「新緘黙検定」を作りました

2016年07月06日(水曜日)

アイキャッチ画像。
「新緘黙検定」を作りました。


↑ 「やってみる」をクリックすると、新緘黙検定ができます。音が鳴るのでご注意。新しいウィンドウが開きます。

スマートフォンやタブレット端末でもおそらくできると思うのですが、開始時に青空の画面が出たら、画面をタップしてみてください。その後も、初級編、中級編、上級編開始時に画面が止まってしまうことがあるのですが、そうした時はタップしていただくと動き出します。

[追記(2016年7月13日)]

音楽や画像を削減したライト版を公開しました。スマートフォンでご覧の方を意識した作りです。




[追記(2016年7月16日)]

ブログでのご報告が遅れましたが、新緘黙検定の専用ページを作りました。こちらからも検定ができます。

◇ 新緘黙検定専用ページ (新しいウィンドウで開く


技術的には、新緘黙検定はHTML5で実現しています。というわけで、ブラウザ上で新緘黙検定ができます。

新緘黙検定について


新緘黙検定は、2007年に「けんてーごっこ」で公開した「緘黙検定」の延長として作ったものです。ということで、今回の検定も、あくまで「ごっこ」です。

↓ 2007年当時のブログ記事へのリンク。
◇ 緘黙検定(改訂版) (新しいウィンドウで開く

今回はノベルゲーム開発ソフトで作ったため、少しゲームのような出来になっています。ですが、より多くの方に関心を持っていただけるよう、ゲーム性やエンターテイメント性は薄めたつもりです。


動作環境


私の環境だと、ブラウザは Google Chrome と Mozilla Firefox(いずれもパソコン版)で快適に動くことを確認しています。特に、Firefox は最も挙動がよいです。

おそらく最も多くの方がお使いの Internet Explorer 11.0でも、新緘黙検定はできます。ただ、私の環境だと、オプションのガイド(後述)を選んだらテキスト表示が遅くなる現象を確認しています。また、ガイドの「ハル」という女性キャラが突然姿を消す現象も確認しています。ですが、ガイドは選ばなくても構いませんし、プレイそのものができないわけではありません。

スマートフォンやタブレット端末、Mac は十分確認していませんが、動きはするだろうと思います。スマートフォンやタブレット端末だと、ひょっとしたら効果音が鳴らないかもしれません。

なお、少し前のバージョンのブラウザでは動作しません。すみません。

新緘黙検定がスムーズに動かない方のために、ダウンロード版を公開すべきかどうか考えているところです。iOS や Androidのためのアプリにすることも、しようと思えばできるようです。


遊び方


新緘黙検定にアクセスすると、次の5つのメニューが表示されます。

ガイドを選ぶ(オプション)


オプションですので無視していただいても構いませんが、ガイドを選ぶと、美少年キャラや美少女キャラが出題、採点、解説をしてくれます。

ガイドたちはアニメーションします。これはなんと、平面で描いた絵を立体的に動かす技術によるものです。この技術に感心し、わざわざ新緘黙検定に盛り込みました。

↓ YouTube へのリンク。私が使ったのも、この「Live2D」です。
◇ 2Dによる立体表現を可能にする世界初の描画技術「Live2D」 #DigInfo (新しいウィンドウで開く


初級編・中級編・上級編


新緘黙検定のメインです。緘黙に関する知識を問うています。初級編8問、中級編8問、上級編10問からなります。このうち上級編は緘黙に関するマニアックな知識を問うもので、なかなか解けなさそうな問題が目白押しです。

新緘黙検定について


この検定についての解説を行なっています。


利用素材


○ 制作ソフト:ティラノビルダー Windows版 Ver1.5.1
○ 背景画像:『きまぐれアフター』様 、ティラノビルダー同梱素材
○ 音楽:ユーフルカ様
○ 効果音:ユーフルカ様 、魔王魂様
○ ガイド:Live2Dサンプルモデル


追記


上級編第9問を差し替えました(2016年7月9日)。