メンタル系サイト-緘黙当事者サイトのルーツ

2016年08月07日(日曜日)


2003年、緘黙サイトが雑誌に掲載


場面緘黙症のホームページを個人で作って、雑誌の取材を受けた方がいらっしゃることをご存じでしょうか。

その方は、最初期の緘黙サイト「ココロのひろば」の管理人さんです。2003年に雑誌『SWITCH』に掲載されました(2003年5月号、第21巻第5号)。

◇ ココロのひろば (新しいウィンドウで開く

※ ココロのひろばは、何年も前から更新を停止しています。

記事の中には「場面緘黙症」の文字がありましたし、緘黙の簡単な解説もなされていました。当時は、メディアや創作物で緘黙が取り上げられることが今よりも少ない時代でした。それだけに、雑誌掲載は大きな出来事だったはずです。

この『SWITCH』2003年5月号は「インターネットの神々」と題し、メンタル系サイト(雑誌記事では「精神(メンタルヘルス)系」サイト)と呼ばれる個人ホームページの運営者らを6ページにわたって取り上げていました。


メンタル系サイトとは何か


メンタル系サイトと言っても、最近はこうしたサイトは少なくなったため、若い方には馴染みが薄いかもしれません。メンタル系サイトの説明として、『SWITCH』の説明をお借りします。

「引きこもりや鬱・人格障害など心の病や障害に悩む若者が自発的に始めたサイト」「病気になった自分のことをカミングアウトする、精神系ホームページ」「誰でも書き込みできる掲示板を通じて、同じような悩みを抱える人たちの心の拠り所・相談所ともなっている」

思うに、

○ サイトのテーマが心の問題
○ 当事者による個人運営のサイト
○ 掲示板が存在し、当事者が交流

の3つが、メンタル系サイトの重要な要素だったのではないかと思います。

メンタル系サイトの呼び方には統一されたものがなく、『SWITCH』の記事のように、「精神系サイト」とか「メンタルヘルス(系)サイト」とか、様々な呼び方があります。


メンタル系サイトから、緘黙当事者サイトの歴史が始まる


『SWITCH』によると、「ココロのひろば」の管理人さんがホームページを持ちたいと思うようになったのには、あるメンタル系サイトとの出会いがあったそうです(ひきこもりを扱ったサイトだったそうです)。そのメンタル系サイトの影響から「ココロのひろば」が生まれ、緘黙当事者サイトの歴史が始まりました。「ココロのひろば」自体が、当時で言うメンタル系サイトでした。

2000年代初め頃の初期の緘黙サイトには、メンタル系サイト全般との関わりが多少あったように思います。ウェブリング「緘黙の輪」には「くじらのしっぽ」など、緘黙とは関係が薄いメンタル系サイトがいくつか登録されていました。私などは、「リアルで不足しがちな『心の隙間』を補うサイト」というメンタル系サイトが印象に残っています。「緘黙の輪」には登録されていなかったものの、当時の複数の緘黙サイトからリンクを張られていました。

そもそも、私が現在「初期の緘黙サイト」などと勝手に呼んでいるサイトの数々は、本当はむしろ「緘黙を扱っていたメンタル系サイト」という呼び方の方が合っているようにも思います(保護者のサイトは少し話が違いますが)。だいたい、サイトの名前からして「ココロのひろば」とか「ほほえむ」といった具合で、サイト名に「緘黙」の文字は入れずに、当事者の内面的なものを押し出すサイト名が目立ちました。


メンタル系サイトは、緘黙当事者サイトのルーツ


このように、緘黙当事者サイトのルーツにはメンタル系サイトがあると私は見ています。この流れが、後に緘黙の当事者ブログにつながっていくのです。

ただ、緘黙当事者ブログは、メンタル系サイトの流れを一部汲んではいるものの、少し性格が違います。何より、交流の場として重要だった「掲示板」がブログにはありません。「ホームページ」から「ブログ」の時代に移るにつれ、メンタル系サイトは姿を消してゆくことになります。

場面緘黙症Journalにしても、掲示板が存在する個人運営のサイトではありますが、掲示板は寂れていますし、客観的な事実の提供に力を入れる情報サイトという感があり、メンタル系サイトとは程遠いと思います。

なお、私に雑誌取材のオファーが来たことはありません(そりゃそうだ)。

※ 毎年8月には、緘黙サイトの歴史をお話しすることにしています。昔を知る人間として、語ってゆきたいです!