映画『校庭に東風吹いて』に、文化芸術振興費補助金ほか

2016年03月30日(水曜日)

アイキャッチ画像。
場面緘黙症の少女が主要人物の一人として登場するとみられる映画『校庭に東風吹いて』の新情報をいくつかお知らせします。

文化芸術振興費補助金1,100万円


まずは、この映画が、平成28年度文化芸術振興費補助金による助成対象活動に選ばれたというニュースです。

↓ 文化庁ホームページへのリンク。PDF(1.32MB)。14ページ目。
◇ 平成28年度文化芸術振興費補助金による助成対象活動の決定について (新しいウィンドウで開く

文化庁は「文化芸術振興費補助金」として、映画製作に要する経費を文化庁の予算の範囲内で支援しているそうです。今回の映画はその支援対象に決まり、1,100万円が交付されるということです(そのうち100万円は字幕製作費)。

1,100万円とはたいそうな額です。映画製作がいかにスケールの大きなことか、改めて感じます。

お金といえば、こんな話があります。何年か前、ある数百人規模の緘黙のイベントが行われました。緘黙のイベントとしては大規模なものでしたが、その予算は30万円だったそうです。これは、このイベントに関わった自治体のホームページに公開されている情報です。1,100万円あれば、数百人規模の緘黙イベントが40回近く開催できそうです。

もっとも、今回の映画は緘黙を主題としたものではないようですし、映画製作とイベントはお金のかかり方が全く違うので、一概に比べられません。とはいえ、緘黙を主要テーマの一つにすると見られる映画に、国の補助金が1,100万円も交付されるとは大きな話です。

なお、国の補助金といえば、緘黙の研究に科学研究費補助金315万円が交付されたことがあります。

↓ 国立情報学研究所のサービス KAKENへのリンク。
◇ 選択性緘黙の内的世界の探究と治療教育的アプローチの開発 (新しいウィンドウで開く

栃木「宇都宮ヒカリ座」7/16(土)~上映予定


映画の上映日程に関する情報を見つけました。栃木の映画館「宇都宮ヒカリ座」では、7/16(土)~上映予定だそうです。それ以外の映画館の上映日程の情報は今のところ見つけていません。

↓ 宇都宮ヒカリ座ホームページへのリンク。
◇ 校庭に東風(こち)吹いて (新しいウィンドウで開く

エキストラ募集情報


「大阪フィルム・カウンシル」で、ボランティアエキストラ募集の情報が出ています。この情報が確かなら、撮影は大阪府堺市や大東市でも行なわれます。なお、応募は皆様のご判断でお願いします。

↓ 大阪フィルム・カウンシルのホームページへのリンク。
◇ 劇場公開映画『校庭に東風吹いて』にてボランティアエキストラ募集中! (新しいウィンドウで開く

関連記事


◇ 映画『校庭に東風吹いて』予告編がYouTubeで公開
新しいウィンドウで開く

◇ 『校庭に東風吹いて』の上映予定、徐々に明らかに
新しいウィンドウで開く

◇ 『校庭に東風吹いて』撮影終了、遠藤久美子さんは緘黙児の母役
新しいウィンドウで開く

◇ 「校庭に東風吹いて」に岩崎未来さん、遠藤久美子さんら
新しいウィンドウで開く

◇ 映画『校庭に東風吹いて』主演が、沢口靖子さんに決定
新しいウィンドウで開く

◇ 緘黙児を受け持つ教師の小説が、映画化
新しいウィンドウで開く