福田隆浩『香菜とななつの秘密』

2017年09月30日(土曜日)


場面緘黙症の傾向があったとも思われる少女が主人公の児童書が、2017年4月に出版されました。緘黙を主題とした本ではないのですが、話題の本なのでご紹介したいと思います。

本の基本情報


書名:『香菜とななつの秘密』
著者:福田隆浩
出版年月:2017年4月
出版社:講談社


著者は、兵庫教育大学大学院を修了し、長崎県の特別支援学校に勤務されています。これまでも『ふたり』など多数の著書を発表されています。本書は、その著者の最新作です。


内容


主人公は佐々野香菜という、引っ込み思案で人と話すのが苦手な小学5年生です。ですが、聞き上手で観察眼も優れており、それを生かして、学校のちょっとした謎を友達と一緒に解いてゆきます。学校の日常をテーマにした、ミステリーものと言うことができるかもしれません。

香菜の引っ込み思案は保育園の頃からで、かつては家族以外の人の前に出ると声を出すことさえできないときもありました。 色んなセラピーを受けたり、ことばの教室に通ったりした経験があります。

緘黙や引っ込み思案を主題とした物語ではありませんが、そうした子に対する作者のメッセージのような箇所もあります。


感想


主人公の観察や思考がよく描かれている


物語を読んで、香菜の観察や思考がよく描かれていると感じました。

静かな子は、一見何も考えていないように見えるかもしれませんが、そのようなことはありません。香菜の場合、うまく話せない分、よく周りを観察していますし、よく考えているのでしょう。また、もともと賢い子なのかもしれません。

緘黙を連想させることが書かれている


作中に「緘黙」の文字はないものの、香菜はかつて家族以外の人の前では声も出せないときもあったとか、セラピーを受けたり、ことばの教室に通ったりしたとか、緘黙を連想させることが書かれてあります。

ただ、緘黙は、特定場面では長期間継続して声が出ない状態を言います。解釈にもよるのですが、家族以外の人の前では声も出せない「ときもあった」という作中の表現は微妙です。緘黙とまではいかなくても、緘黙傾向がある子だったのかもしれないと思います。小学5年生の現在は少し話せるようになったものの、完全克服にまでは至っていない状態なのでしょう。

祖母もかつて香菜のように話せなかったというくだりは、緘黙と遺伝の可能性を思い起こします。作者はよく研究していることが窺われます。


緘黙傾向?の長期的経過には楽観的だが……


周囲の大人が香菜の緘黙傾向?に対して楽観的な見通しを話すのは、もしかしたら、自己成就予言のような意味合いでそう言っているという解釈もできるかもしれません。「緘黙は治らないよ。一生つきあうものだよ」と言われるよりは、「そのうちどんどん話せるようになるからね」と言われた方が、将来話せる可能性は上がるような気もします(根拠はありませんが)。

香菜のことはさておき、緘黙一般について言えば、緘黙の長期的経過は楽観できない場合もあるというのが私の見方です。確かに、そのうち話せるようになる日が来るかもしれませんが、その「そのうち」が数年後か、10年以上先かでは、話がだいぶ変わってきます。また、話せなかった期間が長期化すると、何らかの二次障害が発現したり、コミュニケーションをとる機会を逸し続けたことにより、対人交流への苦手意識が残る場合もあります。

ただ、本は全体的に、緘黙傾向?が残る人や話すことが苦手な人を温かく励ましているような印象も受けました。緘黙傾向?に対する楽観的な見通しだけでなく、人と話すのが苦手だけれども、聞き上手で観察眼に優れるという長所が香菜にあるところからも、そう感じました。



NHK Eテレ「バリバラ」緘黙の特集は、10月15日放送

2017年09月24日(日曜日)

アイキャッチ画像。
NHK Eテレの番組「バリバラ」が、10月15日(日曜日)放送分で、場面緘黙症の特集をすることが明らかになりました。この日の放送のサブタイトルは「知られざる場面緘黙(かんもく)の世界」だそうです。番組公式ホームページで発表されました。

↓ 番組公式ホームページへのリンクです。
◇ NHK バリバラ | 放送予定
新しいウィンドウで開く

また、「バリバラ」は同じ週の金曜日0時(木曜深夜)に再放送を行なっています。このことから、10月20日(金曜日)0時に緘黙の特集の再放送が行われるものと予想されます。

「バリバラ」は障害者情報バラエティー番組です。「バリアフリー・バラエティー」の略だそうです。緘黙について軽く取り上げたことはありましたが、正面から取り上げたことはこれまでありませんでした。

番組は8月18日に、ホームページ上で場面緘黙症に関するメッセージの募集を始めていました。また、Twitter を中心に、バリバラが緘黙の放送をする計画があるとか、緘黙のことで実際に取材を受けたといった投稿が一部でありました。このことから、「バリバラ」が緘黙を取り上げるという観測が広がっていました。

ですが、具体的な放送予定が公式に発表されたのは、これが初めてです。放送予定日も、今回の発表でおそらく初めて明かされたのではないかと思います。

なお、NHK Eテレでは2015年にも緘黙を扱っていますが、あちらは「ハートネットTV」という番組です。


「かん黙」という表記について

2017年09月22日(金曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症は略して「緘黙」と呼ばれることが多いですが、「かん黙」と表記する場合もあります。前回の「かんもく」に続き、今回は「かん黙」について調べてみました。

「かん黙」の主な用例


「かん黙」の主な用例を挙げてみます。

  • その対象となる軽度の情緒障害児とは、たとえば、登校拒否・かん黙等の……(1969年)昭和44年版『厚生白書』情緒障害児短期治療施設の対象の説明より

  • 『学校かん黙事典』(1989年)書名

  • 自閉、かん黙等情緒障害のある者で、通常の学級での学習におおむね参加でき、一部特別な指導を必要とするもの(1993年)文部省通達「通級による指導の対象とすることが適当な児童生徒について」情緒障害者の定義より

  • 主として心理的な要因による選択性かん黙等があるもので、社会生活への適応が困難である程度のもの(2002年)文部科学省通知「障害のある児童生徒の就学について」情緒障害者の定義より

  • 「場面かん黙」を知ってますか?(2014年)NHK首都圏ネットワーク

  • 場面かん黙症(2017年)NTVザ!世界仰天ニュース

  • 選択(性)かん<縅>黙(?年)ICD-10

「かん黙」は、文科省など公的な性格の文書で目にすることがあるのが特徴です。ご覧の通り、情緒障害の文脈で使われています。私が最もよく見る用例は、文科省の通知の一文です。これは、緘黙が特別支援教育の対象であることの根拠に関わる重要な一文で、よく引用されます。もちろん、公的な文書以外でも使われることがあります。

また、主な用例としては挙げませんでしたが、「かん黙」は比較的専門的な文献でも目にすることが、たまにあります。

対照的に、「かんもく」は、かんもくネットなど固有名詞に「かんもく」がつくものが関係する場合を除いては、公的な性格の文書や専門的な文献で目にすることはかなり少ないです。専門文献については、学術文献検索サイト Google Scholar で検索しても分かります。

◇ Google Scholar "かん黙"で検索 (新しいウィンドウで開く

◇ Google Scholar "かんもく"で検索 (新しいウィンドウで開く


当事者、経験者、保護者はあまり使わない


わりと堅い読み物で使われることがあるのが特徴の「かん黙」ですが、インターネットで日ごろ緘黙について情報発信をする当事者、経験者、保護者の間では、「かん黙」表記はあまり使われません。

例えば、「かん黙」で Twitter のユーザー検索をすると、ほとんど誰もヒットしません(「緘黙」や「かんもく」では多数ヒットします)。また、緘黙のブログが多数登録されているにほんブログ村カテゴリ「場面緘黙症」でも、「かん黙」という題名のブログの登録は見つかりません。

◇ Twitter "かん黙"でユーザー検索 (新しいウィンドウで開く

◇ にほんブログ村カテゴリ「場面緘黙症」 (新しいウィンドウで開く

また、経験者や保護者らが関わる団体名やイベント名では見かけません。

「かん黙」の検索人気度は「かんもく」より低く、緩やかな減少傾向か


「Googleトレンド」というサイトによると、キーワード「かん黙」の検索人気度は、調査が行なわれた2004年以降、低位で推移しています。緩やかな減少傾向にあるようにも見えます。

◇ Googleトレンド「かん黙」の検索動向 (新しいウィンドウで開く

◇ Googleトレンド「緘黙」「かんもく」「かん黙」の検索動向 (新しいウィンドウで開く

2007年頃までは「かん黙」の人気度は「かんもく」と同程度だったのが、現在では「かんもく」を下回っています。上がるのは、「緘黙」の人気度ばかりです。


むすび


「かん黙」の表記は、行政関係者や専門家、メディア関係者などが使う場合がありますが、当事者や経験者、保護者が使うことは稀です。

「かん黙」が堅い文章で使われる傾向があるのは、文科省の通知に「選択性かん黙」(2001年以前は通達などで「かん黙」)とあることの影響かと思ったのですが、調べてみると、「場面かん黙」など行政文書にはない別の用例も見かけるので、そうとも限らないのかもしれません。

最近では、検索エンジンで「かん黙」と検索すると、自動的に「緘黙」検索に切り替わることがあります。こうなると、「かん黙」と検索する人はますます減っていそうです。また、情報を発信する側も「かん黙」は避けることでしょう。