10/23(日)「かんもくアコースティックライブ」開催

2016年07月31日(日曜日)


mananaさん、若倉純さん、中越千春さん、AIRIさん


場面緘黙症の経験を持つシンガーソングライターが集結し、ライブをするそうです!

ウェブチラシ

かんもくアコースティックライブ『ハートToハート』~場面緘黙経験者発信ライブ~

出演:mananaさん、若倉純さん、中越千春さん、AIRIさん(ナレーター)
日時:2016年10月23日(日) 開場12:30、開演13:00、終演15:00予定
会場:新宿SACT!
料金:大人2000円、中高生1000円 、小学生以下無料 ※別途ワンドリンク代600円
対象:当事者・経験者・保護者・関係者 ※完全予約制

↓ 予約、会場の地図等、詳細はこちらをご覧ください。定員になり次第締め切るそうなので、ご予約希望の方はお早めに。ライブ後に、希望者を対象とした簡単なお茶会も予定されているそうです。
◇ かんもくアコースティックライブ公式サイト (新しいウィンドウで開く

[追記(2016年8月22日)]

8月20日、定員に達したと公式ページで公表されました。キャンセルが出た場合は、また公式ページでお知らせがあるそうです。


↓ 今回のライブを企画した mananaさんのブログへのリンク。ライブの意図、mananaさんのお気持ちなどが書かれてあります。
◇ 10/23(日)かんもくアコースティックライブのお知らせ!!!  (新しいウィンドウで開く

[追記(2016年8月4日)]
mananaさんが、8月3日(水)に放送されたネット配信のライブの中で、「かんもくアコースティックライブ」の目的などについて詳しく話されていました。

↓ その録音。今回のライブの話については、19:00頃から。
◇ manana さんツイキャスライブ (新しいウィンドウで開く

出演者について


出演される方々の、公式ホームページへのリンクです。

◇ manana - official website (新しいウィンドウで開く

◇ 若倉純 - アメーバブログ (新しいウィンドウで開く

◇ 中越千春 official (新しいウィンドウで開く

◇ MIKADUKI MAP | AIRI (新しいウィンドウで開く

中越千春さんが緘黙関係のイベントに参加されるのは、もしかすると今回が初めてではないかと思います。ほんの昨年まで高知県高知市を中心に活動されていた方です。高知ご出身の方は、特に注目です。

中越千春さんはこれまで Twitter やブログで緘黙について何度もコメントされています。私も場面緘黙症Journal 掲示板や Twitter の中で、中越千春さんについて何度か取り上げています。ついでに言うと、中越千春さんのミニアルバム『呼吸』を持っています。

※ 個人的におすすめする中越千春さんの1曲『音楽』。緘黙の歌ではありません。 (新しいウィンドウで開く

これまでにない新しいイベント


ライブへの申し込みは皆様のご判断でお願いしますが、これまでにない新しいイベントで、とても面白そうです。

過去には緘黙の大規模イベントの一コーナーでのミニライブや、単独での緘黙チャリティーライブが行われたことがあります。ですが、今回はアーティストが企画した単独のイベントという点で、これまでとは違います。それも、3人ものアーティストが集うジョイントライブです。

それにしてもこんなイベントが企画されていたとは、思いもよりませんでした。

「ブログ村」緘黙ブログのシェアが、長期にわたって増加傾向

2016年07月30日(土曜日)


にほんブログ村「場面緘黙症」カテゴリー


場面緘黙症のブログを語る上で、欠かせない存在が「にほんブログ村」です。

ブログ村にはカテゴリー「場面緘黙症」があり、数多くの緘黙ブログがここに参加しています。現在、緘黙カテゴリーの参加メンバー数は88件、パソコン版ページでランキングに表示されているブログの数は48件にのぼります。

◇ 場面緘黙症 - メンタルヘルスブログ村  (新しいウィンドウで開く

今回、私はこのブログ村緘黙カテゴリーの歴史について少し調べ、「用語集」のコメントとしてまとめました。要点をお話しすると、緘黙カテゴリーができたのは2008年10月のことで、参加メンバー数は今日まで、ほぼ一定したペースで増加していることが分かりました。

↓ 場面緘黙症Journal 用語集へのリンクです。
◇ にほんブログ村~場面緘黙症Journal  (新しいウィンドウで開く


緘黙ブログのシェアが、長期にわたって増加傾向


ですが、ついでにもう一つ気になったことを調べてみました。それは、ブログ村に登録している全ブログのうち、緘黙カテゴリーに参加しているブログの割合の推移です。調べた結果、緘黙カテゴリーに参加するブログの全体でのシェアは、長期間にわたって増加傾向にあることが分かりました。

表

表の縦軸は、緘黙カテゴリー参加ブログ数が、ブログ村全ブログ数に占めるシェアを%で表したものです。集計は四半期毎に行なっています。集計にあたっては、ウェブページのアーカイブサイト Wayback Machine の記録を参照しました。残っている記録が限られている関係で、集計は多少アバウトですが、おおまかな傾向はつかめるのではないかと思います。

この表の詳細について興味のある方は、次のxlsxファイルをご覧ください。雑な資料で申し訳ないのですが……。

↓ Excel2010でまとめたものです。15KB。
◇ xlsxファイル  (新しいウィンドウで開く

ちなみに、この記事を書いている2016年7月30日夜現在では、緘黙カテゴリー参加メンバー数は88件、ブログ村全登録ブログ数は921,061件で、そのシェアは0.0096%です(小数点第5位四捨五入)。シェアは増加傾向にあることから、近いうちに、0.01%の大台に乗るのではないかと思います。

緘黙の認知度が上がっているから、シェアが伸びているんだ!……と解釈するのはやや苦しいようにも思うのですが、ともかく、興味深い傾向です。

[追記(2016年7月31日)]

表と資料を若干修正しています。

映画『校庭に東風吹いて』予告編がYouTubeで公開

2016年07月25日(月曜日)


※ 上の画像は、映画とは関係ありません。

予告編公開


場面緘黙症の少女が登場する映画『校庭に東風吹いて』の予告編が今日、YouTube に公開されました。

↓ YouTube へのリンク。1分45秒。
◇ 映画「校庭に東風吹いて 」予告篇 (新しいウィンドウで開く

序盤から「場面緘黙症」という言葉が出てきます。緘黙の少女(演:岩崎未来さん)も出てきます。

この動画は、『校庭に東風吹いて』公式facebook ページが紹介していることから、公式のものと見てよさそうです。

なお、この動画を公開した方は、今回の映画の製作に携わるゴーゴービジュアル企画と何らかの関わりのある方ではないかと思います。なぜなら、ゴーゴービジュアル企画が公式ホームページ上で紹介している過去の映画の YouTube動画に、今回の動画を公開したアカウントによるものが含まれているからです。


予告編を見た感想


予告編を見た感想ですが、まず、予告編での緘黙の説明が「お教室では何もできないのです」というのは、意外でした。「何も話せないのです」という説明の方が一般的だからです。もっとも、他に適当な台詞が、劇中になかっただけかもしれませんが。ただ、話せない点ばかりに注目した説明も、必ずしも緘黙を正確に言い表しているとは言えません。私の説明も声が出ない点に注目しがちなので、反省しなければなりません。

それから、後ろの黒板に、よく見ると「今週の目ひょう 大きな声であいさつしよう」と書かれてあるのが目を引きました。緘黙児には無理な目標ですが、ストーリーには関わってくるのでしょうか。

また、動画の中盤あたりから、子どもたちの歌声が挿入されているのも気になりました。ストーリーの中に合唱のシーンがあるのでしょうか。合唱も緘黙児にとっては試練です。それとも、これはこの映画の主題歌なのでしょうか。

あと、16歳にして養護教諭の役を演じる祷キララさんが個人的に一番気になっていたのですが、予告編を見る限り年齢的に違和感がなく、ほっとしました。


原作小説


校庭に東風吹いて
校庭に東風吹いて
posted with amazlet at 16.04.21
柴垣文子
新日本出版社

関連記事


◇ 『校庭に東風吹いて』の上映予定、徐々に明らかに
新しいウィンドウで開く

◇ 『校庭に東風吹いて』撮影終了、遠藤久美子さんは緘黙児の母役
新しいウィンドウで開く

◇ 映画『校庭に東風吹いて』に、文化芸術振興費補助金ほか
新しいウィンドウで開く

◇ 「校庭に東風吹いて」に岩崎未来さん、遠藤久美子さんら
新しいウィンドウで開く

◇ 映画『校庭に東風吹いて』主演が、沢口靖子さんに決定
新しいウィンドウで開く

◇ 緘黙児を受け持つ教師の小説が、映画化
新しいウィンドウで開く

※ こんな下までご覧くださり、ありがとうございます!