緘黙の当事者、経験者とは

2016年05月29日(日曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙の当事者、経験者


私なりの解釈ですが、

場面緘黙症の当事者
→ 現在、緘黙がある人

場面緘黙症の経験者
→ 過去に緘黙を経験した人

場面緘黙症の「当事者」や「経験者」といった言い方が、前から気になっていました。私自身、この言い方をよく使うからでもあります。特に、「緘黙の当事者や経験者」といった、両者を並べた言い回しは目にすることが多いです。

緘黙の「当事者」「経験者」とはいったい何なのでしょうか。その意味するところは、人によって多少違うことがあるようです。全てまとめて「当事者」とすることもあります。また、経験者については「サバイバー」という言い方をする人を見たこともあります。ですが、大体は冒頭の通りではないかと思います。

では、現在緘黙ではないけれども、いわゆる「後遺症」を持っている人は当事者なのでしょうか、それとも経験者なのでしょうか。これは難しいところではないかと思いますが、私なら経験者とします。

緘黙の当事者、経験者という言葉が生まれた背景


昔は、緘黙の当事者や経験者ということはあまり言われなかったのではないかと思います。

インターネットの時代になって、緘黙がある人や、緘黙を経験した人がたくさんネット上に現れ、当事者や経験者がたくさん存在することが目に見えて分かるようになったことにより、こうした言葉が生まれたのではないかと思います。

緘黙の当事者、経験者はどういった人たちか


緘黙の当事者や経験者は、どういう人たちなのでしょうか。

当事者


支援が必要とされる人たちです。経験者に比べると、平均年齢は低いものと考えられます。年齢の偏りも大きく、子どもや若い人が中心でしょう。その低い年齢層から、インターネット上で情報を発信されていない人も多いものと思われます(特に、幼稚園~小学生あたり)。

今現在緘黙である上、年齢が低い人が多いため、例えば、緘黙について社会の理解が欲しいなど、何かを訴えることは簡単ではない人が少なくなさそうです。

経験者


経験者の平均年齢は、当事者に比べると高いものと考えられます。また、年齢の偏りは当事者に比べると小さく、小学生にして緘黙を克服したという人から、現在中高年(中高生ではなく、中高年です)という人もいそうです。今は親で、子どもが緘黙という人もいます。

緘黙の経験者の数は、当事者のそれよりも多いでしょう。緘黙になった人は昔からいるわけで、その数を累計すると、現在緘黙がある当事者の比ではないはずです。ただ、その全てが「場面緘黙症」をご存じであるわけではありません。

現在緘黙がある人に自分たちのような苦しい経験はしてほしくないという思いからか、現在も後遺症があるからか、今なお緘黙について情報発信をしている人がたくさんいます。その一方で、緘黙だった過去は忘れたいと考え、緘黙と距離を置く方もいらっしゃると聞いています。

経験者の声は、当事者のそれを代弁している一面があります。ただ、かなり厳密なことを言うと、経験者は当事者自身ではありません。また、現在緘黙のある方が直面している状況と、かつて緘黙だった人が置かれていた状況には多少違いがあります。どちらにしろ、当事者が声を発信することは難しいため、当事者の代弁という経験者の役割は重要でしょう。


なんだか、当たり前のことを書いた記事になってしまいました。ですが、誰も書いていない当たり前のことを文章化することも、時には意味があるような気もします。

ハンドルネーム変更のお知らせ


ハンドルネームを「富条」(仮)に変更しています。

緘黙RPGプリシー版のその後

2016年05月28日(土曜日)

アイキャッチ画像。

プレイ回数1,500回を超えました


お陰様で、プリシーに公開した緘黙RPGのプレイ回数が、結構な数にまで増えました。緘黙RPGは、緘黙児へのスモールステップの取り組みをテーマとした同人ゲームです。

↓ 自作ゲーム公開サイト PLiCy へのリンクです。
◇ 緘黙RPG (新しいウィンドウで開く

現在、プレイ回数は1500回を超えています。これは、プリシー教養カテゴリに公開されているゲームとしては、歴代4位の水準です。今年の2月中旬に公開したばかりなのに、これには作者の私もびっくりです。

また、プリシー全体としても、2015年に公開されたゲームの中では、プレイ回数はかなり多い方です(2月中旬という比較的早い段階に公開した事情を割り引いても)。

もともと緘黙RPGは「ゲームを使って緘黙について何か表現できるよ」ということを見てもらうために作った、いわばデモゲームでした。緘黙に関心のある方に見ていただけると嬉しいのですが、緘黙を初めて知ったというプリシーの一般ユーザーの方にプレイしていただけるのもありがたい話です。

緘黙RPGプリシー版の輝かしい軌跡!

2月14日 公開
2月17日 プリシー総合ランキング1位になる
2月24日 プリシー公式webマガジン「注目!オススメゲーム」に選ばれる
3月28日 プレイ回数1000回に到達

ただ、序盤でやめる方が多いらしい


ただ、プレイログを見る限り、大半の方が序盤でゲームをやめてしまっているようです。密かに「クソゲー」扱いされているような気がしないでもありません。もっとも、他のプリシーのゲームでも、序盤でプレーヤーが多数離脱する例は少なくないようです。

そのゲーム序盤では、最初に場面緘黙症の説明が必要ということで、いわゆる「緘黙あるある」のようなイベントを連発したり、やや専門的な解説を行ったりしています。

実のところ、緘黙RPGプリシー版はアクセス解析をとっていないので、どんな方がプレイしてくださっているか、なぜプレイ回数が多いのか、なぜ大半の方が序盤でやめてしまうのか、そういったことがよく分かりません。好評なのか不評なのか、私にもよく分からないゲームです。どちらにしろ、ゲーム作りに慣れない私が作ったものなので、お恥ずかしい出来ではあります。

その他、いくつかコメント


○ ゲーム内にうさぎが登場するのは、我が家でうさぎを飼っていた影響。気づきにくいですが、ゲームオーバー画面もうさぎです。ですが、我が家のうさぎはこの間永遠の眠りについてしまいました。月に還ったうさぎにこのゲームを捧げます。

○ キャラクターメイキングで、ニワトリを選ぶ人が多すぎ!意外でした。

関連リンク


◇ 緘黙RPG専用ページ (新しいウィンドウで開く

ハンドルネーム変更のお知らせ


ハンドルネームを「富条」(仮)に変更しています。

「200人に1人」について

2016年05月21日(土曜日)

アイキャッチ画像。

緘黙は200人に1人?


200人に1人--

場面緘黙症の説明で、時々目にする数字です。私はこの数字に、前から素朴な疑問を持っていました。そこで、今回はこれについて思うところを書いてみたいと思います。

「200人に1人」の出所は


この「200人に1人」という数字、実は情報の出所が分からないのです。というのも、出所が明示されている場面を見たことがないからです(私が見逃しただけなら、すみません)。

実際のところ、よく観察してみると、この数字の紹介のされ方にはこんな特徴があることが分かりました。

200人に1人の割合で存在すると言われています。
(200人に1人の割合で存在する"場面緘黙(ばめんかんもく)" 8月1日、2日はフォーラムも開催、2015年7月31日)

200人に1人の割合でいるともいわれる
(幼稚園や学校で緊張、話せなくなる「場面緘黙」に理解を 家庭と連携、早期支援が大切、2016年1月30日)

200人に1人くらいとされていますが
(らせんゆむ、2015、p. 21)

「~と言われている」というような表現で紹介されることが結構あるのです。出所が示されないまま「~と言われている」と紹介されることが多いとなると、「200人に1人と言われてる、誰が言い出したのかは分からないけど」とも解釈したくなります。

「200人に1人」の出所、もしかするとここか


ただ、推測ですが、おそらくこういうことではないかと思います。『場面緘黙Q&A』に、こんな記述があるのです(かんもくネット、2008、p. 9)。

出現率…男子より女子の方が多く、日本のこれまでの調査では0.2~0.5%くらい、近年の海外メディアでは0.7%をあげることが多いようです。仮に0.5%と考えると、200人に1人の割合です。

この「200人に1人の割合」という箇所が広まり、今日の状況になったのではないかと私は見ています。0.5%という数字は、日本の調査で最も数字が高いものを取り上げたか、あるいは0.2%、0.5%、0.7%を3で割って求めた数字かなと思います。

なお、「日本のこれまでの調査では0.2~0.5%くらい」については、『場面緘黙児の心理と指導』にも同じようなことが書かれています(河井ら、1994)。緘黙の発生率に関する先行研究が表形式でまとめられていて、それを見ると0.15~0.48%の範囲なのです。ただ、0.48%などの大きな数字は母数が少ない調査であったことから、著者は「緘黙の発生率は0.15~0.38あたりとなろうか」と総括しています。

それから、海外メディアであげられているという0.7%という数字の出所は、Bergman, R.L.氏 らの2002年の研究であると『場面緘黙Q&A』には書かれてあります。これは、ロサンゼルスの幼稚園~小学1、2年生の教師を対象とした調査です(Bergman et al., 2002)。 英語を流暢に話し、DSM-IV の選択性緘黙の診断基準に当てはまる児童について尋ねたところ、 133人中125人が回答、0.7%(2,256人中16人)の児童が該当したというものでした。

「200人に1人」はアバウト?出現率を厳密に論じるのは難しい


そういうわけで、「200人に1人」はアバウトな話ではないかと思います。ただ、そもそも出現率を厳密に論じるのも難しそうです。

青柳宏亮氏らは、緘黙の有病率にばらつきがあるのは、調査法、診断基準、地域差や時代差、対象児の年齢差などに加えて、Viana et al(2009)が指摘するように成因論やアセスメントなどに関する包括的かつ均一の理論が不足しているためであると考えられ、厳密な有病率について議論することは難しいとしています(青柳ら、2015)。また、わが国の研究の実情として、調査時期が古く、全国レベルでの実態調査が行われていない点を挙げています。

このうち調査時期については、最近では梶正義氏が神戸市で場面緘黙児の発生率の調査を行なったそうなのですが、全国レベルでの実態調査はここのところ知りません。

私ならば、もし緘黙の発症率を簡単に言う必要に迫られれば、「強いて言うと0.2~0.5%ぐらい」と、やはりアバウトな答えをするかもしれません。厳密に何%というのは難しいので幅を持たせたいのと、情報の裏づけがある数字を紹介したいので。

付録:数字のマジック


○ 出現率:0.2%~0.5%
⇒ 0.2%にしろ0.5%にしろ、稀という印象を受けます。

○ 出現率:200人に1人~500人に1人
⇒ 「200人に1人」と「500人に1人」では、かなり違う印象を受けます。

文献


◇ 青柳宏亮、丹明彦(2015)「選択性緘黙に関する研究動向:臨床的概念の変遷を踏まえて」『目白大学心理学研究』11、99-109。
◇ 河井芳文、河井英子(1994)『場面緘黙児の心理と指導-担任と父母の協力のために-』田研出版。
◇ かんもくネット著、角田圭子編(2008)『場面緘黙Q&A』学苑社。
◇ 「幼稚園や学校で緊張、話せなくなる「場面緘黙」に理解を 家庭と連携、早期支援が大切」(2016年1月31日)『どうしんウェブ』http://dd.hokkaido-np.co.jp/lifestyle/education/nursing_news/2-0042793.html
◇ らせんゆむ著、かんもくネット解説(2015)『私はかんもくガール』合同出版。
◇ 「200人に1人の割合で存在する"場面緘黙(ばめんかんもく)" 8月1日、2日はフォーラムも開催」(2015年7月31日)『BOOKSTAND』http://bookstand.webdoku.jp/news/2015/07/31/170000.html
◇ Bergman, R.L., Piacentini, J., and McCracken, J.T. (2002). Prevalence and description of selective mutism in a school-based sample. Journal of the American Academy of Child & Adolescent Psychiatry, 41(8), 938-946.
◇ Viana, A., Beidel, D. C., & Rabian, B.(2009). Selective mutism:A review and integration of the last 15 years. Clinical Psychology Review, 29, 57-67

ハンドルネーム変更のお知らせ


ハンドルネームを「富条」(仮)に変更しています。