当事者や経験者向けの本が、ほとんどない

2017年08月12日(土曜日)

アイキャッチ画像。
私は「それ以外の方」だったのか--

『学校における場面緘黙への対応』という本を読んでいたら、はっとさせられました(高木, 2017, p. 183)。

本書は、主な読者として学校の先生を想定して書きました。もちろん保護者やそれ以外の方にも読んでいただけたら嬉しいですが、学校の先生が実践するという視点で書いてしまったことをご容赦ください。

※ マーカーは、私が施したものです。

保護者はしっかり「保護者」と書かれている一方で、場面緘黙症の当事者や経験者は「それ以外の方」という扱いです。

とはいえ、この「それ以外の方」という表現、言い得て妙だと思います。緘黙をテーマとした本はこれまで多く出版されてきましたが、緘黙についての専門的な本で(つまり経験談の本は除く)、当事者や経験者向けのものはほとんどなかったからです。当事者や経験者は、対象読者としては「それ以外の方」とされてきたのです。

近年出版された、緘黙の専門的な本


具体的に見ていきましょう。近年出版された緘黙の専門的な本と、その対象読者層です。

場面緘黙支援の最前線-家族と支援者の連携をめざして-』(2017年)
⇒専門家や保護者

学校における場面緘黙への対応-合理的配慮から支援計画作成まで-』(2017年)
⇒学校の先生

先生とできる場面緘黙の子どもの支援』(2015年)
⇒学校関係者

どうして声が出ないの?-マンガでわかる場面緘黙-』(2013年)
⇒緘黙児と保護者

場面緘黙へのアプローチ―家庭と学校での取り組み-』(2009年)
⇒保護者、教育関係者、専門家

場面緘黙Q&A-幼稚園や学校でおしゃべりできない子どもたち-』(2008年)
⇒保護者や教師

場面緘黙児の心理と指導-担任と父母の協力のために-』(1994年)
⇒はっきり分からないが、当事者や経験者向けではなさそう

これだけ多くの本が出版されてきたにも関わらず、当事者や経験者を対象とした本は『どうして声が出ないの?』の1冊だけです。

当事者や経験者向けの本が少ないのは、日本に限ったことではありません。私が収集している英語圏の本でもそうです。


当事者や経験者は、緘黙についての客観的な理解まであるとは限らない


緘黙の当事者や経験者だからといって、緘黙についての客観的な理解まであるとは限りません。当事者や経験者が分かるのは、緘黙についての主観的な感覚や、当事者から見た周囲の関わりなどです。

実際、緘黙について理解を訴えるための活動をされている当事者や経験者の方でも、緘黙についての基本的なことを知らない方が案外いらっしゃったりします(私なぞが言うのもおこがましいのですが……)。皆さん、緘黙の本をあまり読んでいないのでしょうか。もっとも、そもそも当事者や経験者向けの本がほとんどないため、読みようもないのかもしれません。