緘黙RPG完成版を公開

2016年02月04日(木曜日)

アイキャッチ画像。
※ この物語はフィクションです。実在の地名「鹿児島」とは一切関係ありません!

場面緘黙症の小学生を主人公としたゲーム「緘黙RPG」の完成版を公開しましたので、お知らせします。

ゲーム内容は、緘黙の主人公が、スモールステップで活動場面を拡大していくというものです。プレイ時間は2~3時間。ただし、作者はゲーム作りについては初学者な上、最近のゲームをよく知らずに作っています。

ダウンロード


↓ ここからダウンロードできます。Yahoo!ボックス へのリンク。無料ゲームです(念のため)。
◇ 緘黙RPG完成版ver.1.00 ZIP形式 43.0MB (新しいウィンドウで開く

[2016年2月5日追記]

同梱の「お読みください」「利用素材」でのゲーム名の表記が『緘黙RPG(仮)』のままだったので、『緘黙RPG』に修正し、再アップしました。
打ち消し文

------------------------------
[追記(2016年8月10日)]

上は古いバージョンです。新しいバージョンのダウンロードは以下のページでお願い致します。

◇ 緘黙RPG - ダウンロード (新しいウィンドウで開く

また、ダウンロードせずともブラウザ上でプレイすることもできます。詳しくは、こちらをご覧ください。

◇ 緘黙RPGが、ブラウザ上でプレイできます (新しいウィンドウで開く

------------------------------

動作環境


ゲームの動作環境は、今までと変わりありません。動作OSは Windows2000、XP、Vista、Windows7 (Windows8ではソフトウェアモードで辛うじて)で確認されているとのことです。⇒ゲーム制作に使ったソフト WOLF RPGエディターのページ、動作環境の説明あり (新しいウィンドウで開く

ゲームのプレイ画面


プレイ画面のスクリーンショットを載せておきます。サムネイルをクリックすると新しいウィンドウが開き、拡大画像を見られます。拡大画像のファイルサイズは少し大きいので、ご注意ください。

馬の画像:87KB
少女と鶏とPCの画像:177KB
雪の結晶と雪女の画像:367KB

馬の画像少女と鶏とPCの画像雪の結晶と雪女の画像

完成版の概要


完成版では、追加シナリオを盛り込んでいます。物語の佳境(のつもり)の部分です。『場面緘黙Q&A』や『どうして声が出ないの?』に書かれてある放課後の学校訪問が、ゲーム上で実現されています。といっても、例によって荒唐無稽なゲーム展開なんですが……。

また、既存のシナリオに微修正を加えています。例えば、架空のマンガ『授業中カルテ』作者の「日主ユユ先生」が新たに登場します(日生マユ先生、すみません)。

追加シナリオ分は、プレイ時間にして1~2時間ほどです。全体としてプレイ時間は倍増し、2~3時間ほどになりました。なお、戦闘中に、[Cキー] [Shiftキー]を押すと、戦闘を高速化し、プレイ時間を短縮することができます。ただし、右Shift キーを8秒間押し続けると、Windows のフィルタ機能に関するダイアログが出ることがあるので、ご注意ください。

ただ、追加シナリオ分に到達するまでには、1時間はかかりそうです。既存シナリオはほぼ前と同じですし、追加シナリオ分のために改めてプレイしてくださる方がどれだけいらっしゃるか心許ないです……。

作風について


子どもっぽくてコミカルなゲームに仕上がってしまいました。主人公が小学生という設定に引っ張られた部分もありますが、きっと、作者の性格の現れでしょう。お恥ずかしいです。緘黙という重いテーマを扱うのに、こうコミカルでいいのかどうか。

それから、小学4年生の視点のゲームということで、主人公の母親は少し怒りっぽいキャラにしました。お母様方、すみません。

音楽素材について


今回もユーフルカさんの音楽素材にはお世話になっています。特に後半の音楽のほとんどは、ユーフルカさんの素材に負っています。

※ ユーフルカさんのホームページ。 (新しいウィンドウで開く

完成版ではまた、魔王魂さんの歌もの素材を新たにお借りし、これをエンディングテーマと挿入歌にしました。どちらの歌とも、1番だけなら、ゲーム内容と重なる部分があるように思います。

※ フリー音楽素材/魔王魂 (新しいウィンドウで開く

エンディングテーマ「Feels happiness」
唄:響古 作詞:響古 作曲:KOUICHI
※ 魔王魂さんのHPで公開されています。 (新しいウィンドウで開く
※ YouTube でも曲を聴けます。 (新しいウィンドウで開く

挿入歌「枯れない花」
唄:姫羅樹 玲 作詞:姫羅樹 玲 作曲:KOUICHI
※ 魔王魂さんのHPで公開されています。 (新しいウィンドウで開く
※ YouTube でも曲を聴けます。 (新しいウィンドウで開く

今後の検討課題:スマホなどでもプレイ可に?


今後の検討課題として、Plicy という自作ゲーム作成・配信サイトへの公開を考えています。ここで公開すると、次のような利点があります。

○ 動作環境が、Windows の上位バージョンや Mac、さらにはスマートフォン、タブレット端末にまで拡大する

○ ゲームをダウンロードしなくても、ブラウザ上で遊べるようになる

○ 緘黙を知らない人にも遊んでもらえるチャンス→緘黙の認知拡大につながる(この拙いゲームに、そんな望みは薄いかもしれませんが……)

ただし、Plicy への公開は、慎重に検討しています。私が緘黙について専門性があり、また、ゲーム作りが得意だったら、もっと前向きに検討するのですけれども。

制作裏話を後ほど公開か


このゲームを制作した裏話を、後ほど「緘黙RPG」専用コーナーで公開するかもしれません。どうして主人公を小4に設定したのかとか、なぜスモールステップの組み方をあのようにしたのかとか、そうしたことを書く予定です。

当初はこのゲームを完成させるつもりはあまりなかったのですが、バグなどの修正のついでに追加シナリオを付け足していくうちに、どうせここまできたのだから完成させてしまおうと考えるようになりました。

それにしても、このゲームを作って、自分はまだまだ緘黙を知らないと感じました。10年も緘黙のブログを続けているのに、お恥ずかしい話です。ゲーム内では、緘黙や支援法の描写について、至らぬ点があるかもしれません。

関連リンク


◇ 緘黙RPG専用ページ (新しいウィンドウで開く