コンフォートゾーン--不安を感じず、話せる場所

2017年07月31日(月曜日)

アイキャッチ画像。

comfort zone


英語圏の場面緘黙症の本などを読んでいると、 "comfort zone" という言葉を時々目にします。

どういう意味の言葉でしょう。The Selective Mutism Resource Manual(『場面緘黙リソースマニュアル』)第2版には、次のような説明があります(Johnson and Wingtgens, 2016, p. 143)。

ほとんどの緘黙児にとって、家は comfort zone です。つまり、緘黙児が自分らしくいられ、のびのびと話すことができる唯一の場所です。

For most children, home is their comfort zone; the one place where they can be themselves and talk freely.

上の説明を借り、comfort という言葉を意識して改めて説明してみると、comfort zone とは、緘黙児者が不安を感じず、自分らしくいられ、のびのびと話ができる場所と言えるのではないかと思います。

私はこの言葉、なかなか面白いと思うのですが、何と訳せばよいのか分かりません。「快適ゾーン」「安全地帯」……どれもしっくりきません。最近出版されたイギリスの本の邦訳『場面緘黙支援の最前線』(新しいウィンドウで開く)』では、「安心できる場所」(90、92ページ)、「安心できる場面」(91ページ)、「安全と感じる場面」(92ページ)という訳が当てられています(Wintgens, 2014/2017. pp. 90-92)。なるほど、もっともです。前後の文脈からしても適訳です。言われてみると、そんな簡単なことかとも思えてきます。

ですが、今回の記事では、敢えて片仮名で「コンフォートゾーン」にしてみることにします。こうすると、「コンフォートゾーン」という一つの概念が存在するように思えて、面白そうです。実際のところ、comfort zone という言葉は英語圏で時々目にすることがあり、半ば一つの緘黙支援用語ではないかなどと思うこともあるほどなので、これも悪くないのではと思います。


「コンフォートゾーン」で話せなくなることも


学校などで話せない少年時代を送った私には、「コンフォートゾーン」という言葉が言わんとしていることは身を持って分かります(ただし、私は緘黙の診断は受けていません)。私の場合、代表的なコンフォートゾーンは家やその周辺でした。一方、学校はコンフォートゾーンの外でした。

ですが、よくよく思い返すと、コンフォートゾーンで話せなくなることや、逆に、コンフォートゾーンの外側で少し話せるようになることも稀にありました。

例えば、小学生の頃、家の前ではしゃいでいたところ、元クラスメイトとばったり会って、急に固まってしまったことがあります。この経験については、コミックエッセイ『私はかんもくガール』(新しいウィンドウで開く)にも、似た話があります(らせんゆむ, 2015, p.19)。近所で母らと一緒に喋りながら歩いていたところ、クラスメイトとばったり会って、それから外を歩くときは「外」と「家」の間のあいまい状態を使うようになったという話です。

↓ その『私はかんもくガール』の一場面。出版社ホームページに掲載されているチラシです。PDF。1.51MB。
◇ かんもくガールチラシ (新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

また、学校で高校受験のための三者面談をした時は、親が側にいたせいか、私は家にいるときの状態に少し近くなりました。学校なのに、家のように話すことが少しできるようになったのです。


「コンフォートピープル」「コンフォートアクティビティー」があってもよさそう


ゾーン(zone)は空間を表す言葉です。ですが、緘黙児者が話せる/話せない場面は、空間のみで限定されるわけではありません。北米では、緘黙児者が示す一般的な発話パターンを「場所」「人」「活動」の三要素に分ける考え方があります(例えば、Mcholm et al., 2004/2007)。緘黙児者がどの程度話せる/話せないかは、これら三要素の組み合わせで決まるものとも考えられます。「コンフォートゾーン」があるなら、「コンフォートピープル」「コンフォートアクティビティー」があってもよいのではないでしょうか。

また、コンフォートゾーンとそうでないゾーンにはっきり二分されるわけではなく、実はその中間のようなものがあるのではないかとも思います。

このように、不安を感じず話せるかどうかは、コンフォートゾーンだけが問題ではなく、「コンフォートピープル」や「コンファートアクティビティー」との組み合わせによるのではないかと思います。また、コンフォートゾーンとそうでないゾーンの境界は曖昧ではないかと思います。

とはいえ、多くの場合、コンフォートゾーンやコンフォートピープルなどはセットではないかと思います。家の中にクラスメイトが入ったり、学校に親が入ったりする場面は少ないのではないかと思います。


片仮名言葉


それにしても、今回の記事は片仮名がやたらと出てきてしまいました。「エビデンス」とか「ワイズスペンディング」とか、片仮名言葉は実はあまり好きではありません。特に「コンフォートピープル」という言い回しは、いまいちのような気がします。

「コンフォートゾーン」などの言葉は、今後はあまり使わないことにします(じゃあ、今回の記事は何だったんだ?)。





熊本で、過去最大規模の定員の講演会 | ほか催し情報

2017年07月27日(木曜日)

アイキャッチ画像。

熊本で、定員450人の講演会


熊本市で、場面緘黙症の講演会が開かれることが分かりました。

熊本県・熊本市連携 発達障がいに関する講演会
「場面緘黙の理解と支援」

主催:熊本市子ども発達支援センター
日時:8月26日(土曜日)9時30分~11時30分
場所:くまもと森都心プラザ プラザホール
対象:熊本県内にお住まいの方
定員:450人(先着順)
入場料:無料
講師:高木潤野氏(長野大学准教授)
※ 駐車場には限りがあるそうなので、できるだけ公共交通機関を利用しましょう。

お申し込みは、8月7日より。熊本市コールセンター「ひごまるコール」へ。下記は、その「ひごまるコール」ホームページへのリンクです。

◇ 通常申し込み (新しいウィンドウで開く

◇ 別室聴講専用申し込み(お子様同伴等でご希望の方) (新しいウィンドウで開く

以下は、情報源です。

↓ 熊本市ホームページへのリンク。PDF(9.46MB)。11ページ右側をご覧ください。子ども同伴で別室聴講を希望される方への情報もあります。
◇ 『くまもと市政だより』2017年8月号1~14ページ (新しいウィンドウで開く

↓ くまもと森都心プラザホームページへのリンク。PDF(138KB)。
◇ くまもと森都心プラザホール 平成29年8月 催し物案内 (新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Adobe Reader が必要です。こちら新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

定員450人とは、相当な規模です。緘黙に関する催しとしては、過去最大規模ではないでしょうか。私が知る限りでは、2014年に開かれた「場面緘黙シンポジウム」の320人が、これまでで最も多い定員でした。

自治体がこうした講演会を開くというのにも意義を感じます。会場は山川豊や因幡晃のコンサートも予定されている立派なところです。


札幌で、定員100人の学集会


また、札幌市では、8月20日の日曜日に「場面緘黙だったボクが言えること」と題する学習会が開催されるそうです。こちらも定員100人と大規模です。

↓ 緘黙の本を多数出版していることでも知られる学苑社のブログへのリンクです。
◇ 【学習会】場面緘黙だったボクが言えること(報告者:大橋伸和氏) (新しいウィンドウで開く

この学集会の情報については、他にもブログでお伝えしている方がいらっしゃいます。ですが、主催者と思われる全国障害者問題研究会北海道支部のホームページやブログにはこの情報は掲載されておらず、今のところ裏が取れない状態です。

[追記(2017年8月16日)]

裏付け取れました。以下は、主催者発表の情報です。
◇ 場面緘黙だったボクが言えること(プレ夏期学習会) (新しいウィンドウで開く


今後の主な催しまとめ


今後の主な催しの予定をまとめます。

8月20日(於:北海道札幌市)
学集会「場面緘黙だったボクが言えること」

8月26日(於:熊本県熊本市)
講演会「場面緘黙の理解と支援」

10月14日(於:広島県福山市)
講演会「学校における場面緘黙への対応」 (新しいウィンドウで開く

10月22日(於:東京都渋谷区)
かんもくアコースティックライブ2017 (新しいウィンドウで開く

12月9日(於:愛知県名古屋市)
かんもくフォーラム2017 (新しいウィンドウで開く


申し込み開始日を並べる


これらの催しの申し込み開始日を、時系列で並べます。

既に開始
渋谷のライブ「かんもくアコースティックライブ2017」(第一次)
札幌の学集会「場面緘黙だったボクが言えること」

8月1日
福山の講演会「学校における場面緘黙への対応」(第一次)

8月5日
渋谷のライブ「かんもくアコースティックライブ2017」(第二次)

8月7日
熊本の講演会「場面緘黙の理解と支援」

9月1日
福山の講演会「学校における場面緘黙への対応」(第二次)

未定
名古屋の「かんもくフォーラム2017」

頭がこんがらがりそうです。

※ 2017年8月7日、熊本講演会への申し込み受付開始に伴い、ひごまるコールへのリンクを変更しました。

大人の緘黙当事者、非言語コミュニケーションで生きる(スイス)

2017年07月25日(火曜日)

アイキャッチ画像。

スイス最大の日刊紙に掲載


スイス最大の日刊紙が、成人の場面緘黙症当事者を正面から取り上げていたことを知りました。2016年12月24日のことです(電子版で確認)。

↓ Tages-Anzeiger (『ターゲス・アンツァイガー』)電子版へのリンクです。ドイツ語。
◇ Ich kann nicht sprechen – ich bin Mutist (新しいウィンドウで開く


非言語コミュニケーションはとれる成人当事者の例


記事で取り上げられたのは、27歳の男性当事者です。緘黙は幼稚園入園時から続いています。

この男性は言語コミュニケーションはとれないのですが、非言語コミュニケーションをとることができます。目の前の記者にも、スマートフォンの文字入力アプリやジェスチャーを通じてコミュニケーションをとっています。

また、上の記事のページには動画もあるのですが、これを見る限り表情も豊かで、緘黙でない人と比べても差がなさそうなほどです。

緘黙児者の中は、非言語コミュニケーションも満足にとれなかったり、表情が乏しかったりする人もいるのですが、この男性はそこまでではありません。

この男性はセラピストのもとに通っていて、緘黙克服はまだ途上です。一方、写真家としての仕事を始めていて、話さなくてもジェスチャーを使うなどしてこなしているようです。電話ができないので、この方のウェブサイトには電話番号を載せていないとか。話さなくても仕事がこなせるのであれば、社会適応はある程度できていると見ることもできそうです。


20代後半にまで緘黙が続くと、治るのに時間がかかりそう


成人期の緘黙は研究がとりわけ進んでいない上、私は専門家ではないのでよく分からないのですが、20代後半にまで緘黙が続くと、緘黙を治すのには時間がかかりそうです(ただし、治らないとまでは思いません)。

記事にも、男性は緘黙がアイデンティティの一部になってしまい、アイデンティティを変えるのは長い道のりだという意味のことが書かれてあります。話さない状況が持続すると起こり得る問題として「緘黙identity」という造語を荒木冨士夫氏が1979年に用いていますが、それを連想させる記述です(荒木, 1979)。

このように治りにくいとなると、緘黙を治すことはもちろんですが、同時に、緘黙でありながら社会適応を図るという福祉的な視点がますます重要になってくるのではないかと思います。このスイスの男性の例はその点、一つのモデルになるかもしれません(もっとも、このように上手くは、なかなかいかないかもしれませんが)。


非言語コミュニケーションで一定の社会適応、だが……


ただ、気になる点があります。私はこの男性にお会いしたことがないのでいい加減なお話になるのですが、非言語コミュニケーションが上手すぎるように思います。あくまでこの男性の場合ですが、ある程度非言語コミュニケーションがとれるようになっても、何らかの原因で言語コミュニケーションに移行できず、非言語コミュニケーションばかりが発達してしまったなんてことはないだろうかと思います。そのため、発話の回避行動が維持・強化され、緘黙が長期化してしまった可能性を考えてしまいます。

話さなくても非言語コミュニケーションで社会適応というのもよいですが、緘黙は治せるなら治した方がよいとも思います。非言語のみのコミュニケーションには限界があるでしょうし、不安症である緘黙が持続すると他の精神疾患を続発する可能性も指摘されています。ですが、大人の緘黙は治りにくそうですし、このあたり難しいです。