私の親が、緘黙を知っていた!

2016年09月24日(土曜日)


私の人生観がひっくり返りそうになるぐらいの出来事がありました。

1年ほど前のことでしょうか。ある日、私の母親がテレビドラマを見ている場面に居合わせました。そのドラマには黙った少年が登場したのですが、そのシーンを見た母が、こう口走ったのです。

「カンモクや!」

衝撃的でした。私の母が場面緘黙症を知っていたのかと、驚きました。黙った少年の登場シーンという状況からして、聞き間違いとも思えません。なお、母がドラマを見ながら何かを口走るのは、やや珍しいことです。

私はそのドラマが気になって、少し続きを見たのですが、別にその少年は緘黙児ではなさそうでした。ドラマのタイトルは覚えていません。

それにしても、一体なぜ母が緘黙を知っていたのかが気になりました。緘黙はそんなに多くの人に知られてはいないでしょう。母に直接聞くこともしづらいです。そこで、考えられる理由をいくつか挙げてみます。

※ 我が家は母子家庭です。

可能性1:私が学校で話せなかったことから、緘黙を知った


当時の担任教師から、緘黙について伝えられた?


やはり母は、私が子どもの頃に学校で話せなかったことから、緘黙を知ったのかもしれません。当時から既に、母は私を緘黙児と見ていたのかもしれません。

だとすれば、これは大変な驚きです。母は私の緘黙(?)を知らなかったものと、私はこの歳までずっと思っていたからです。私の過去を連載した「緘黙ストーリー」でも、そういう書き方をしています。実際、「緘黙」という言葉を、それまで母の口から聞いた覚えはありません。

この線だと、母は担任教師から緘黙を知らされたのかなと思います。私は当時緘黙を知らず、このことを母には十分に話していませんでした。当然、診断も受けていません。一方、ある時期の担任は学校で何も話さない私を問題視し、かなり特別扱いをしてくださいました。その頃は、母は学校との連絡をまだある程度とっていたので、その中で緘黙を知ったのかもしれません。

言われてみればありました。当時の担任に「富条は家では話すんだよな」と言われ、私は「どうして家での僕を知っているの」と驚いたことが。


担任も母も、私に「緘黙」という言葉を伝えないことにしていた?


ただ、この担任も、少なくとも私の前で「緘黙」という言葉を口にしたことはありません。何らかの理由で、担任と母は「緘黙」という言葉を私の前で出さないという取り決めをしていたものと思われます。「緘黙」を知っていながら、私には意図してそのことを話さなかったことになります。それが、もう時効という意識もあってか、ドラマを見た母がつい「緘黙や!」と口走ってしまったのかもしれません。

もしそういう取り決めがあったとしたら、それは私の人生にとって非常に重いです。そのために、私は長年「緘黙」を知ることなく生きることになったからです。自分がなぜ話せないのかや、どうすれば話せるようになるのかが分からず、自分のような人間は世界でただ一人だけではないかとさえ考えていました。もっとも、この取り決めが間違いだったのか、そうでなかったのかは難しいところです。

なお、私が緘黙を知ったのは20代に入ってからです。きっかけは母から教えてもらったことではなく、自分でインターネットであれこれ調べたことでした。私の緘黙(?)は長期化したうえ、長年緘黙を知らなかったため「長年の謎が解けた」となりました。


「緘黙」という言葉を知っていたとしても、母が十分に理解していたとは思えない


ただ、母の言動を振り返って考えてみると、仮に母が「緘黙」という言葉を知っていたとしても、私が学校でどういう状態にあったかを十分に把握していたとは思えません。そこまで深刻とは認識していなかったはずです。特別何かをしてもらったこともありません。

案外、私のことを「緘黙児に似ている」ぐらいに見ていただけの可能性もあります。


可能性2:私が話せなかったこととは無関係に、メディアや本などで緘黙を知った


稀にではありますが、緘黙はメディアや本などで取り上げられることがあります。私が学校で話せなかったこととは無関係に、そうしたものを通じて母は緘黙を知ったのかもしれません。だとしたら、母が緘黙を知っていたのは、緘黙の認知度が上がっていることの一つの現われともとれます。

ただ、私の母は『仰天ニュース』や『ハートネットTV』は見ていないようです。本や雑誌の類もそう読みません。見ていたとしても、さして興味は示さず、下手すると忘れてしまうでしょう。富条家が購読する新聞で、緘黙が扱われたこともありません。この線は考えにくいです。

なお、母は教師や心理職など、緘黙に関わる職業に就いたことはありません。職業柄緘黙を知ることもないでしょう。


可能性3:私が場面緘黙症Journal をやっていることがばれた


だったら最悪です……。(>_<)