緘黙の克服とは何か-個人的考え

2016年08月31日(水曜日)


私の場合、「場面緘黙症を克服したシンガーソングライター」と呼ばれたこともあるんですが、自分では「克服した」なんて思えないですよ。確かに、今は人前でも話せるようになっているから、一見、治ったように見えるかもしれませんが、今でも人とコミュニケーションをとるのが苦痛な時もあるし、電話だっていつも家族に出てもらっているぐらいです。家族以外の前では“おとなしい自分”しか出せない、本当の自分が出せないんですよ。

シンガーソングライターの若倉純さんのお話です(クラスにいた“喋らないコ”, 2015年12月30日)。

これを読んで私は、若倉純さんのことを「場面緘黙症を克服したシンガーソングライター」と書くのはやめることにしました。聴衆を前に歌うお仕事をされているほどの方なので、克服と書いて問題ないだろうと思い込んでいたのでした。

緘黙の克服とは何か


緘黙の克服とは何なのでしょう。これは難しそうな問いです。人によって「克服」という言葉が意味するところも違うのではないかと思います。また、そもそも緘黙は克服するものではないと考える方もいらっしゃるかもしれません。

何をもって緘黙の克服とするか、はっきり書いたものを見た覚えもあまりありません。場面緘黙症Journal も11周年が近づいているのに、緘黙克服の定義をはっきり書いたことはいまだになかったと思います。

そこで今回、現在の私が考える緘黙克服の定義をはっきりさせておこうと思います。ただし、あくまで私自身の緘黙(?)についての個人的考えです。また、緘黙の診断についての話でもありません。診断とは無関係に、個人的に緘黙の克服をどう考えるかについてお話します。

※ そもそも、私は緘黙の診断は受けていません。だから「緘黙(?)」と書きました。また、当時は現在の診断基準はありませんでした。

狭い意味での緘黙克服


私は、狭い意味での緘黙克服と、広い意味での緘黙克服を分けて考えます。まず、狭い意味での克服は、今まで話せなかった学校場面などで話ができるようになることです。具体的には、Steven Kurtz 博士の「言語化の階層」でいうところの「社会的に期待される言語化」ができるようになることです。

※ 言語化の階層(Hierarchy of verbalizations) (Kurtz, 2015)

○ 音や声(Sounds and Voices)
○ 反応的な言語化(Responsive)
○ 自発的な言語化(Spontaneous)
○ 社会的に期待される言語化(Socially Expected)

ただ、Steven Kurtz 博士は「社会的に期待される言語化」の例として、Hellow, Good-bye, Excuse me, Please, Thank you といった挨拶を挙げていますが、私が思う克服は、もっとハードルが上です。頭の中で文章を組み立てて、それを、たとえ小さな声でも相手に聞こえるようにほぼ継続して話せるぐらいになれば、狭い意味では克服といっていいかなと思います。

「話せるようになることが克服ではない」と考える方もいらっしゃるだろうと思います。例えば、緘黙の背景には強い不安があり、話せないことは氷山の一角に過ぎないという見方です。ですが、私は必ずしもそうは考えません。これぐらい話ができるまでになれば、身体が思うように動かせないとか、表情が出せないといった不安に基づく発話以外の問題も、かなり解決しているだろうと思います。

場面緘黙児の心理と指導』では、緘黙の程度が軽い子どもは「言語表出」の困難に限られ、 程度が重くなるにつれて、「感情・非言語表出」の困難から「動作・態度」の困難へという形で症状が広がっていたことが示されています(河井ら, 1994)。

図 社会的場面におけるコミュニケーションが成り立つための階層構造(河井ら, 1994)


「克服」のハードルをもう少し高くして、「あらゆる場面で、家と全く同じように振舞うことができるようになること」としてみたい気もないではありません。ですが、よくある「人見知り」の人でも人前では十分に自分を出せないだろうと思うので、そこまでは求めません。

緘黙による不自由が、周囲の配慮というかたちで改善されることもあります。それでも、話せないままでは、緘黙は克服できていないものと私は考えます。それを克服というには無理があるでしょう。

なお、私が話せなかった頃のことを書いた「緘黙ストーリー」では、だいたいこの狭い意味の克服をもって「緘黙が治った」としました。


広い意味での緘黙克服


広い意味での緘黙の克服は、狭い意味で克服はしたけれども、外では家と同じように自分を出せないなど、いわゆる緘黙の後遺症や関連する問題が解決されることです。

例えば、話せるようになったけれども、今でも人とのコミュニケーションに苦手意識が強いとか、他の精神疾患が続発したとかいうのは、広い意味で克服できていないものと考えて、狭い意味での克服とは私は分けて考えます。緘黙を背景とする不登校や引きこもりからの脱却は、最広義での克服に入るのかなと思います。

私は、緘黙は学校などで話せない状態をいうものと考えています。なのに、人前で話せるようになったけれどもまだコミュニケーションが苦手だから緘黙は克服できていないというのは一見分かりにくい話です。ですから、人前で話せるようになったら狭い意味では克服したとして、いったん線を引いておこうと思います。

緘黙の克服というと、私はだいたい狭い意味での克服を思い浮かべます。それで以前、私は若倉純さんを「場面緘黙症を克服した……」と書いたのでしょう。ところが、若倉純さんは克服をもっと広い意味で考えていらっしゃるようです。それで、私は不適切な書き方をしてしまったのだろうと思います。緘黙の克服とは何かは、難しい問いだろうと思います。