改正児童福祉法、緘黙支援への影響は?

2016年10月20日(木曜日)


平成28年(2016年)6月3日に改正された児童福祉法が、10月1日に一部施行されました。改正の大きなポイントは、児童虐待対策の強化だそうです。

↓ 電子政府の総合窓口 e-Gov 内「法令データ提供システム」へのリンクです。
◇ 児童福祉法 (新しいウィンドウで開く

↓ 厚生労働省ホームページへのリンクです。
◇ 児童福祉法の一部を改正する法律:新旧対照表 (新しいウィンドウで開く

↓ 厚生労働省ホームページへのリンクです。PDF(11.9KB)。
◇ 児童福祉法等の一部を改正する法律案の概要 (新しいウィンドウで開く

※ PDFを閲覧するには Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerはこちら (新しいウィンドウで開く)からダウンロードできます。

今回の改正は場面緘黙症とはあまり関係ないのだろうかと思ったのですが、気になる箇所もありました。といっても、私はこの道の専門家ではなく、あくまで素人視点による素朴に気になる箇所の話です。

児童相談所が増える?


まず、今回の改正により、児童相談所を中核市や特別区(東京23区)で設置できるよう、政府が必要な措置を講じることになりました。児童相談所は緘黙を扱っていますから、緘黙の相談窓口が増えることになるかもしれません。

附則 抄
第三条  政府は、この法律の施行後五年を目途として、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の二十二第一項の中核市及び特別区が児童相談所を設置することができるよう、その設置に係る支援その他の必要な措置を講ずるものとする。

↓ 福祉新聞ホームページへのリンクです。
◇ 改正児童福祉法が成立 東京23区にも児相設置へ (新しいウィンドウで開く


児童の意見の尊重


それから、今回の法改正では、理念に関する部分である総則も改められました。

改正前

第一条 すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。

  すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。
 
第二条 国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。
 
第三条 前二条に規定するところは、児童の福祉を保障するための原理であり、この原理は、すべて児童に関する法令の施行にあたつて、常に尊重されなければならない。

改正後

第一条  全て児童は、児童の権利に関する条約の精神にのつとり、適切に養育されること、その生活を保障されること、愛され、保護されること、その心身の健やかな成長及び発達並びにその自立が図られることその他の福祉を等しく保障される権利を有する。

第二条  全て国民は、児童が良好な環境において生まれ、かつ、社会のあらゆる分野において、児童の年齢及び発達の程度に応じて、その意見が尊重され、その最善の利益が優先して考慮され、心身ともに健やかに育成されるよう努めなければならない。

   児童の保護者は、児童を心身ともに健やかに育成することについて第一義的責任を負う。

   国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。

第三条  前二条に規定するところは、児童の福祉を保障するための原理であり、この原理は、すべて児童に関する法令の施行にあたつて、常に尊重されなければならない。

私は、第二条の「社会のあらゆる分野において、児童の年齢及び発達の程度に応じて、その意見が尊重され」という箇所が、気になっています。

私たちのことを、私たち抜きに決めないで」という記事の中で以前お話しましたが、イギリスでは緘黙の当事者や経験者の声を様々な分野で反映させようという動きがあります。ある緘黙の研究では「児童の権利に関する条約」第12条と第13条を根拠として経験者らのアンケート調査を行なっていましたが(Roe, 2014)、この条約の精神は、まさに改正児童福祉法が理念として掲げるものです。

↓ 日本ユニセフ協会ホームページへのリンクです。
※ 子どもの権利条約第9条~第16条 (新しいウィンドウで開く

同じような動きや主張は、日本でもわずかにですが確認しています。例えば、緘黙支援と関わりがある群馬大学の久田信行教授と、「かんもくの会」という団体の浜田貴照代表による論考では、当事者の意見を聴くことが重要になってきていると指摘されています(久田、浜田、2015)。また、近年では、緘黙の経験者への質問紙調査を行い、緘黙の症状克服に影響を与える要因を検討するという、これまでにない研究も出ています(奥村、園山、2014)。

児童の意見の尊重を掲げた今回の法改正は、こうした動きに何らかの影響を与えるのかどうか、気になっています。