「緘黙は、私を定義するものではない」

2016年10月31日(月曜日)


緘黙は、私を定義するものではない」


場面緘黙症は私を定義するものではない。

Selective mutism does not define me.

緘黙に関する英語圏の情報を調べると、時折、こういう文章を目にします。だいたいは当事者や経験者が書いたものです。

「場面緘黙症は私を特徴づけるものではない」という訳もあるかもしれません。define というと、よく「(語・句)を定義する」と訳されますが、英和辞典の中には「…を特徴づける」という訳が載っているものもあります。うまい訳が思い浮かびませんが、要は、緘黙が自分のありようを全て表すわけではないということでしょう。


用例


近年のイギリスの代表的な緘黙の本である Selective Mutism in Our Own WordsTackling Selective Mutism には、ともにこの文章(の一つのバリエーション)が載っています。

Selective Mutism In Our Own Words の場合、緘黙を経験したコメディアン Helen Keen さん(有名人)の言葉として「緘黙が私を定義する必要はない。緘黙だけが私ではない」([I]t does not have to define me. There is more to me than SM.)という文が載っています(41ページ)。

Tackling Selective Mutism には、Katie さんという経験者の声として「緘黙は過去のことであり、私を定義したり、私の将来に影響を及ぼしたりするものではないと私は今では見ている」(I now see this as my past and not something that will define me or affect my future.)という文が載っています(256ページ)。

この他、インターネット上でもこういった文を見かけることがあります。

言わんとしていること、分かるような気がします。自分はどういう人間かを考えたとき、緘黙は自分を説明する上で欠かせない一部ではありますが、緘黙が自分のありようを全て表しているわけではありません。緘黙は不安症(不安障害)にすぎません。緘黙以外の自分の一面にも目を向けたいものです。


実は、他の病気、障害でも……


ただ、ネットで調べたところ、この文は緘黙以外でも多数使われているようです。次の文は、ほんの一例です。

○ 「私のうつは、私を定義するものではない」(My Depression Does Not Define Me)
http://www.nami.org/Personal-Stories/My-Depression-Does-Not-Define-Me

○ 「子宮頸癌は私を定義するものではない」(Cervical cancer does not define me)
http://www.womenspress.com/main.asp?SectionID=124&SubSectionID=26&ArticleID=4100

○ 「HIV は私の人生を大いに形作る。だが、私を定義するものではない」(HIV Has Significantly Shaped My Life, but Does Not Define Me)
https://pwnusa.wordpress.com/pwnspeaks-blog/hiv-has-significantly-shaped-my-life-but-does-not-define-me/

もっと一般的に、こんな文章まで存在します。緘黙関係者がこれを紹介しているのを見たことがあります。

○ 「あなたの障害があなたを定義するのではない。障害をどう克服したかが、あなたを定義するのだ」(Your disorder doesn't define you, how you overcome it defines you.)

こんなに様々な病気、障害で使われる文章だと分かると、ちょっと拍子抜けします。ですが、緘黙以外にも自分には様々な一面があるという点では、私はこの種の文章には共感できる部分があります。