤久美子さんら
新しいウィンドウで開く

◇ 緘黙児を受け持つ教師の小説が、映画化
新しいウィンドウで開く