緘黙RPGプリシー版のその後

2016年05月28日(土曜日)

アイキャッチ画像。

プレイ回数1,500回を超えました


お陰様で、プリシーに公開した緘黙RPGのプレイ回数が、結構な数にまで増えました。緘黙RPGは、緘黙児へのスモールステップの取り組みをテーマとした同人ゲームです。

↓ 自作ゲーム公開サイト PLiCy へのリンクです。
◇ 緘黙RPG (新しいウィンドウで開く

現在、プレイ回数は1500回を超えています。これは、プリシー教養カテゴリに公開されているゲームとしては、歴代4位の水準です。今年の2月中旬に公開したばかりなのに、これには作者の私もびっくりです。

また、プリシー全体としても、2015年に公開されたゲームの中では、プレイ回数はかなり多い方です(2月中旬という比較的早い段階に公開した事情を割り引いても)。

もともと緘黙RPGは「ゲームを使って緘黙について何か表現できるよ」ということを見てもらうために作った、いわばデモゲームでした。緘黙に関心のある方に見ていただけると嬉しいのですが、緘黙を初めて知ったというプリシーの一般ユーザーの方にプレイしていただけるのもありがたい話です。

緘黙RPGプリシー版の輝かしい軌跡!

2月14日 公開
2月17日 プリシー総合ランキング1位になる
2月24日 プリシー公式webマガジン「注目!オススメゲーム」に選ばれる
3月28日 プレイ回数1000回に到達

ただ、序盤でやめる方が多いらしい


ただ、プレイログを見る限り、大半の方が序盤でゲームをやめてしまっているようです。密かに「クソゲー」扱いされているような気がしないでもありません。もっとも、他のプリシーのゲームでも、序盤でプレーヤーが多数離脱する例は少なくないようです。

そのゲーム序盤では、最初に場面緘黙症の説明が必要ということで、いわゆる「緘黙あるある」のようなイベントを連発したり、やや専門的な解説を行ったりしています。

実のところ、緘黙RPGプリシー版はアクセス解析をとっていないので、どんな方がプレイしてくださっているか、なぜプレイ回数が多いのか、なぜ大半の方が序盤でやめてしまうのか、そういったことがよく分かりません。好評なのか不評なのか、私にもよく分からないゲームです。どちらにしろ、ゲーム作りに慣れない私が作ったものなので、お恥ずかしい出来ではあります。

その他、いくつかコメント


○ ゲーム内にうさぎが登場するのは、我が家でうさぎを飼っていた影響。気づきにくいですが、ゲームオーバー画面もうさぎです。ですが、我が家のうさぎはこの間永遠の眠りについてしまいました。月に還ったうさぎにこのゲームを捧げます。

○ キャラクターメイキングで、ニワトリを選ぶ人が多すぎ!意外でした。

関連リンク


◇ 緘黙RPG専用ページ (新しいウィンドウで開く

ハンドルネーム変更のお知らせ


ハンドルネームを「富条」(仮)に変更しています。