英国の緘黙支援マニュアル第2版を読みました

2017年03月01日(水曜日)

アイキャッチ画像。
以前お話した、イギリスの場面緘黙症支援マニュアル The Selective Mutism Resource Manual の第2版を、ようやく一通り精読し終えました。といっても、私が読み終えたのは337ページからなる本体部分のみです。これとは別にオンラインコンテンツが244ページ分あるのですが、これについては流し読みした程度です。読むのが遅くてすみません。

とりあえず、ここまで読んだ感想のようなものを書いてみます。私は専門家ではないので、書評というほどのものは書けません。

本の基本情報


まず、本の基本情報を確認します。著者は言語聴覚士の Maggie Johson 氏と Alison Wintgens 氏、出版社は Speechmark Publishing です。出版地はイギリスで、出版日は2016年10月31日です。序文をノルウェーの医学博士 Hanne Kristensen 氏が書いています。この方も緘黙に詳しいです。

ペーパーバック版とリング製本版があるらしいのですが、私が買ったのはリング製本版で、本としては大きめのA4サイズです。高価な本で、Amazon.co.jp では現在7,000円台で販売されています。

なお、初版は2001年に出版されていました。著者、出版社、出版地は同じです。本の装丁も、表紙の絵の色が違うぐらいで、ほぼ変わりません。ただ、初版では300ページあった総ページ数が、第2版では581ページと倍増しています。

イギリス在住の元緘黙児の母親 MIKU さんのブログによると、初版はイギリスでは緘黙治療のバイブルと呼ばれていたそうです。私もイギリスの緘黙関係の読み物で、この初版が紹介される場面を何度も目にしてきました。


本の内容


本の内容は、本体とオンラインコンテンツの大きく2つに分けられます。

本体は4部構成です。第1部は緘黙の理解、第2部は緘黙の特定とアセスメント、第3部は行動療法を中心とした支援法、第4部はトラブルシューティングなどの補足情報です。

オンラインコンテンツは本では「第5部」と位置づけられています。出版社ウェブサイトの登録ユーザーになり、本に記されている ACTIVATION CODE を出版社ウェブサイトに入力すれば、 PDF ファイルにアクセスできる仕組みです。このオンラインコンテンツは、緘黙支援に役立つ具体的方法などをまとめた付録や、緘黙理解のための資料、記入用紙などからなります。

緘黙は恐怖症であり、少しずつ不安に直面することで克服は可能というのが、この本の基本的考え方のようです。