2016年・緘黙関係ニュースを振り返る

2016年12月26日(月曜日)

アイキャッチ画像。
今年一年を場面緘黙症に関係するニュースで振り返りたいと思います。今年で7回目の企画です。

昨年までは「十大ニュース」と銘打っていましたが、今年からはタイトルをこのように変えることにしました。ニュースになった一つ一つの出来事には、たくさんの熱意ある方が関わっています。それを思うと、私などが「十大ニュース」として選り抜くのは心苦しい思いがするからです。ただ、記事内容は、これまでとあまり変わりありません。

1月 札幌で220名規模の講演会が開催


1月17日(日)に、札幌市で講演会「場面緘黙支援の最前線~ここから始めよう~」が開催されました。講師は角田圭子氏(かんもくネット代表、臨床心理士)。北海道かんもくセミナーの一般講演会で、かんもくネット、札幌市教育委員会、北海道教育委員会が後援者として名を連ねています。参加申込者は216名(満席)に及びました。

1月16日(土)に開催されたおしゃべり会と合わせて、同セミナーのイベントは『北海道新聞』で取り上げられました。

4月 障害者差別解消法が施行、「合理的配慮」が支援の新たなキーワードに


「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」、いわゆる「障害者差別解消法」が4月1日に施行されました。これにより、「合理的配慮」が緘黙支援の新たなキーワードとなりました。国公立学校を含む公的機関には、障害者に合理的配慮(条文では「合理的な配慮」)を行なうことが法的に義務化されました(第七条第二項)。民間事業者は努力義務です(第八条第二項)。

第七条 
2 行政機関等は、その事務又は事業を行うに当たり、障害者から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、その実施に伴う負担が過重でないときは、障害者の権利利益を侵害することとならないよう、当該障害者の性別、年齢及び障害の状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をしなければならない。

4月 今年度から始まる緘黙の研究に、科学研究費補助金1,183万円


園山繁樹筑波大学らによる「選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討」が、科学研究費補助金(科研費)の採択を受けました。緘黙を主題とした研究が科研費の採択を受けたのは6年ぶり2度目のことです。

今回は3ヵ年にわたる研究で、園山教授以外にも研究分担者として6名の研究者の名前があります。交付額は1,183万円で、前回採択された研究の交付額のおよそ4倍です。

4月 フジテレビ「月9」『ラヴソング』が話題に


フジテレビで4月11日に放送された月曜夜9時台のドラマ「ラヴソング」第1話で、場面緘黙症の絵本『なっちゃんの声』が出てくる場面がありました。絵本は物語の本筋には関わりはなく、絵本の内容に触れられることもありませんでしたが、第1話のクライマックスとも言える場面で、女優の水野美紀さん演じる言語聴覚士が、およそ5分間にわたって『なっちゃんの声』を手にしていました。

ドラマでは主要登場人物の一人に吃音の女性がいました。吃音は緘黙と似た点もあることから、緘黙に関心がある方の間でもこのドラマは話題になりました。ちなみに、視聴率はもうひとつでした。

6月 東京で定員270名規模の研修講座が開催


6月26日に、お茶の水女子大学において、日本緘黙研究会主催の研修講座が開催されました。270名に上る定員は満席に達したそうです。

その内容ですが、藤田継道氏(関西国際大学)の「ごあいさつ」、園山繁樹氏(筑波大学教授)の「基調講演」、笹田夕美子氏(浜松市発 達医療総合福祉センター)の「事例提供」、笹田氏の事例提供に対する奥田健次氏(行動コーチングアカデミー)の司会・解説などからなったそうです。

8月 かんもくフォーラム2016が開催


今年も「かんもくフォーラム」が開催されました。8月6日、場所は大田区産業プラザでした。主催は、かんもくフォーラム2016実行委員会。協賛は、かんもくネットと、株式会社学苑社でした。定員200名は満席に達したそうです。

内容は、 伊藤華野氏(京都西山短期大学准教授)の特別ミニ講習、高木潤野氏(長野大学准教授)の基調講演、高木氏と角田圭子氏の対談、桂あやめ氏の特別講演(落語家)、桂氏と高木氏のインタビューほかからなったそうです。

10月 「かんもくアコースティックライブ」開催


10月23日に、場面緘黙症の経験を持つシンガーソングライターが集結し、新宿SACT!でライブを行いました。mananaさん、若倉純さん、中越千春さんに加え、ナレーターの AIRIさんも歌を披露されたそうです。緘黙のイベントとしてはこれまでにないもので、緘黙の海外情報(主に英語圏)を追う私も、こうしたイベントは初めて聞きました。

定員があっという間に埋まったり、Twitter で話題になったりするなど、反響は大きかったです。

10月 兵庫労働局が不適切対応、Yahoo!特集記事が報じる


10月14日、Yahoo!ニュース特集に「兵庫労働局、発達障害の非常勤女性に『いじめ』『虐待』 〜前局長ら5人処分 障害者雇用推進の役所がなぜ?」と題する記事が掲載されました。場面緘黙症がある広汎性発達障害の女性が受けた不適切対応の記事です。

反響は非常に大きく、Twitter や Facebook の投稿を検索できる「Yahoo!リアルタイム検索」では、一時、「兵庫労働局」が話題のキーワード1位に浮上しました。脳科学者の茂木健一郎氏も、Twitter でこの件について発言されていました。

通年 モリナガアメさんの緘黙実録漫画がヒット、書籍化も決定


モリナガアメさんが pixiv などで連載されていた実録漫画『かんもく少女が同人BL漫画を描いて人生救われる話』第1話が、10万件を超える閲覧数を記録しました。第2話以降も多数の閲覧数を記録しています。反響も大きく、Twitter ではこの漫画の感想が多数投稿されました。来年には書籍化もされる予定です。

通年  緘黙の少女が登場する映画『校庭に東風吹いて』上映


場面緘黙症の架空の少女が登場する映画『校庭に東風吹いて』が完成し、全国主要都市を中心に上映が始まりました。主人公の教師役は沢口靖子さん、緘黙の少女役は岩崎未来さん、緘黙児の母親役は遠藤久美子さんでした。

昨年は、映画化と主演女優の発表がありました。今年の動きとしてはまず、4月に撮影が行なわれました。8月3日には銀座ブロッサム(東京)で完成披露試写会が行なわれ、沢口靖子さんらが舞台挨拶に出席しました。9月17日にはポレポレ東中野(東京)で公開、遠藤久美子さんらが舞台挨拶に立っています。

この映画は多数のメディアで取り上げられましたが、その中で緘黙についても触れられました。

この映画はまた、平成28年度文化芸術振興費補助金による助成対象活動に選ばれ、1,100万円の補助金が交付されました。

緘黙の当事者や経験者、保護者や支援に関わる方の中には、この映画を観た方が多数いらっしゃるようです。ネット上にも、様々な感想が投稿されています。

まだまだ、たくさんのニュースがありました。

○ 1月 千歳で120名規模の講演
○ 1月 緘黙の人のためのフットサルサークル『FC CHERRY』が始動
○ 2月 不安症学会の大会で緘黙シンポ
○ 2月 はあちゅうさんが緘黙だったことが知れ渡る
○ 3月 Twitter で「#緘黙カフェ」始まる
○ 3月 英 BBC Two のテレビ番組で、緘黙が取り上げられる
○ 3~4月 『私はかんもくガール』の広告が新聞等で多数掲載
○ 5月 「わくわくさん」役でお馴染み、くぼたまさとさんを呼んだ工作ショー&工作教室が開催
○ 6~7月 幼少時に場面緘黙症と言われた方が、参院選出馬
○ 7月 英ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)で緘黙の啓発イベントが開催
○ 8月 Yahoo!リアルタイム検索「緘黙」が一時4位に?
○ 9月 京都教育大学で公開セミナー
○ 9月 特殊教育学会大会に複数の緘黙関連プログラム、シンポは10周年
○ 9月 発達の問題を併せ持った緘黙経験者、パラリンピック出場
○ 9月 LINEでトラブルか
○ 10月 「尾木ママ」のブログで、緘黙の記事2つ公開
○ 10月 The Selective Mutism Resource Manual の第2版が出る
○ 11月 守口市で緘黙経験者のイラスト展
○ 11月 『かんもく少女が同人BL漫画を描いて人生救われる話』書籍化決定
○ 11月 英 BBC One のテレビ番組で、緘黙が取り上げられる
○ 12月 『北日本新聞』(富山)で緘黙が扱われる
○ 12月 NHK 東海・北陸地方のニュースで緘黙が扱われる
○ 12月 The Guardian が緘黙経験者(成人期も経験)の記事を掲載
○ 12月 若倉純さんのラジオ番組「かんもくの歌声」始まる
○ 5月、11月 札幌駅前地下広場で緘黙啓発活動
○ 通年 pixiv で「場面緘黙症の迅さん」が人気
○ 通年 京都西山短期大学でワークショップ
○ 通年 平成30年度から高校で通級導入へ
○ 通年 文具店の試し書き、コンビニの肉まん購入などで緘黙を伝える動き
○ 通年 育児サイトで緘黙が次々に取り上げられる